楽楽楽楽楽(ごらく)堂

「子育て」「本」「自然」「文京区」「?」5つの楽しさを夫婦で紹介
<< July 2017 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
表示されている記事

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

by スポンサードリンク | - | - | -| |
page top

雨ニモマケズ

ここのところ、毎朝テレビを見ています。
<主なコース>
8時 NHK教育 にほんごであそぼ → ピタゴラスイッチ →
8時15分 NHK総合 だんだん  です。

「にほんごであそぼ」では、名文が随所に出てきます。
今、エンディングで流れている歌は宮沢賢治の「雨ニモマケズ」。
これをおにいちゃんとよく歌います。

歌というものはすごいもので、
ただの暗記だったらとてもじゃないけど覚えられないのに、
メロディーのおかげで、だいたいは覚えられてしまいます。
原文の雰囲気とは違った感じで受け止められてしまうというリスクはあるけれど。

せっかくなので、わたしも全文覚えてしまおうと、親子で楽しく歌っています。




by ごらく堂主人(妻) | [子ども]好きなこと(もの) | comments(3) | -| |
page top

今年のサンタさんは・・・

もうすぐクリスマス。ツリー
今年のサンタさんは、大変そうです。

おにいちゃんは、
「おもちゃだったら何でもいい」
と言っておりますが、なんとなくほしいものがあります。
それをサンタさんに頼もうとしていますが、
サンタのおもちゃ工場自体に入荷してないそうです。
物がないっ!?
何日も前からそういう様子が見られてドキドキしていたのですが、
こっそり電話して間に合うか聞いてみちゃいました。
今はないけど、なんとかクリスマスまでには間に合いそうとのこと。
とりあえず、ほっ。パクッ

今年はじめてのクリスマスを迎えるぴんちゃん。
こちらは、なんとかなりそうですが、
おまけでつけてもらおうと思っている本が絶版になっていることが判明。
サンタさんの工場にはあるかと思って、こちらも電話で尋ねました。
やはりサンタさんのところにもないとのこと。
こちらは、似たものを準備してもらえるといいのだけど。。

プレゼントを準備するのに、サンタさんはてんてこ舞い。

クリスマスイブまであと1週間を切りました。
がんばれ! サンタクロース!!ブーツ




by ごらく堂主人(妻) | [子ども]おもちゃ | comments(0) | -| |
page top

忘れ物一家

最近、忘れ物が目立つわが家。

その1
先日、雨の中ぴんちゃんとわたしで茨城の友だちの家に遊びに行きました。
帰りに傘が・・・ないっ!
友だちの家の最寄り駅は、つくばエクスプレスの守谷駅です。
帰りに忘れ物で傘がないかたずねました。
後で自宅に電話があり、それらしきものがあったので守谷まで取りに来てくださいとのこと。
あったからうれしいのだけど、片道1時間の長旅。。
むむう。

その2
パパのマラソンの応援に行くとき。
母子3人でバスに乗っていくことにしました。
おにいちゃんは、応援に目立つようにと、ニモのぬいぐるみを持っていくことにしました。
バスに乗るときは、ありました。
いざ、応援するときに・・・ないっ!
帰って都バスに電話して確認しました。
数時間後電話がかかってきて、あったとのこと。
「明日までに取りに来てください」
ということだったので、次の朝、保育園に行く前に取りに行ったのでした。

その3
パパの実家にて。
みかん狩りの帰りに川原で遊びました。
川に石を投げていたら暑くなって、パパは上着を脱ぎました。
帰りの車中、ほぼ実家が近くなってきたとき、
「しまったぁ。」
パパが小声でつぶやきました。
実家に着いて、車の中を探しまくって・・・やはり上着がないっ!
じいじが取りに行ってくださったのでした。

さてさて。
その1の傘を今日取りに行ってきました。
つくばエクスプレスは、遺失物を取りに行くときはただで乗せてもらえるそうです。
せっかくなので、「つくばエクスプレスに乗りたいなー。」
と言っていたおにいちゃんも保育園を休んで連れて行きました。
楽しい道中でした。
片道は。
着いて、傘を確認すると・・・
ちがーうっっ!
わたしの傘じゃないっっっ!
たしかに、色や特徴は、わたしが言ったとおりだけど、
出てきたものは、全然違う代物でした。
がんばって行ったのですが、残念。
すぐさま折り返して帰りました。
というわけで、おにいちゃんとぴんちゃんと3人でのプチロング電車の旅になってしましました。
傘、気に入ってたのになあ。

というわけで、最近わが家は忘れ物一家です。





 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | -| |
page top

クリスマスモードへ2

1日置いてですが・・・

クリスマスツリーを出すと、クリスマス関係の飾りがいろいろ出てきました。
それを使って、うちの中をクリスマスモードにしてみました。
クリスマスモード3
3年くらい前に作った、枝やヘクソカズラのツリー、
ドライフラワー&実、Boccoさんにいただいたトチの実の船などを並べました。
なんだかその一画が暖かく感じられます。

さあ、サンタさんは今年何を持ってきてくれるのかなー。




by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | -| |
page top

ブログ4年目に突入

このブログを応援してくださっている方々、いつもありがとうございます。
ブログが始まってから、早いもので3年がたちました。
今日から4年目に突入です。
滞ることなく毎日わが家の日常をお知らせできるのは、ひとえにパパの持久力のなせる業です。

ブログ開始当初1歳3ヶ月だったおにいちゃんは、4歳になり、毎日大人顔負けのトークをしております。
陰も形もなかったぴんちゃんは、生後8か月になり、ハイハイやつかまり立ちで自己アピールの日々です。
家族みんなで元気に仲良くこうして年月を重ねていけることのありがたさを感じます。
これからもごらく堂一家を何卒よろしくお願いいたします。

ところで、ここのところうちの男子3人、風邪気味の模様。。





by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(2) | -| |
page top

名言?暴言?

「ママ、そんなことを言ってると、髪をバリカンできっちゃうぞ」
お風呂上がり。
寒いのに、はだかんぼのままでふざけている息子を明るくたしなめたら、言われた言葉です。

おもしろさといい、ほんとにされたときのダメージといい・・・
ノックアウト!!! されました〜。




by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | -| |
page top

ぴんくん、ついに動き始める

 わがやでは11/1にぴんくんのはいはいを認定しました。それから2週間足らずのあいだの成長の速さといったら、ほんとうにびっくりするほどでした。

あっという間に、移動距離が伸びました。
 「あれ、そんなところまでいったの!すごいね。」

あっという間に、移動速度が速くなりました。
 「もうこんなところに来たの!」

そして、つかまりだちもあっというまに認定となりました。それほど段差がないところでも、すっくと立てるようになりました。

ぴんくんもいろいろとできることが嬉しいのか、とにかくよく動くようになりました。それに伴って生じた問題が…お兄ちゃんとの衝突です。

お兄ちゃんは木製レールやプラレールを組み立て電車を走らせる遊びが最も好きなわけです。その線路をぴんくんはつかんで壊す。電車を線路から持ち上げては口に入れる。

当然お兄ちゃんは我慢できません。進路をふさいだり、手をつかんだりと大騒ぎです。ぴんくんは何度も何度も挑戦していきます。これから日常茶飯事となる出来事のスタートでしょうか。




by ごらく堂主人(夫) | [子ども]第二子 | comments(0) | -| |
page top

保育園入園への道

来年度の保育園入園の要綱が出た。
お兄ちゃんの頃から「激戦だ」と聞いていたが、
ぴんちゃんの入る来年度はもっと激戦になりそうな気がする。

だいたい、児童館とかに行って知り合う人たちからして違う。
上の子の時は幼稚園入園派・・・つまり働いていないママが多かった。
当時仲良くなった親子(20組近く)のうち、保育園入園派は4組くらい。
今回は、出る先々で「保育園に入れたいのだけど」という話を聞く。
先日も児童館で話していた4組中3組が来春保育園入園希望だった。
3年違っただけで、えらい違いだなあと実感。
働くママが増えている。

いいこともある。
お兄ちゃんのときは、1歳半で保育園に預けることをとても寂しく感じ、
多少は罪悪感も感じていたけど、今回は表立って保育園の話ができる。
同士として話ができる機会が増えた。嬉しいことだ。

けど、入園が危ぶまれるのは心配。
しかも、お兄ちゃんの通っている保育園が人気が出ている様子。
きれいで、明るい。
先生たちの対応が良かった。
・・・らしい。
うれしいことだ。
が、ますます激戦になりそう。

保育園の送り迎えでも赤ちゃん連れの人たちを多く目にする。
兄姉が保育園に行っていると、優先順位が高くなるとは聞いている。

・両親共にフルタイムで働いている。
・祖父母が近くにいない。
・お兄ちゃんが希望の保育園に通っている。
いろいろな状況から、入園の優先順位はかなりクリアしていると思う。
けど、大丈夫かしら。。
兄弟同じ保育園でお世話になりたいと切実に願うばかり。

もっと不安な思いをしている人たちもたくさんいる。
こーんな不安を抱えなくても安心して子育てと仕事と両立できるように
なんとかできないものなのでしょうか。
このブログでも何度も訴えているこの言葉。
子育て支援の充実を!!!




by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(2) | -| |
page top

ぴんちゃんのことば

最近、ぴんちゃんは毎日のように進化しています。
体の動きもですが、言葉の方もです。

ちょっと前までは、
「あー」
「あ”〜」
「あ〜♪」
「え〜っ」
という感じで、「あ」や「え」など母音で感情表現していました。

最近は、それに加え、Mの音やPの音が加わりました。
泣くと、
「えーっ! あーあー んーまー
という感じになります。
わたしは、ぴんちゃんに呼ばれている感じで、すぐにとんで行くようになりました。
そのせいでしょうか。
今日は、わたしの姿が見えなくなると
まー
と、探してました。

偶然の積み重ねなのでしょうが、こうやって言葉を獲得していくのかなと見ていると、とても興味深いです。
最近は、「ぱっぱっぱー」という音も発しています。

歯も2本顔を出しているので、言葉もこれから進歩していくことでしょう。

楽しみです。



by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(0) | -| |
page top

秋の小石川植物園

今日は久々に小石川植物園に行ってきました。
おにいちゃんは、片道自転車をこいで行きました。
久々でしたが、楽しげに乗りこなしておりました。

レジャーシートを敷いて、お弁当を食べていると、
ぴんちゃんも楽しげにしていました。
座ったままで、体の向きをあっちこっちと変えて、
土にさわり、葉っぱを…
あむ!
しようとすること数回。。
そういえば、おにいちゃんも同じ頃、同じようなことしてたなあ。。
草を食べようと

小石川植物園で見つけたこんなもの。
「サルスベリの木」
・・・なのに、滑らないようにコブを装備しているものがありました。
「サルスベンナイデガンバッテノボレの木」
さるすべり
去年、たくさん実って、いっぱい落ちていたカリンの実。
今年もたわわに実ってました。
重そうなのに、全然落ちてなくて、まだ香りもせず。
また今度行ったときが楽しみです。
かりん 




by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(0) | -| |
page top

ぴんちゃんだより 〜でました〜

こんにちは。
ぴんちゃん です。

きょうから 10がつ と なりましたが、ひとつ ごほうこくが あります。
じつは、せんじつ。
9がつ 26にちに ぼくの 「は」 が かくにんされました!
したの まえば です。
かたいのが でてきました。

どおりで このところ は の あたりが かゆかった わけです。
なんでも かんでも あむあむ かみかみ していたのは、それでです。
ようやく ままも りにゅうしょくを ほんかくてきに はじめて くれました。
こんしゅうから 10ばいがゆを たべさせて もらって ます。
おにいちゃんの ときより とりかかりが おそいので、
ぼくは ひやひや してました。

ぼくは、なんでも せっきょくてきに たべます。
いまの ところ 
・20せいきなし の かじゅう
・りんご の かじゅう
・10ばいがゆ
・おみそしるの うわずみ
などを たべました。
もっと もっと たべたーい!

すぷーんを なめなめ かみかみ しながら、
つぎは どんなものを もらえるかと わくわく しています。 ◇

by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(0) | -| |
page top

野草と戯れる

荒川3
23日の荒川河川敷。
とてもさわやかないいお天気でした。

エノコロ草(ネコジャラシ)はうちの近所の道端にも生えていて、息子も大好きです。
うちの近所に生えているのは、緑色です。
荒川河川敷のエノコロ草は、金色の背丈の長いものでした。
広い空に向かってすっくと伸び、風に揺れる姿が印象的でした。
荒川4

実は、今回の荒川河川敷行き、以前通っていたお花の教室の影響で思い立ちました。
今まで、お花の教室の先生から、野草の話や荒川河川敷の話は聞いていましたが、一度も行ったことがありませんでした。
先生が故郷に戻られてから、野の草と遊ぶ機会もほとんどなくなっている今日この頃でしたが、秋風と先生のブログが誘い出してくれました。

「荒川の河川敷ってところに行ってみたいなあ」
ぽろっと言ってみると、それを聞いていたパパが、会社でそのあたりに住む方に子連れでもおすすめの場所を聞いてきてくれました。
それで、実現したのです。

行きはしましたが、自然に生えているままの野の草を見るだけで楽しくて、採集までは考えていませんでした。
しかし。
パパがベビーカーを押しながら、1本、2本・・・と、野草を手折ってくれていたのです。
採集した植物はベビーカーのフードに挿し、変なデコベビーカーになってるなあと思っていました。
移動中は恥ずかしいと思っていましたが、おかげで家に帰ってから、久しぶりに野草と遊ぶことができました。

お別れに先生にいただいた花瓶にススキやエノコロ草、帰りの道々採集したヘクソカズラのツルなどを生けてみました。
荒川6
クリの実は、先日の妹の結婚式のテーブルにあったもの。
わが家の窓辺にも、秋がやってきました。


 ◇
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(2) | -| |
page top

子育てアシスト券のゆくえ 2008

区から配布される子育てアシスト券。
区内の指定店で使える金券です。
子ども一人につき5000円分いただけます。

去年は、靴とオムツを購入した気がします。
ブログはこちら

さて今年は…
お兄ちゃんの方は、靴が小さくなってきたので買い替えをすることにしました。
これに2500円分使いました。
残りの2500円、オムツは不要だし、どうしようかなと思っていたのですが、
いいこと考えた〜♪

近所のケーキ屋さんが、今年は子育てアシスト加入店になっていたので、バースデーケーキを注文♪今まで小さなケーキしか買ったことはなかったので、思い切って15cmのホールを注文してみました。本人も喜ぶかもしれませんが、われわれ両親も楽しみにしています。
ケーキだケーキだ!わーい。
ありがとう、子育てアシスト券。
食品原材料高等の折、助かります〜。

近所のケーキ屋さんが誕生日当日お休みなので、前倒しで今日お祝いをしました。ロウソクの火を上手に吹き消していました。ケーキプレゼントは当日予定です。

そんなわけでお兄ちゃんの分は順調に使用させていただきました。
ぴんちゃんの方はまだ手付かずです。
どんなことに使おうかと考えをめぐらせています。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(3) | -| |
page top

・・・ね、寝てる。

昨日の今日ですが。
ぴんちゃん、よく寝てます。

今日は、午前中、お兄ちゃんの病院通いや買い物に付き合っていた
ぴんちゃんですが、お昼頃帰って授乳して、入眠。
今現在(午後4時)も継続して寝ています。
ありがたや。

昨夜も寝返りして起きることはありませんでした。
ほっ。

昨日機嫌が悪かったのは、もしかして、一昨日の注射の副反応かしら。
DPTの2回目。
副反応に腫れや機嫌の悪さと書かれていた気がする。。
いずれにせよ、もう寝なくなってしまったかと思っていたので、
救われました。

しかし、ぴんちゃん、自己主張が出てきましたよ。
嬉しいときはとびっきりの笑顔を見せてくれますが、
不快なときの声も一人前です。
なんだか目の表情もいたずらっぽくなってきたような…。
ちなみに、ぴんちゃんはよく「パパ似だね」と言われます。パパ似
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | - | -| |
page top

・・・ね、ねない。。

寝返りができるようになったぴんちゃん。
嬉しい気持ちもありつつ、実はわたしの心中は複雑。。

以前は、仰向けに転がしておいたら、
しばらくはご機嫌に遊んでいたのに、
今はいつの間にかひっくり返って
にっちもさっちもいかなくなり、
「ふんぎゃー」と泣きます。

ゆうべは、午前3時半ごろこの声で起こされました。
ベビーベッドを見ると、うつ伏せで泣いているぴんちゃん。
おっぱいをあげて、添い寝しましたが・・・
しばらくすると、ゴロンという音と泣き声が!
寝返りで布団から落ちた模様です。

今日は今日で、昼間、いくら寝かしつけても寝ません。
おっぱいを飲ませて、寝入ったなと思ってベッドにおいても
ものの5分で泣き出します。
それではと抱っこしても、しばらくすると、むずがったり泣き出したり。
カーペットにおいても同様。
ベビービョルンでも同様。
むふう。
気が休まらない…どころか、家事や食事にも支障をきたしています。

この原因が果たして寝返りによるものなのかどうかはわかりませんが、
いろいろ発達している結果でしょう。
お兄ちゃんの寝返りは、お座りよりも遅いくらい(8ヶ月頃だったかな)で、あんまりやらなかったのでどうしてあげたらいいのか模索中です。

さてさて。
残る道はおんぶしかなさそうです。
これは泣かないし、心配なくていいのですが、
何しろこの時期に密着は…暑いっ!

今まで手のかかからない、うっとりぴんちゃんでしたが、
いよいよ手がかかるように(本性発揮!?)なってくるのでしょうか。。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(0) | -| |
page top

集合

今日は、ひさしぶりに大学時代の友達に会いました。
みんな遠路はるばる集まってくれました。
3家族の集合で、パパが一人欠席だったので、
大人5人、子ども5人(おおまかに5歳4歳2歳1歳0歳)の
総勢10人の大集合でした。

1年ぶりに集合しましたが、
1歳児0歳児のお世話と、おにいちゃんお姉ちゃんたちの監督で
ママたちはゆっくり話すどころではありませんでした。
でも、こういうのも期間限定の楽しさかな。

もうすぐ1歳の男の子とぴんちゃんの絡み。
同級生ですが、まだこの時期の開きは大きいっすね。
集合1
お姉さまたちに囲まれたぴんちゃん。
集合2
おにいちゃんおねえちゃんの変な顔〜。
集合3
また会えるのを楽しみにしてまっす! 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(4) | -| |
page top

寝る前のひととき

おにいちゃんの就寝時、一連のコースがあります。
,呂澆き
 ↓
△茲澆かせ
 ↓
トイレ
 ↓
い茶
 ↓
イはなし&ほっぺタイム
 ↓
就寝

 銑い蓮∈廼瓩呂發辰僂薀僖冀甘です。
その間にぴんちゃんの就寝前授乳をします。

イらはママ担当です。
おにいちゃんは、寝る前にわたしのほっぺを触るのが好きです。
ひんやりするのがいいのだそうです。
ほんとかいな。
ちなみにわたしも共にΔ貌容すること、しばしば。。

イ了間には、その時々いろいろとブームがあります。
今は、しりとりがブームです。
毎晩しりとりをして寝ます。
なかなか終わらないので、だいたい適当なところで
わたしが「ん」のつく言葉を言って終わります。

うちのしりとりは
「こまごめ」「めじろ」「ろっぽんぎ」「ぎんざ」…
やはり駅名が多いです。。
「ろめんでんしゃ」「とっきゅう」「やこうれっしゃ」なども登場します。
しかし、
「○○線」などは「ん」が付くので、使いたくても使えません。
おにいちゃん、ざんねん。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | -| |
page top

兄弟3ヶ月の比較

おにいちゃんとぴんちゃん、どちらも生後3か月の写真です。

兄弟
上がぴんちゃん、下がおにいちゃんです。

生まれてすぐはそっくりだった二人でしたが、
最近はちょっと路線が変わってきましたかね。

おにいちゃんはこのころ早くも二重になってますねー。
髪の毛の量は写真では同じくらいに見えるなあ。
(実際はぴんちゃんの方が多い。)
やっぱり、目の印象が違うなあ。
これからの変化にも乞うご期待です。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(0) | -| |
page top

児童手当、どうしてます?

今日は、お子さんのいるみなさんに聞いてみたいことがあります。

児童手当ってありますよね。
あれって、どうしてます?

1.生活費の一部にしている。
2.別に取り分けて子どものために積み立てている。
3.毎月、相当額を子どものために使っている。
4.その他

うちは、おにいちゃんが生まれてから今まで、
何の疑いもなく1でした。
しかし、ふと疑問がよぎったのです。
子どもがいるから、もらっているのに、
直接子どものために使わなくていいのかなあと・・・
まあ、生活費も子どものためといえばそうですが・・・
世間のみなさんはどうしているのでしょう。

差し支えなければ参考までに教えてくださーい。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(3) | -| |
page top

ぴんちゃんだより 〜あつかったよ〜

ぴんちゃん です。
さいきん、かくせい していることが おおく なりました。
だっこ されてると いいきもち なんだけど、
ベッドに おかれると 「ふえーっ」 と ないちゃいます。

きょうは あつかったから ひるま あんまり ねられなかったよ。
そのぶん ゆうしょくの じかんには ねてました。
このところ おにいちゃんが ほいくえんから かえってきてからは
ずっと おきてるのが ふつう だったから ひさしぶりに
「ゆうね」 しちゃったなあ。
ぴんちゃん702-1
てを あむあむ してたら 
よだれが いっぱい でるように なってきたよ。
ぴんちゃん702-2
それじゃあ、みなさん、またねー。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(0) | -| |
page top

ぴんちゃんだより 〜まい ぶーむ〜

ども。
ぴんちゃん です。
きょうは ぼくの 「まい ぶーむ」を ごしょうかいします。
ぴんちゃん200806
それは、ぼくの 「て」!
こうやって みぎてを 「おーっ」てして、しげしげと みてます。
ひだりては よく ふくを つかんでます。
手を見る
それに、ねむいときや おなかが すいたときには
てを あむあむと おくちに いれてます。
これが なかなか おいしくて そのまま ねてしまうことも あります。

きょうは りょうてを かおの まえで あわせて みました。
おもしろいな。

ぼくぐらいの げつれいに なると てが だいすきに なるらしいです。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(2) | -| |
page top

美容院

ぴんちゃん出産前の2月に髪を切ってから、
わたしの髪はそのままでした。
なんだか蒸し暑いし、さっぱりしたいなと美容院行きを急遽決意。
たしか3年位前に行った美容院が赤ちゃん同伴OKだったような・・・
電話してみると「空いているときならいいですよ」という返事。
家事や授乳をすませて空き具合を聞くと、「大丈夫」とのこと。
すぐに出かけました。

ぴんちゃんは、歩いている間にベビーカーで寝てくれました。
ベビーカーをわたしの隣りにおいてカット開始。
カットが終わる頃に起き始めました。
洗髪台で髪を流さなければなりません。
オーナーが抱っこしてあやしてくれました。
さらに、ベビーカーでお外の散歩にも連れて行ってくださいました。
帰ってきたら、また寝てます。
おかげで、子連れでもゆっくり髪を切ってもらうことができました。
今度もう少し寝ててくれれば、シャンプーやヘッドスパも
お願いしたいところ。

ところで、その美容室。
わたしが髪を切っていると、なんとなんと。
料理記者暦40年「大変おいしゅうございます」の岸朝子さんが
来店されました。
「CMの撮影なの。セットをお願い。」
オーナーも手馴れた感じで、おしゃべりもはずんでます。
常連さんなのでしょう。
お近くにお住まいなのかしら?
最近、芸能活動を行っている方を生で見てないのでびっくり。

気さくでサプライズのある美容院。
また行くのが楽しみです。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | -| |
page top

木曜日 練馬へゴー!

♪ああ〜 明日の今頃は〜♪
・・・まだパパ札幌だけど、夜遅くには帰って来ます。
ゴール間近です。
やったやったー。

今日は、おやつの後くらいに早めにおにいちゃんを迎えに行きます。
息子たち同伴で練馬の親戚宅へ行きます。
一泊させてもらいます。

今日は雨なのですが、車で迎えに来ていただけるとのこと。
2人の子連れ&荷物たっぷりなわたしたちなので、大変ありがたき幸せです。
明日は晴れるといいのにな。
息子と公園に行ったり、買い物したりできたらいいな。

結婚以来、こんなに長い出張は初めてでした。
これからは年に1回ないし2回はあるそうですが、いきなり息子2人との1週間で、開始前からかなりドキドキでした。
いろんな方たちに助けられて乗り切れそうです。

今回のパパ出張で感じたこと。
・おにいちゃんの思いのつよーい遊びに付き合うのが大変だった。
・気を張っているのか、いつも寝坊のわたしも早起きができた。
・甘いものがとまらなかったけど、あまりお菓子を食べない。
・家がちらからない。(なぜ?パパがちらかしてたの???)

それでは、お泊まりの準備にかかります。
行ってきまーす。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | -| |
page top

火曜日のごらく堂本家

火曜日です。
何気に、今日が一番の山場のような気がします。
まだ半分来てないという心理的なものが大きい。。

昨日は、夕方、大雨&雷でした。
ばあばが来てくれたので、本当に助かりました。
そうでなければ、お風呂は困難、そして、
いきなりの雷に母子3人でおびえてたかもしれません。

今日は、お友だちのママに来てもらいました。
うちと同じ年齢構成の姉妹を連れてだったのですが、
お風呂のアシストをしていただき、助かりました。
おにいちゃんとおねえちゃんは一緒に遊びました。
2人とも、おうちに遊びに来たということが新鮮だったのか、
楽しそうでした。
保育園の帰りには、手をつないでニコニコだったし。

反面、自分のうちということもあってか、
うちの息子は、自分のやりたいことをしたくて
押し通そうとする場面が何度もありました。
しかも、かなりのハイテンション。
息子の様子を見ているのが、一番大変だったような気がします。

ぴんちゃんは、よい子です。
よく寝てくれるし、話しかけると嬉しそうに笑って声を出すし、
あまり泣かないし。

引き続きがんばりまーす。◇
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | -| |
page top

今年最大の難関ウィーク来たる!!!

ついにこの週がやってきてしまいました。
パパが出張。
北海道へ。
まるまる1週間。

しかも。
本人たっての願いで、片道はブルートレインに乗りたいのだと。
一晩長くなるぢゃないかー!
と、憤慨しつつも、ブルートレインの旅情はわかるので了承しまして・・・
昨夜出発してしまいました。
帰ってくるのは、金曜日の夜遅くです。

日中はおにいちゃんは保育園へ行くのでいいのですが、
一番の懸案はおふろです。
マンションみたいにワンフロアではないので、
いろいろ心配があり・・・。
対策を練りました。

日・・・パパ出発前に息子2人との入浴を終了する
月・・・ばあばにヘルプを頼む
火・・・保育園のママ友にお迎え帰りの1時間ヘルプしてもらう
水・・・(同上)
木・・・保育園に早めに迎えに行き、練馬の親戚宅に母子3人身を寄せる
金・・・練馬にて1日過ごす(おにいちゃんは保育園を休む)

てな具合です。
それぞれの日に、違う形での心配があります。
でも、がんばるしかない。。

何事もないことを祈ります。
1週間、家族みんなに発熱とかケガとか、起こりませんように!
無事に週末が迎えられますように。。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | -| |
page top

ふっかつ!

やりましたっ!
生還いたしました!

土曜日の朝、左胸の痛みで起きてから苦しんでいたおっぱいの詰まりからやっと解放されました〜!

<土曜日>
 朝 痛みで起きる。
   ぴんちゃんに飲んでもらう。
   →痛み改善せず。
  
   出産した病院に連絡し、助産師さんに相談する。
   不安なので病院に行ってみてもらうことにする。
   →症状は軽いので、とにかく吸ってもらってくださいとのこと。
    悪寒がする。熱はまだなし。薬は出ず。

 昼 昼寝から起きると発熱。38度台後半。
   
 夜 食欲なし
   相変わらずの熱 常に38〜39度。
   痛みは朝ほどは感じない。
   病院の急患に電話して相談するが、
   来てもらってもいいけど、一時しのぎに
   薬を出すだけといわれる。むうう。
   雨の中つらい思いをして行ってそんだけならと
   自己治癒力にすがる。

<日曜日>  
 朝 熱は37度台に下がる。
   痛みの方が気になる。
   友人が息子の髪を切りに来てくれる。
   元気をもらう。

 昼 熱は37〜38度。
   
 夜 痛みが時々激しくなる。
   明日は月曜日だからと自分に言い聞かせる。

<月曜日>
 朝 区の保健サービスセンターに電話
   産後120日以内に1度だけ500円で助産師さんが訪問し、
   乳房マッサージを受けられるというサービスを希望。

 昼 早速、助産師さん登場!
   ものの30分で開通!

このような顛末でございました。
助産師さんの話にはためになることがありました。

・張っているおっぱいにはキャベツの葉を貼るのが一番とのこと。
・熱が出るのは、炎症を起こしている腺の通りをよくしようと
 血流が激しくなって圧を上げようとするため。
・マッサージ後は2,3日しこりが残るけど、
 とにかく飲んでもらうことで完治する。

てなかんじ。
極めつけは、「ごらく堂さんのおっぱい、出すぎ〜」とのお言葉。
やはりよく出るようです。
ぴんちゃんの発育はますます順調であります。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(5) | -| |
page top

ああ、口癖。。

息子が驚くような言葉を言うことがあります。

もしくは〜、こうしたら?」

「ねぇ、これで、以上?」

「ねぇ、パパぁ〜。新しいプラレールの線路作ってくれると助かる〜。」


「ちょっと、そんな言葉、どうして知ってるの?」とたずねると、
「え? ママが言っているよ。」
と笑いながら答える息子。
そして、にやにやしながらその様子を眺める夫。

親は最大の言語環境。
気をつけねば・・・。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | -| |
page top

受験勉強

保育園でゴーオンジャーがはやっているとのこと。
たしかに、朝夕息子の保育園に行くと、仮想の何者かと戦っている男の子が毎回数名。。

電車大好き、トーマス大好きのうちの息子ですが、時折思い出したように「ゴーオンジャー」という言葉を出し、
クシキーン! クシキーン!」と、剣を振り回すまねをしてました。

番組は一度も見たことないのです。
お友だちの遊びから情報を得ているのでしょう。

あわれに思ったわれわれ夫婦は、ためしにゴーオンジャーを録画してみました。
見せるべきか、見せぬべきか、悩みましたが、見せることに。

すると、30分間、瞳孔を開いたまま釘付け状態。
時折説明を入れましたが、本人は情報を少しでも多く吸収しようとするのか必死です。

視聴後。
ゴーオンジャーの色別の名前を尋ねてきました。
「青は何だっけ?」
「ゴーオンブルー」
「赤は?」
「ゴーオンレッド」
てなかんじで。

あまりに何度も何度も聞きに来るので、紙に書いてあげました。
色塗りして分けて書くと、よく理解できる模様。
わたしが食後の片づけをしていると、この紙を部屋の隅に持っていってごらんの体制で眺めています。
ゴーオンジャー
ごうおんれっど、ごうおんぶるー、ごうおんいえろー・・・
などとつぶやいて。
まるで、受験勉強をしているかのよう。

電車やトーマスの名前はこんなことをしなくても覚えたのですが、保育園のみんなの情報に後からついていくからでしょうか。必死に吸収しようとする姿が印象的。
只今、猛勉強中の息子であります。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]好きなこと(もの) | comments(3) | -| |
page top

「わがまま言って」ごっこ

先日、パパが仕事で帰りが遅くなることがありました。
ぴんちゃんが生まれてから、わたしとおにいちゃんだけでの初めての夕食です。
ぴんちゃんは起きていて、最初はいい子にしていたのですが、2人が食事をしていてほっとかれているので、だんだん飽きてきてクスンクスンと言い始め、ぴーぴー泣き始めました。

抱っこしてゆらゆらしていると、おにいちゃんがご飯を食べながら
「ねえ、ママ。わがまま言って。ぼくがお話するから」
と言います。
先日の連絡帳の報告が頭をよぎります。
ぴんちゃんを抱っこしてゆらゆらしながら会話を始めました。

わたし「保育園、行きたくなーい」
息子 「今日、シーツやる日(持って帰る)だからね。
    そしたら、2日休みだからね」
わたし「でも、それ終わったら、また保育園でしょ」
息子 「んーとね、今週は特別だからね、4休みだよ」
   (GWのことを言っているらしい。)

わたし「明日、雨だから保育園行きたくなーい」
息子 「じゃあ、特別にパパの傘に入れてあげるね」
   (自分がパパになっているつもり)
わたし「え? いいの?」
息子 「うん、いいよ。パパの傘大きいよ〜。
    それからね、全部窓みたいなんだよ〜」
   (大きなビニ傘です。)

わたし「野菜、食べたくなーい」
息子 「あのねぇ、野菜食べないと、うんちが固くなるんだよ。
    固いといたいよ〜」
わたし「それはいやだねぇ」
息子 「うん、大変だよ。スープも飲んでね」
   (…って、わたしが君に言いたい言葉だよっ!)

てなかんじで、わがままに応えてくれます。
自分が普段言われている言葉もあれば、わがままを聞いて、どう言ったらいいか自分で考えている言葉もあります。
こんなバーチャル禅問答みたいなことも楽しめるようになったかと思うと、言葉と心の発達を感じると共に、わが身も振り返らされる今日この頃です。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | -| |
page top

息子(長男)とわたし 〜寝る前の語らい〜

ぴんちゃんが生まれてから、いろんな波があったおにいちゃん。
先日の保健師さんの訪問で少し相談したところ、
「3歳だと、頭で状況はわかっても、心は納得いきませんよ」
とのお言葉をいただきました。
4月は、まさにそんな感じの日々でした。

夜、寝かしつけタイムはおにいちゃん優先です。
最近は、行動パターンがわかってきたので、おにいちゃんの寝かしつけまでにぴんちゃんを寝かせますが、当初、ぴんちゃんが起きていたときは、そちらはパパに任せていました。そのときに、2人でいろんな話をします。

わたし「ぴんちゃんが生まれてきてどう?」
息子 「うれしいよ」
わたし「ぴんちゃんのこと、どう思ってる?」
息子 「かわいいけど、かわいくなーい
わたし「どういうときがかわいい?」
息子 「おっぱいのんでるとき」
わたし「どういうときがかわいくない?」
息子 「おっぱいはくとき」

この会話では、下線の部分におにいちゃんの本音が見えます。
後半は、それを出してしまったことを自分なりにごまかそうとしてるのかなという感じです。
保健師さんによると、こういうネガティブな気持ちを出せることが大事なのだそうです。
大人でも、ネガティブな気持ちを出せる状態というのは、よっぽど相手を信用してないとできないことだから。

この話を聞いて、たしかにそんな本音が出てくることは貴重なことだなと思いました。

いい感情も、ネガティブな感情もいっぱい受けとめて、共感して、そしていい形で返してあげたいなと思う今日この頃です。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | -| |
page top

ぴんちゃんのこと

ぴんちゃん、どんどん大きくなってます。

1人目のときは、生後1ヶ月を迎えるまで、体重の増えがよくないと言われていました。
ぴんちゃんはどんどん大きくなっています。
おっぱいの出も違います。
勢いよくたくさん出ています。

1人目も2人目も、一回の授乳で右側10分、左側10分という感じで飲んでいますが、きっと出てる量が違うんだろうなあ。。
ぷくぷくです。ぴんちゃん5月
先日、区の保健師さんの自宅訪問があり、体重を量ってもらいました。
授乳直後でしたが、なんと5キロ近く!
病院の1ヶ月検診からちょうど1週間だったので、7日で約500g増!
1日当たり約70gずつ増えていることになり、母乳栄養だけの赤ちゃんでこの増え方はすごいらしいです。(身長も55.5cmと大きめなのですが)
出産のときも心拍が下がらなかった元気印のぴんちゃんは、出てきてからもたくましく育っています。

帰り際、保健師さんに区で行っている経過診察が月に1度あることを聞きました。
増えすぎが心配なようなら、予約していらしてください。
 体重・身長を測って、小児科の先生も見てくれますよ。」
とのこと。

ほんのコマーシャル的にご紹介くださったのかもしれませんが、まさか、増えすぎで診察を勧められる羽目になるとは。。
なんだか気になっちゃって、授乳しながら悩んでいる今日この頃です。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(0) | -| |
page top

一箱古本市 結果報告(速報)

本日、一箱古本市に参加してきました。
生憎の雨模様でしたが、ファーブル昆虫館の中で出店させてもらったため、店主側としては非常に楽でした。ただ雨が完全に降り終わったのが午後3時近くと遅かったため、客足としては鈍かったような印象です。
一箱の写真
過去2回の参加では打上げに参加し、その場で売れた冊数・金額を把握していましたが、何せ子ども2人の身の上となっては自由が利かず、参加不能。
というわけで、出品リストから持ち帰った本を引き算して、自分の売上げを確かめてみました。

総点数・総額 101点・34100円で出品し、42点・12000円の売上げだったようです。過去3年間の歴史はこう↓一箱古本市結果またもや、下落傾向。しかも、過去2年は持っていった本の半分は売れていたのに、今年は持ち帰る本のほうが多かった。。。

まあ、そうは言っても一年に一回の古本処分。古本屋に持っていけば二束三文のところを自分の好きな値段で売れるんだから、まったく持って不満はなく、むしろ大満足です。

◇売上げ傾向
・売上げ部門で1/3を占めたのが今年も「SF」。かつてかなり熱く集めていたものを放出しているので、それなりの稀少本もあり主力になっているようです。
・そして1/4を占めたのが「本に関する本」。点数では最も売れたジャンルになります。一箱古本市は"本が好きな人"の来る率が高く、この手の本は需要があるようです。まだまだ売ってもよい本はたくさんあるので、来年も出していこう。
◇昨年、一昨年売れなかった本について
・3度目の出品となった本たち(過去2回売れなかった)を20冊出しましたが、そのうち8冊は売れました。大健闘です。もともと古本!鮮度に関係なし ということを感じました。
・2度目の出品となった本たち15冊のうち4冊も売れました。
・というわけで、来年も(あれば)売れ残った本たちを再度出品する予定ですが、やはり売れる確率は若干低いので、持ち帰る率が来年はさらに高くなるのかなぁということです。
◇総論
今年も楽しかった という一言に尽きます。スタッフの方、助っ人の方、ご一緒した店主の方々、そして気さくに声をかけてくれ、また本も買っていただいたファーブル昆虫館の方ありがとうございました。
by ごらく堂主人(夫) | [古本]古本 | comments(0) | -| |
page top

今日は・・・

昨日から日中、ぴんちゃんとわたし二人で過ごしています。
日中、ぴんちゃんがどういうリズムで寝たりおっぱいを飲んだりするのかがまだ見えていないので、行動の仕方がまだ定まりません。
寝ている間はやるべきことを早め早めにするようにしています。
しかし、まだまだ無駄が多い気がする。。

今日は、外出の予定が夕飯の買出しだけでした。
お天気もよく、出発時刻が11時前くらいだったので、ぴんちゃんをベビーカーに乗せて
「保育園はお散歩タイムかな? お散歩してなくても園庭にいるかな?」
と、期待しながら保育園方面へ足を向けてみました。

すると、園庭に息子のクラスの子どもたちの姿が。
物陰からこっそり見ていましたが、息子の姿がなかなか見つからず。
外遊び用の帽子を頼りに、見つけたのは、遠く砂場の方。
そのときには、私の姿は息子のクラスの先生に認識されており、
「あら〜」なんて、立ち話をすることに。

ちょうど散歩から帰って、園庭でひと遊びというところだったみたいです。
散歩では、うちの近所も巡ったようで、息子は先生たちに自分の家を紹介していたとのこと。
家の色や形を一生懸命言いながら、指差していたそうです。
成長したものです。

そんな息子を先生は呼びに行ってくれました。
息子は戸惑った表情でフェンス近くまで会いに来てくれました。
お友だちのほうが雄弁に、
「どうしたの?」
「どこに行くの?」
「買い物? どこに?」
「ねえ、おなか小さくなったね」
「赤ちゃんでてきたね」
「どうやって出てきたの?」
「戸をあけて出てきたのかなあ」
などと話していました。
息子は言葉少なに少々戸惑った表情。

ぴんちゃんとわたしが2人っきりのところを見せてまずかったかなあ、
帰りたくなっちゃったかなあ、と心配がよぎります。
息子は、一度姿をくらまし、再びわたしの前に。
わたしは、しばらく先生やお友達と談笑した後、手を振って別れました。

夜、寝る前に、息子とその話をしました。
わたし「一度、どこかに行っちゃったけど、どこに行ってたの?」
息子 「あのねぇ、砂場でつかってた車と電車、誰かが使ってないかなあって見に行ってたの」
これが心許なさそうな様子の真相だったようです。

昼間の息子の様子を少し垣間見られて、楽しいお出かけでした。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | -| |
page top

さびしんぼ

この1か月、わたしの母が助っ人としてきてくれていました。
だいたい日中一緒に過ごしているので、お昼ごはんは2人でとりとめのない話をしながら食べます。
先日、母が親戚宅にでかけるということになり、日中新生児と二人っきりになりました。
昼ごはんは久々に一人です。
会社の夫にメールして、お昼うちで食べてもらうことになりました。
なんとなく、一人じゃ味気なかったので。。

長男は、寝るときわたしのほっぺをさわりながら寝るのが好きです。
でも、寝かしつけに入ってもなかなか寝つかれないのか、先週は1時間もその状態でした。
わたしは暗がりの中、ただほっぺを貸すだけです。もう一度起きてやりたいこともあるのでだんだんイライラとしてきます。あまりにも遅くなってしまうので、一度パパに寝かしつけをしてもらうことにしました。
次の夜。
はじめは、「ママも一緒に寝ようよ〜」と涙目で誘いに来ていましたが、
・・・ものの15分で、パパほっぺには見向きもせず、寝たとのこと。
なんだろう。
この空虚感。。
さみしさは。。
親離れされるのって、つらい。。
と、思ったわたし。

そんなこんなで、夫に「さびしんぼ」に認定されてしまいました。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(3) | -| |
page top

お兄ちゃん

生まれる前から、おなかのぴんちゃんにお話をしていた長男。
実際に、赤ちゃんがおなかの中から出てきたら、
赤ちゃんがえりするのかな
赤ちゃんに攻撃するのかな
泣くのかな
・・・などと、心配していました。

まあ、影響はあります。
各方面で。。
しかし、弟に対しては、今のところとても親和的です。
力加減がわからなくて危険な目にあわせてしまったり
かわいさあまって(?)ちょっといたずらしてみたり
ということはありますが、だんだん扱い方も理解してきたようです。
毎日、ふれあいを求めています。
兄弟
木製レールを長くつなげて遊んでいるときも、ぴんちゃんがいるところに来ると「ぴんちゃん(本名)えき〜、ぴんちゃんえき〜」などと言って遊びに参加させてくれます。

そういう関わりはとてもほほえましいなあと思います。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

記録地獄

妻です。
最近、日常に記録があふれています。

…甲砲力⇒軣◆
これは、必須。
保育園入園の際からずっとわたしの仕事です。

⊆|砲琉藥記録。
入院中に病院でもらった24時間のスケールのあるノートに
その日の授乳・睡眠・便などの様子を記入します。
参考になるので、これも今の生活には必須。

3年日記。
次男が生まれたし、これからの3年は変化が大きそうなので思いたち、今年の4月1日から始めました。
続けねば・・・という思いでやっております。

い錣燭靴離好吋献紂璽訥
予定を書きますが、雑感を書くこともあります。
4月からは、雑感はに任せて、もっぱらわたしの体調の記録です。
まあ、これは最近は大して書くことはありません。

ゥ屮蹈
パパが主体となって運営していますが、
「そろそろ書けよ〜」というプレッシャーが何日かに数回かかります。

・・・そんなこんなで、現在、1日に最高5つの記録をせねばならぬ状態にあります。
もともと書くことは好きなのですが、今は自宅で新生児との日々を送っており、あまり変化のない生活なので、ネタ不足に陥りやすいです。そして、同じネタを日に3回くらい記入するのは、自分でもさすがにエネルギーのかけ過ぎかと思ってしまいます。
でも、どれもこれも今からやめるのはありえないので、とりあえず当分は、いつまで続くかわからないこの「記録地獄」と共に歩んでいく所存でございます。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ぴんちゃんの最近の様子

日に日にまるまるとしてきて、表情も豊かになってくるぴんちゃん。
こんな写真が撮れました。
笑顔
うとうとと寝ながら、笑顔です。
生理的現象で笑顔を練習しているのでしょうが、笑顔を見ていると、とろけそうです。
兄弟
こちらは兄弟での一枚。
お兄ちゃんが保育園から帰ってくるなり弟に添い寝しました。
頭をよしよしするのですが、ぴんちゃんはむずがってこの顔。
ナイス表情が撮れました。

今日の2枚はどちらも目を閉じたままのぴんちゃんですが、日に日に目もよく明くようになって来ました。その表情を見るにつけ、お兄ちゃんの同じ頃にそっくりだねと夫婦で話しております。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]第二子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ぴんちゃん出産記 おまけ

今回の出産をメインで進めてくださった助産師さん。
わたしが、陣痛の痛みとぴんちゃんが通過している痛みMAXで耐えているとき、ふと見るとなんと笑顔・・・!
その笑顔に一瞬びっくり。
「人が苦しんでるのにー」と腹立たしくもなりましたが、でも、ほっとして、冷静にもなれた瞬間でした。

後日、授乳しながらその助産師さんに
「わたしが分娩台で苦しんでるとき、笑顔でしたよねぇ?」
とたずねると、
「あら、そうだったー? だって、とても順調なお産だったから何も心配してなかったもの。」
と、照れ笑いしながら答えてくださいました。

はじめはびっくりしたあの笑顔。
日がたつにつれて、ぴんちゃんはこの世にまさに「笑顔で」迎えられたんだという事実がとてもありがたいものに感じられるようになってきました。
生まれた後の笑顔は大方の人は誰でも体験できると思うけど、まさに生まれる瞬間、笑顔で迎えてくださった助産師さん、大感謝です。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

第二子 出産体験記

おひさしぶりです。
妻です。
無事、第二子を出産しました。
みなさま、ご心配をおかけしました。
とてもとてもとても・・・不安だった今回の出産。
改めまして、出産を振り返ってみるべくこの記事を書いています。

3月20日、ブログにも書いていたように叔父宅で楽しく過ごしているときは、
「まだまだ位置が上だねぇ。」
なんて言われて、出産の兆候はありませんでした。
帰ってから、お風呂に入って寝ましたが、いつもと大きな変わりはありません。

ところが、3月21日の午前4時55分。
おなかがきゅきゅーっとなって目が覚めました。
ここのところ眠りも浅い日々だったので、そんなに強い痛みじゃなかったのですが目が覚めました。でも、たいした痛みじゃないし、たくさんご馳走食べたから便通があるのかなくらいにしか思ってませんでした。
しばらくすると痛みがなくなりましたが、またしばらくすると、きゅきゅきゅーっとなります。
まさかと思って時間を計ってみると、8分間隔くらいで波が来ます。
「まだ心の準備ができてないのに」「家の掃除ももっとしてからその日を迎えたかったのに」「いや、これは、下痢かもしれない」などと頭の中に様々な思いが渦巻きます。

1時間たって時計の針が6時を過ぎ、辺りが白々と明るくなってきた頃、夫を起こしました。
「陣痛かもしれない。違うかもしれない。とりあえず、病院に電話してみる。」と。
そうは言ったものの、着替えたりトイレに行ったりしながら、それから2,3回の痛みは体験してみました。
で、やっぱり電話することに。
電話してみると、その週の検診で「今週末辺りじゃないですかー」と予言してくれた助産師さんが電話に出ました。
その印象があったのか、すぐに話が進み、とりあえずすぐに来るようにとのこと。
夫にタクシーを止めてもらい、荷物を持って病院に向かいました。

病院には6時40分頃着いたでしょうか。
すでに一人分娩室に入っている人がいました。
「わたしのは、本当に陣痛なのかしら」と思いながら陣痛室に入り、分娩監視装置を付けたり、分娩用の服に着替えたりしました。
定期的な張りは、家にいるときより少し間が開きましたが続いています。
助産師さんが子宮口をチェックすると3センチ開いているとのこと。
おそらく今日が赤ちゃんの誕生日になるだろうとの話になりました。
そうこうしている間に、陣痛がどんどん強くなっていきます。
「ふーーーーっ」
と、息を吐くことに専念し、ハンドタオルを握り締めます。
ぴんちゃんは病院に来たときは上のほうにいたのに、痛みとともにどんどん下におりてきたようで、監視装置の位置も下の方に付け替えられました。
夫は早めに息子を起こし、保育園に送って行った後来る約束です。

7時半ごろ、朝食が来ました。
合間にフルーツくらいは食べました。
「お昼ご飯食べる頃には、生まれてるのかなあ?」
などと漠然と思いながら食べたのを覚えています。
だんだんと陣痛が強くなり、間も短くなってきています。
でも、初産のときよりは冷静に痛みを感じていたと思います。

8時15分ごろ夫が到着しました。
その頃には、一回一回の痛みが激しく、夫がしゃべるのを聞くのもつらかったので、「いいから、さすって!」と頼みました。
助産師さんが子宮口をチェックし、子宮口が開いてきていることを確認しましたが、まだ向きが後ろだと言われました。(普段は後ろ向きで、お産の時は前に来るそうです。)
でも、わたしの様子から、お産が近いと判断されたのでしょう。
次の陣痛がおさまったら、歩いて陣痛室に移動することになりました。
歩くとお産が進むということもあってのことですが、とても歩けるような状態ではないわたしは、両脇を夫と助産師さんに抱えられてなんとか分娩台まで行きました。
これが9時ごろのことです。

分娩台では横向きで寝て、ずっと痛みを逃していました。
ずんずんくる痛みがたまらん!と思っていると、腰を曲げてCの字の形になるように言われます。背中が反ると、産道がS字になり、赤ちゃんがひっかかってしまうのだそうです。なんとかCの字になってがんばっていると、今度は、分娩の体制をとりましょうといわれます。もう、動けないのにー。
足を開いて分娩台に乗り、
「いたいいいいいいいいー!」
と、叫びながら夫の腕をにぎりしめ、痛みに耐えます。ものすごい痛みに耐えていると、バシャン!
まさに破水です。
膜が破れて一気に水が出てきました。

それからのことはあまり覚えていません。
「足を胸に付けるようにして、力を入れて」
「声は出さずに、しっかりいきんで」
というようなことを言われた気がします。
そうしていると、会陰に今までとは違う痛みが。
まさに「やけつくような」ってやつです。
「ああ、頭が出てきたんだな」と思いました。
「じゃあ、出すしかない。いきむしかない」とも。
陣痛も強いので、それにあわせていきみました。
しかし、一気には出なかったようで一度陣痛を待つような形になりました。
それが、また変な感じに頭が挟まっていたようで、痛いこと!
あとはがんばって、いきみにいきんで・・・午前9時33分。出産!です。

というような流れでの今回の出産。
まとめます。

陣痛…友人の言葉にもあったとおり、割と冷静に受け止められた。
   痛みも耐えられるくらいだった。
破水…上の子はちょろちょろと高位破水だったので、初めての体験。
   頭の中に仔馬が生まれ落ちて羊膜が破れる映像が浮かんだ。
会陰…今回は切開なし。若干裂けたけど、切開の時より予後が楽。
分娩…いろいろ教科書通りに進んだように思う。
呼吸…ひたすら「フーーーーーーっ」でがんばった。
時間…4時55分の微弱な陣痛から9時33分の出産まで
   4時間38分のスピード出産!
気持ち・・・一人目は「出してもらった」感が強かったけど、
     今回は「産んだ!」という達成感あり。
ぴんちゃん…出産の最後の最後まで心拍が下がらず。
     (普通は最後の方は下がるらしい。長男はそうだった。)
      「とても元気な子ですね」
      「赤ちゃんとお母さんがよく協力し合っての出産でしたね」
      と、後で助産師さんに声をかけられる。

という感じでした。

ちなみに…
この日、満月と大潮が重なった関係でしょうか、この病院で、午前中うちも含めて3件の出産が相次ぎました。(うちがトップバッターで出てきたようです。)

もうひとつちなみに・・・
分娩後の便秘がとんだ伏兵でした。
現在も苦しんでいます。。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

お祝い&前祝い?

都内に住む叔父宅よりお誘いがあり、お呼ばれしてきました。
わたしのいとこ(高3男子)が春から大学生になるお祝いと、
出産壮行会(?)です。

息子は、わたしのいとこ(中2女子)に遊んでもらい、雨だというのに室内を走り回ったり、風船を追いかけたりして、かなりの運動量を消費しました。
いつものようにご馳走もいただき、楽しいひと時を過ごし、さらに、帰りは車で送ってまでいただいて、本当にありがたいことでございました。

途中、息子はいとこのバンビカチューシャをかぶらせてもらって、なかなかおもしろいことになってました。
女の子
また、お部屋にあったキーボードを弾くまねをしながら、お得意の歌を歌ってました。
普通のピアノの音よりも、DJ風のへんな音の方が妙にノリノリで弾いてました。
見てる方もおもしろかったー。
キーボード
いつも楽しく過ごさせていただいて、本当に感謝しています。
今後も、ぴんちゃん共々どうぞよろしくお願いいたします。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

本当の気持ち・・・

そんなわけで、ぴんちゃんの出産予定日が近づいてきています。
早いものであと10日ほどになりました。

今のわたしの気持ち。
いろいろありますが、実は…一番強いのは「出産がこわいよー!」ってことなのです。
1人目のときは、もちろん不安でした。
でも、そうは言っても、「大方の女性が体験してやり遂げていることだし、女性に生まれたからには、この痛みも体験しておかねば!」なんて妙に前向きにその日を迎えたような気がします。

しかし、今回は違うのです。
こわい。。
陣痛や出産の瞬間の痛み自体は忘れていますが、「とても大変だった」という事実が歴然とそこにあるのです。もう1度あれを体験するのが、不安です。

その後に来る幸せな気持ちや、出会いの喜びもわかっています。
痛みを超えた、それはそれはあたたかい、幸せな時間がきます。
でも、なーんか思考が出産のつらさの辺りでうろうろしてしまっています。
これは困った。。

先日、高校時代の友達(2児の母)に電話をして、この話をすると、
「わかる〜。わたしもそうだったよー。
 二人目の方がキョーフだったよー。」
と、語ってくれました。
「でも、実際は、陣痛は楽に感じたし、会陰切開も2回目はなかったし、何より『そのとき』が来たら、自分も冷静になるから…」
と、大変ためになる体験談を聞かせてくれました。
(方言は標準語に置き換えて表記しております。)
その言葉で少し前向きになりました。

また、大学時代の友人は、ソフロロジーによるアクティブバース体験者で、4,000gを超える息子さんを出産する際も、ソフロロジー式出産であまりつらくなかったと以前メールしてくれてました。
そのメールは、安定期の頃にくれたのですが、そのときは「ふーん」くらいにしか思っておらず、特に調べなかったわたし。
それを思い出し、この期に及んで、藁にもすがる気持ちで図書館で「ソフロロジー」を検索しました。2冊の本を借りてみると、CDがあるらしいことが判明。友だちに問い合わせると、自分のときのを貸してくれるとのこと。
ありがたや〜。

もう、予定日が10日くらいに迫っているのに、こんなことをしているわたしは、完全に一夜漬けで試験を受けるような状況です。
実は、わたしの心の準備が一番遅れているのかも。。

今、こうしてブログを書いている間にもぐにょぐにょと動いているぴんちゃん。
もうちょっとばかり待っててね。
今より少しでも前向きに共同作業できるように準備するからね。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

月を眺めながら

今日は検診でした。
いつもと違う先生だったので、あっさり終了。
子宮口の状態などはまだすぐ出産には至らなそうだとのこと。
でも、助産師さんは「今週末あたりじゃないですかー?」となんの根拠もなく予言してくれちゃいました。
さて、どうなりますやら。。

ここのところ、月がだんだんに満ちてきています。
(今日はあいにくの曇り空で見えませんが。)
今回の月の満ちていく様子を見るのは、今までとは違った思いが重なります。
「満月になったら、出てくるのかも。。」
という思いがあるからです。
月のカレンダーによると、今度の満月は22日。
やはり、週末なのでしょうか。
わたしとしては、もうちょっと先送りしたい・・・のだけど。
とは言っても出産の日を決めるのは、ぴんちゃん。
どの日を選んで出てくるのでしょうか。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ごらく堂★パラダイス☆オーケストラ♪ 

♪カントリーロード この道 ずっと行けば
 あの街に つづいてる 気がする カントリーロード♪

「耳をすませば」のテーマソング、「カントリーロード」です。
前々から息子も口ずさんでいたのですが、今朝、突然、裏声で歌えるようになってました。
「お姉さんの声で歌ったよー。」なんて言ってます。
発声の違いとかも微妙にわかるのでしょうか。

おもしろいので、喜んでリクエストしていると、地声と裏声を混ぜて変な歌い方までするようになりました。
むふう。。

夕食後。
出窓においてあったウクレレ(年末のパパの社員旅行のお土産です。)が久々に目に留まった息子。
「あれやる〜。」と言います。
パパに取ってもらうと、
「ぼく、あまさわせいじね。ママ、しずくね。カントリーロードひくから歌ってね。」とのこと。
めちゃくちゃ弾きのウクレレの伴奏に合わせて歌いました。

更に。
おもしろいので、わたしもリコーダーを出し、メロディーを吹き始めました。
パパは、シンクの下から鍋のふたを2枚出してきました。
(シンバルのつもりです。)
で、♪ガチャガチャベンベンピーピー♪と、みんなで「カントリーロード」を合奏唱いたしました。
おもしろかったー。

しかし、気になることが一つ。
思えば、息子の臨月のとき。
ある夜、夫と今日のように突然リコーダーとハーモニカで合奏をしたことがありました。
たしか「はにゅうの宿」。
その数時間後、予定日まで10日あるというのに破水したのです。
そして、そのまま出産。

今日も、「こんなににぎやかにやると生まれちゃう〜!」と言いながらの合奏唱でした。
ぴんちゃんには、「まだ出てきちゃだめだよ。リハーサルだからね。」と語りかけていました。
今のところ、まだ破水も陣痛も来ていません。
胎動もボコボコ激しいので、まだ当分はおなかの中にいてくれそうです。
よかった〜。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

ほ〜ら はるですよ♪

今日は、とっても暖かい一日でした。
検診だったので、御茶ノ水の病院まで行き、その後歩いて水道橋へ。
夫と待ち合わせて会社の近くでランチをし、ぶらぶらと図書館やお花の先生のところなどに寄りながら帰ってきました。

あまりに暖かい一日だったので、ふと夕食後の散歩を思いつきました。
近所の生協に行くのと、神社に行くのと。
提案すると、夫も息子も二つ返事で賛成。
息子は得意になった三輪車をキコキコとスピード出して往復しました。
成長したものです。
神社では、みんなでぴんちゃんの無事出産を祈りました。

さて。
その帰り。
沈丁花がどこからともなく香ります。
沈丁花の香りには春を感じさせられます。
大学時代に住んでいたアパートの庭に木があって、春が来ると香っていた思い出があります。
そして、今日の、夜にでも散歩に行こうと思わせる暖かさが春を感じさせます。

さらにさらに!
道の真ん中にどどーんとしたものを発見したときに春の訪れを感じました。
ヒキガエル・・・!
今年もこの大物に遭遇する時期になりました。
踏むんじゃないかという恐怖も隣り合わせです。。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

回復!・・・そして、カウントダウン。。

今日は、鼻も咳も治ってきて調子が戻ってきました。
長かった闘病生活とはやっとお別れできそうです。

さて。
残された出産までの日々、やるべきことをやらなくては。

そもそも産休に入る前にやるべきことを箇条書きにしてました。
そして、週が明けるごとにその週にやることを書き出し、一つでも多くやりとげるべくがんばってきたつもりです。

・息子が4月から保育園で必要なものを準備すること
・住宅ローン返済の諸準備
・会うべき人に会うこと
・息子が生まれてから3年半分の写真の整理
・ぴんちゃんの超音波アルバム作り
・ぴんちゃん用の肌着や小物の洗濯と準備
・入院の準備
・妹(依頼の品)、友だち(出産祝い)への贈り物の手配
            などなど…

ちなみに、自分のやりたいこととしては
・クラフト展に参加
・レディースデーに一人で気楽に映画鑑賞
 (鑑賞自体はできたが、実際は咳と尿意で集中できず。残念。)
・美容院へ行く
            …などのことを達成しました。

そして、今、大きなものとして残っているのが、片付け&掃除。
ひじょーに大きい課題です。

出産に当たってはいろいろな人がわが家を出入りすると思われます。
掃除機かけなどの最低限のことはやっているつもりですが、根本的な片付けや掃除は手付かずの我が家。
これを期にちょっと腰をすえて片付けたいと思っているのです。
思っているのです…が、なにぶん思うとおりに動けません。
すぐ疲れちゃうので、根本的になんてそもそもできないかもしれません。
そこそこきれいにしなくちゃと思っています。

明日は久々に何一つ予定が入っていないので、がんばってお片づけしようと思っておりまーす。(さて、どこまでできますやら。。) 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

息子のことば

息子のお迎えに保育園に行きました。
帰りにいつも大きな交差点を通ります。

今日は、ちょうど歩行者が青信号だったので、二人で急いで渡りました。
すると、横断歩道の半ばあたりで青信号が点滅を始めます。
重いおなかを抱えながら急ぎ足で反対側に渡る私の手を、息子が先にたって駆け足で引っ張ってくれます。
おかげで点滅の間に無事渡ることができました。
渡った後の会話です。

わたし「ありがとう。引っ張ってくれて。おかげで早く渡れたね。」
息子 「車にぶつからなくてよかったね。」
わたし「ほんとうだね。ありがとう。」
息子 「あのねぇ、ぼくねぇ、ママのこと、守ってあげるよ!」
わたし「ほんと!? うれしい!ラブラブ
    ママも○○(息子の名前)のこと、守ってあげるね。」
息子 「うふふ。…パパも守ってくれるかなあ?」
わたし「だれを?」
息子 「ぼくとママ。」
わたし「そりゃあ、パパは一番強いもん。
    二人のことを一番守ってくれるよ。」

いやあ、なんとも幸せな会話でした。ニコニコ ◇
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

体調不良 パート2

昨日、わたしの体調不良をお伝えしたところですが、今日は続編です。

昨日、息子は昼寝をせずに過ごしました。
夫もラグビーで疲れていたので、ゆうべは8時台に全員が就寝モードに入ったごらく堂一家でした。

朝、目覚めてみると、夫は夜中に何度も目が覚めたとのこと。
ラグビーの試合の疲れからか体が痛くて熟睡できなかったそうです。
そうこうしながら、朝ごはんを食べていると、夫が
「悪寒かな。筋肉痛かな。ぞくぞくする。」と言います。
熱を測ってみると、朝から38度!
それでも本人は会社に出かけていきました。

お昼にメールがあり、早退するとのこと。
自宅にて緑黄色野菜いっぱいおじやを食べた後、午後はずーっと寝ていた夫。
夕方も38.5度くらい熱がありました。

わたしもいまいち本調子じゃないながら、もっとひどい状態の人が出現してしまったので、夕飯の準備から片付け、息子の迎え、お風呂入れなど、普段夫に頼っていることも多いことをなんとかこなしました。
「これじゃあ、高齢者同士の介護だねぇ。」
「すまないねぇ。」
なんて会話も。

息子は保育園から帰って、パパの様子を心配そうに見守り、
「パパ、お熱出すの久しぶりだね。つらい?」
などと声をかけ、体温計を持っていったり、保育園でのことを話したりしていました。
なかなかかいがいしい姿でした。

そんなわけで、今一番元気印は、息子です。
大人はなんとか回復目指してがんばりますっ! 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

体調不良・・・。

ぬうう。
正直、こんなに長引くとは思いませんでした。
私の体調不良。

思えば、先週の水曜日の夜から咳き込みが激しくなり、先週は、気管のあたりからこみあげてくるような激しい咳に苦しみました。腹圧もかなりかかり、ぴんちゃんもつらかったんじゃないかなあと思っています。
産婦人科で処方されていた漢方薬を飲んでいましたが、一向に回復しません。

今週は、咳き込みは落ち着きましたが、鼻づまりがひどい。。
息ができない上に、味がぜんぜんありません。
熱はまったくなく、ひどくても夕方に少し微熱が出る程度です。
昼ごはんは、毎日おじや。
何を入れても味をつけてもわからないので、一人のときはこれで満足でした。
味付けがわからないながら作る夕飯は大変でしたが、なんとかうまくいっていたようで、息子も夫もよく食べてくれました。

鼻づまりは昼間も苦しいですが、夜はもっと大変です。
副鼻腔の方に鼻水がいくのか、朝起きると、奥歯の上辺りが痛かったり、最近では耳まで痛くなってきて、頭部から首、肩までが「だるいたい」のです。

わたしは、わりと丈夫な方で、インフルエンザとかひどい風邪とか、あまり縁なくこれまできていたので、完全にみくびっていたのですが、ここまで長引くとつらいです。
一日中頭がぼんやりしているのもいただけません。
貴重な貴重な産前のフリータイムなのにー!
刻一刻と過ぎていきます。

昨日は、近くの婦人科の病院に行き、薬を処方してもらいました。
「漢方でもいいけど、ここまでひどいなら、ちょっと強めの薬を」と処方された薬を調剤薬局に取りに行くと、「赤ちゃんのためには、飲まないほうがいいですよ」と薬剤師さんに言われました。ショーック!
とても迷ってしまったので、かかりつけの病院に電話し、当直の産婦人科の先生に尋ねると、「飲まない方がいいです。つらいと思いますが、安静にしていてください。」とのこと。来週の火曜日が検診なので、そのときに改めて相談しようかなと思っていますが、それまであと数日がつらい。。
特に、夜が来るのがとてもこわーいわたしです。。

ああ、それにしても、こんなことなら、昨日の診察料と薬代は返してほしいわー! 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

久々に・・・おすすめ絵本

今日は、最近、息子にヒットした本をご紹介します。

まずは、「フンガくん」シリーズ。
月刊誌「おひさま」に連載されたものを絵本にしたもののようです。
1冊に4つくらいのお話が載っています。
うちには、「フンガくん」と「おこりんぼフンガくん」があります。
ほかにもたくさんシリーズで出ています。
この2冊は、産休に入ってすぐブックオフで見つけて買いました。

というのも、仕事で接している子(小2男子)からこのシリーズがおもしろいと以前から聞いていたからです。
話を聞いてすぐ図書館から借りると、たしかに息子も喜んでいました。
そんな本をたまたま格安で見つけたので買った…というわけです。

まずは、フンガくんというブタの男の子とお母さんの心温まる日常が描かれています。
しかも、舞台が懐かしい昭和な感じ。
銭湯に行ったり、サザエさんちみたいな家が舞台だったり、駄菓子屋さんに行ったり。
昭和ブームの昨今ですが、この本もとてもほのぼのします。
フンガくん

次は、図書館でたまたま借りたら、大ヒットしたもの。
体を使ったダイナミックな遊びがたくさんのっています。
わたしは、今、息子を抱っこすることもできませんが、その分パパと体遊びをいっぱいしています。
この中でも、ホットケーキを焼く設定の遊び(特にひっくり返すところ)が大ヒットでした。
体を使ったダイナミックな遊びは情緒の安定にもとても有効だということを聞いたことがあります。その遊びのタネにもってこい!
なお、この本には「あそぼう あそぼう おかあさん」というシリーズもあります。
あそぼう 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

山の幸

またまたポストカードたてシリーズです。
今回は、ほとんど小石川植物園からの産物で作ったものをご紹介します。

こちらは、木の枝をベースに、タイサンボクの実、ヘクソカズラの実、まつぼっくりで作りました。実りの感じのポストカード立てです。
山の幸2
こちらは、木の皮をベースにした作品です。
こんな木の皮が落ちてたので、安定がいいようにして、切り込みを入れ、実で飾りました。
黄色い実はかりんをスライスして干したもの、ぽんぽんとついているのは何の実かわたしにはわかりません。
山の幸1
おもしろいものができて、大満足です。

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)
   2月25日(月)〜3月2日(日)
   11:00〜20:00(最終日18:00)
   花の店   野草 にて
   文京区千石1−6−17  
   電話03−5395−0548
   最寄駅 都営三田線千石駅A4出口徒歩3分 ◇
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

海の幸

水曜日の夜あたりから咳き込みが激しくなりました。
鼻もつまっています。
咳き込みがだんだん激しくなって、腹圧もかなりかかっているのではと心配していますが、熱は37度前後をうろうろという感じ。
なんとか持ちこたえようと、金曜日は外にも出ず、家でおとなしくしていました。

そしたら・・・

もの作りがはかどる! はかどる!
ポストカードたてが4つもできました。
その中から、今日は流木で作ったものをご紹介します。

こちらは、自然にできていた裂け目を使ってつくったものです。
浜辺にうちあげられていた胡桃の殻や中が見えてきた貝殻などを使って仕上げました。
写真は、今週のお花の教室のときに使った花材を写真に撮ったものをポストカードの大きさにプリントアウトしました。
海の幸1
こちらは、船形の流木の形を生かし、さらにつるつるになった流木の枝を取り付けました。
貝殻やシーグラス、海辺の石などで飾り付けしました。
写真は、1年ちょっと前、鎌倉の海で撮ったものです。
海の幸2
どちらも、先日の伊東旅行で拾ったものだけで仕上げました。
思い出も作品になりました。
うれしや、うれし。 
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ぐるぐる三日月

またまたクラフト展に出品した作品シリーズです。

題して「安眠モビール」。

黄色いのが、かりんの実をスライスして天日に乾かしたもの。
甘くて、とてもいい香りがします。

とげとげのがモミジバフウの実。
くるくるまわると、とてもかわいらしいです。

長いのがサイカチの実。
以前、検診の帰りにたくさん拾ったものです。
それも、「さいかち坂」という由緒正しい坂(?)で。
このサイカチの実が、どうも三日月のイメージとかぶってしょうがないので、アクリル絵の具で三日月を描いてみました。

それらをつなぎ合わせて、つるして、モビールにしました。
写真では、ある瞬間しか写りませんが、それぞれの実がそれぞれの動き方で回るので面白いです。

自然のもので遊ぶのは、おもしろいもんだなあと感じています。
田舎にいるときよりも、最近強く思います。
ぐるぐる三日月 
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

検診でした。

昨日、定期健診に行ってきました。

ぴんちゃんは、明日で35週に入ります。
現在の推定体重は2303gでした。
ほぼ週数通りだそうです。

ぴんちゃんは、順調に成長しています。
母体は…成長しすぎているようです。
休みに入ったからでしょうか。
前回の検診から2週間で約1.5キロも増えてしまいました。
がーんがーんがーん。

どおりで最近、急に体が重くなったと思ったよ。
2、3日前に夫にも「体重、大丈夫なの?」と聞かれたほどでした。
思えば、ずっと助産師さんがやさしかったので油断してました。
「2回目の出産だし」とか思って。
これから体重コントロールに励まねば!

昨日の夫の記事のごとく、最近、出産のタイミングというものをいろいろシュミレーションしています。
二人目の出産って思ったより大変そうです。
実家が近ければそうでもないのでしょうが、上の子はどうするかが一番気にかかります。
それから、出産の経過はなんとなく頭にあるけど、前回と違ったパターンで始まったら、(前回は破水からだったけど、今回、陣痛から来たらどうしようとか。)どうしたらいいかあまりイメージできません。

陣痛や出産の痛み自体は忘れているけど、とにかく「大変だった」「苦しかった」「痛かった」ことは記憶しているので、こわさもあります。
Xデーを心穏やかに迎えられるように、今はできることをいろいろしておかなければなあと思っています。

今日は、息子の生まれたときからのママ友と会って話をしてきます。
私を入れて4人です。
うち2人はもう2人目がいるので、先輩ママとしての心構えやアドバイスを聞いて来たいと思っています。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

おひなさま

午後、お花の教室に行ってきました。

来週からのクラフト展に備えて作っていた作品を何点か搬入してきました。
お花を生ける時間もありましたが、作品を先生に紹介して、せんえつながらお値段をつける作業が大きな作業でした。

これは、蓮の実を台にしたおひなさまです。
この写真で、実物よりも一回り大きいくらいです。
おひなさま
出品される方の中に、和菓子職人の方がいらっしゃって、和菓子も出品されるので、その横にでも置いていただけたらなあと思い、作ってみました。

今日は、桜やチューリップなどの春らしい花材を生けさせてもらったので、帰ってから早速新しいポストカードを作ってみました。
24日(日)までに最終搬入を終えなくてはなりませんが、もう少しの間もの作りの楽しさを味わえそうです。
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

むうう。。

産休ライフに入り、落ち着いてきたので、今週はわたしがお迎えに行っています。
時間もいつもより早めです。

火曜日は伊東旅行で保育園は欠席でした。
水曜日。
わたしが迎えに行くと、ちょうど木のレールで電車遊びを始めたところ。
迎えに来られて、残念そうな顔をしている息子。
帰ってから「早くお迎えに来なくてもいいよ。」
と言われてしまいました。ポロリ
ママのお迎えよりも、電車遊びの方が魅力的だったらしい。。

木曜日。
水曜日よりは少し遅めに迎えに行きました。
私の姿を見つけてさしてうれしい様子でもなし。
仲良しの女の子がやってきて、「ごらくどうちゃんのママ〜、下で待ってて〜。」(一緒にひと遊びして帰りたいとの要望)と言われました。
でも、女の子のママのお迎え時間は30分近く後。
「きょうはむりかも〜」と言うと、とても残念そうな女の子。
その後、息子にちゅうしてました。
間近で見てしまった…。たらーっ
そして、帰ってから。
息子「ねえ、ママ。いつになったらパパがお迎えに来るの?」
わたし「なんで? パパのお迎えがいいの?」
息子「うん」

がーんがーんがーん。
パパも息子との登園降園を楽しみにしていましたが、息子もしかり。
父子の絆は母の知らぬところでどんどん深まっているのでした。

ちなみに、今日は病院のペアレンツクラスがあったので、お迎えが5時45分くらいになりました。
昨日の女の子&もう一人同じ方面に帰る女の子と一緒のタイミングだったので、3人が仲良く手をつないで帰りました。

さてさて、来週はどうなることやら。。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

はがき

今日、職場に行ってきました。
残務がなんとかひと段落しました。
やったー。やったー。

これからぴんちゃんが生まれるまで、昼間はスペシャルタイムといったところでしょうか。

手始めに、通っているお花の教室のクラフト展に向けて、お花の写真をとりためていたものからポストカード作りを始めてみました。
家のプリンターなので、そんなに鮮明ではありませんが、それはそれで味があるかなと思っております。
麻紐に木の洗濯ばさみでとめてみました。
はがき
この他にも、先日伊東の海岸で拾った流木でポストカード立て、サイカチの実などでかわったオブジェ(?)を作成中。
手芸熱もちょっぴり高まってきたので、今日は職場の帰りにはぎれなどを購入してきました。
さて、これから何ができあがりますやら。。
時々アップしてみたいと思います。

クラフト展の概要はこちら。
      ↓
 第4回クラフト展(イエツァオグループによる)
   2月25日(月)〜3月2日(日)
   11:00〜20:00(最終日18:00)
   花の店   野草 にて
   文京区千石1−6−17  
   電話03−5395−0548
   最寄駅 都営新宿線千石駅A4出口徒歩3分 ◇
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

おなかが重くなってきました。

ごぶさたしてます。
妻です。

おかげさまに無事妊娠9ヶ月に入りました。
最近、本当におなかがぱんぱんになり、重くなってきました。
食事をしても、すぐおなかいっぱいになります。
そのわりにお菓子はちょこちょこ回数多く食べたりしちゃってますが。

胎動も激しいです。
ちょっと動き出すと、あちこちがぐにゅぐにゅという感じで動きます。
時には、思わぬところにつきをくらい、その力強さに驚きます。
おなかも張るようになり、夕方・夜は体をまっすぐに伸ばすのがちょっと大変なときもあります。
あと、非常に疲れやすいです。

今週から産休に入るのですが、先週は残務に追われました。
まだ産休に入る気がしません。
代わりの方が仕事をしてくださるとはいえ、机をあけたり、引き継ぐべきことは引き継がねばならなかったり、文書を作っておかなければならなかったり、それはそれは忙しいです。
休みに入っても最低1,2回は出勤しなくては、終わりそうにありません。
任務をすべて完了した後で、産休ライフを満喫したいと思っています。

とはいえ、休みに入っても、やることは目白押しです。
赤ちゃんのグッズをそろえたり、息子のときの肌着を洗濯したり、物置を整理したり、息子の写真を整理してアルバム作りをしたり、ぴんちゃんの超音波写真のアルバム作りをしたり・・・。
出産までに全部できるかしら。。

ぴんちゃんには、なるべくおなかの中でゆっくりしてもらって、心穏やかに出産を迎えたいとは思っているのですが、はてさて、どうなりますやら。。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

はっぴー ばーすでー

今日はパパの誕生日です。
わー、おめでとー。ケーキ2

月曜日だし、あと2週間となったわたしの勤務の残務盛りだくさんで平日は帰りが遅いしで、お祝いは簡素になりました。
パパリクエストメニューは「焼肉」。
(準備の手間がないのを選んでくれてありがとー。)
ささやかながら、生苺のロールケーキを買ってきました。
なんて、高カロリー!

でも、今日はいいのだ。
今日、2週間ぶりに検診に行ったら、体重は0、5キロしか増えてなかったのだ。
(ぴんちゃんは300グラムくらい増えてました。順調に育っております。)
明日からまた体重管理との日々。。
がんばらねば。

日曜日、お花のお稽古に行ったのですが、今回は春らしい色合いのお花がたくさんありました。
家に帰ってから、パパの誕生会用にと、四方見のテーブル花風に生けなおしてみました。
お花
このアレンジメントの中に、1本だけ水仙を入れてみましたが、いい香りをふりまいてくれています。存在感のある1本です。

さて。
パパのこの歳の目標は、
「ぴんちゃんのことはママに任せるとして、長男といっぱい遊び、体力を向上させる」
とのことでした。
ぜひとも実行していただきたく、拍手喝采いたしました。拍手

な、わけで、おたんじょうびおめでとうございます。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

お正月飾り展 開催中

先日、記事に書いた「お正月飾り展」が始まりました。

26日から始まっていたのですが、なかなか顔を出せず、昨日、お稽古でやっと今年のお正月飾り展に顔を出すことができました。 ちょうどその日の午前にわたしの作ったものが1つ売れたとのことで、ありがたいタイミングでした。 お稽古はお正月のお花でした。 帰ってから、期間限定の今だからこそもっと作りたくなり、夜中息子を寝かせてから起き、夜中の1時ごろからなんと朝の6時ごろまで作り続けてしまいました。 ああ。。 はまると、はまりきってしまうのがわたしみたいです。 で、午前中、パパと息子も誘って、お散歩かねて搬入です。 今回はこんなの作ってみました。
追加2 追加1

左側は、小さなりんごの一種をぽよんとたらしたくて作ってみました。 「姫りんごちゃん」というタイトルにしました。 右側がかなりの力作です。 たぶん今回のお正月飾り展で一番労力を使ったと思います。 これだけ労力を使ったので、お正月だけ飾ってもらったのではもったいないと考え、お米と南天の実以外は、普段でも飾れる雰囲気にしました。 タイトルはなかったのですが、とっさに思い浮かんだものにしました。 「いろんな実 まあるくおさめて」だったかな。 お正月飾り展は31日の夜まで開催中です。 我が家は明日からパパの実家に帰省です。 さて、どんなドラマが生まれるかは年明けに先生からお話を聞くのを楽しみにしています。 ◇
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ひさびさに・・・

あっという間に今年も終わりがすぐそこに近づいてきました。
わたしは、今日明日休みをとり、一足お先に年末年始の休業に入ってしまいました。
残務はあるのですが、休みをとりやすいときに体もゆっくりしたいと思いまして。。

今日は、午前中ゆっくり気味に過ごしました。
でも、テレビで「掃除や洗濯日和は今日限り」と聞いたので慌てて洗濯の第二ラウンドやいつもはしてない部屋の掃除などを行いました。
久々の平日休みです。

郵便局に行って息子の通帳を作り直したり、大掃除のグッズを薬局に買いに行ったりしているうちにあっという間に夕方になってしまいました。パパと息子が帰ってくるまでに夕飯の支度です。
久々に主婦らしき1日を体験しました。

夜、息子を寝かしつけた後、眠い目をこすりながらぐだぐだしていると、妹から電話が。
ここのところ連絡を取りたいと思いつつも時間がなかなか取れなかったので、久々にゆっくり話しました。用件はたいしたことなかったのですが、話してみると、ここのところいろいろあったようで、かなり密度の濃い電話になりました。
久々に1時間ぐらい話しました。
姉妹って、いいです。

最近のぴんちゃん情報
ここ2週間くらいでおなかが急激に大きくなった気がします。
(只今、7か月。明日から27週に入ります。)
胃の辺りが圧迫されているのか、膨満感が常にあります。
でも、チョコとか食べたいのです。
息子の母子手帳で同じ頃の体重を比べてみると、1キロくらいハイペースな感じでした。
やばい。。

だって、冬なんだもーん。
動くの億劫なんだもーん。
ケーキとかの時期だったんだもーん。
忘年会の季節だったんだもーん。
これから迎える年末年始も自制はきかないでしょう。
あと3か月、大きくなるおなか。
果たしてどんなことになるのでしょうか。。

おっと、ぴんちゃんというよりは、おなかの話になってしまいました。
ぴんちゃんは、とてもよく動きます。
ごにょごにょと胃のすぐ下辺りと足の付け根辺りで同時多発的に動きます。
きっと手と足なのでしょう。
息子を寝かしつけるときの読み聞かせの時に動きが激しくなるので、きっとぴんちゃんも聞いて参加しているのでしょう。
そろそろ音も聞こえる頃なので、語りかけももうちょっと心がけようかなと思っています。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

わたしのお正月飾り展にむけて

お花の教室に通っています。
今年は、一昨年に引き続き、「私のお正月飾り展」と称する、作品発表会兼即売会に参加する予定です。

息子を寝かしつけてから夜な夜なよなべ仕事で作品をいくつか仕上げました。
現在のところ6個の作品を作りました。

一度作り始めると、一つ作り終わるまでは作業を終われず、ウィークデーというのに、就寝が1時2時3時・・・ときには4時になることもありました。
まだあと1週間あります。
あと何個作れるかわかりませんが、今作れるだけ作って楽しみたいと思います。

こんなん作ってます。
              ↓
「上昇気流の野花」
作品4
びよよよよーんとした水引とドライにした野の花のコラボレーションです。

「飛躍の来光」
作品3
実家からもらった凝った水引を使ってみました。
こてこてのも作ってみたいと思って。

最新作でまだ無題
作品5
パパはこれが一番気に入っているようです。


「私のお正月飾り展」
日時   19年12月26日〜12月31日(11:00〜20:00)
場所   花の店野草 (文京区千石1−6−17) 
電話   03−5395−0548

6名の方たちが参加して、個性豊かなお正月飾り(と称するアート)が一同に会します
お近くにお住まいの方、お時間ありましたら、ぜひ一度覗いてみてくださーい。 
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

年賀状の季節

12月半ばを迎え、世の中はクリスマス&年末気分ですね。
わが家もそろそろ年賀状に向かわねば・・・と、重〜い腰を上げつつあります。

今日は三脚を準備し、家族3人で写真を撮りました。
構図をどうするか試し撮りをしたり、何枚か撮ってみたりしました。
息子は、割と集中して撮影会に参加しておりましたが、だんだんおもしろモード炸裂となり、カメラに近づいていったり、手にもっているものを落としてみたりしておりました。
家族3人が納得の表情で写真に納まるのは、なかなか大変なもので結構な枚数を撮りました。
これで写真は何とかなりそうです。

これから、加工→プリンターのご機嫌伺いと大変なことも続きます。
電脳部長のパパを主軸にがんばっていきたいと思います。

あっという間に年末で、やることいろいろ予定もいろいろで大変ですが、がんばってお年越しせねばと思います。

【追伸】
季節柄でしょうか。
息子は最近、また「かさじぞう」がブームです。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

プチピンチ

仕事を早めに切り上げ、うちに帰ってみると、2階にばあたんの姿がない。
ごはんの準備はしてある模様。
寝泊りしている部屋で布団に横になっているところを発見。
聞くと、調子が悪く、臥せっているとのこと。

息子を迎えに行くと、元気そうな表情をしているものの、鼻水たらーんで咳をしている。
夕方熱が37度8分あったとのこと。
ぴーんち。

元気なの、わたしだけ???
仕事では、明後日大きな行事を控えているので、明日あさってが休めません。
明日の朝、どちらかでも元気になっていますように!

夜、近所の薬局に子ども用の風邪シロップを買いに行きました。
息子は大喜びで飲んでいました。
さあ、効いてくださいよー!
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

しみじみと

パパが金曜日の夜に出かけて、丸二日がたちました。
わたしが息子と2人で帰省している時に離れていることはありましたが、それはわたしたちにとっては特別な状況なわけで、こちらがいつもの暮らしの中なのに、パパだけいないというのは、今回が初めてです。

しかも、今回は海外なのでパパと言葉を交わせません。
いつもなら、遠く離れても、電話やメールという手段でやり取りができますが、国際電話するほどでもないし、この数日は何もコミュニケーションなしです。
こんなことは、海外出張の多いご家庭やら、午前様の多いご家庭では日常のうちだと思いますが、うちの場合、パパが家にいる率が高いので、今のこの状況というのが結構特殊な気がして、なんかちょっと不安が生まれます。

今まで言葉が通じていて、意思疎通ができていたのに、期間限定とはいえ何も言葉を交わせないという状況。
これは、何に似ているのだろうと思い起こしてみると、数年前、わたしの父が亡くなったときを思い出してしまいました。
身近な人を亡くして、何が一番こたえたって・・・言葉が通じないことです。
感謝の思いも、お詫びの気持ちも、ささいな心の動きも、いくつかの疑問も・・・伝えられない。返事も聞けない。

こんなこと書いてすみません。
本人は楽しんでいるだけなのに、こんな大きなことを書くのもどうかと思ったのですが、なんだかちょっとしみじみ考えてしまったのです。

日ごろ、当たり前なこと、「ふつう」こそ、すばらしいこと。
いや、別に今の状況も「ふつう」のうちなんですけどね。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(5) | trackbacks(0)| |
page top

ブログ3年目に突入

今日のブログでこのブログは3年目に入った模様です。
ハワイに旅立ったパパが話題だけ書き残していました。

丸2年ということは365×2=730回書いたことになります。
懐かしい第1回の記事はこちら

うちの場合、夫婦で書いていこうと始めたブログでしたが、どんどんパパの執筆率が高くなり、読んでいる人もきっと「パパの育児ブログ」だと思っているんだろうなあと思います。
まあ、それも一興。
今後も楽しみながら続けていきたいと思います。

息子は、パパのいない週末初日、ばあたんとお団子作りなどをし、楽しみました。
お団子を丸める時に、つい力が入ってしまって、つぶしまくってました。
家で粘土遊びとかしてないもんなー。
でも、こねるのはとても楽しかったようで、はりきって作って、きな粉をまぶして食べてました。おなかぽんぽこりんです。

今のところ、パパを恋しがる風情はありません。
時々、「一二の三、ぴょん(両手をもってもらいジャンプし、肩に乗る。)はできないんだよね。」などと、パパでなくてはできないことを確認するくらいです。

今頃パパは、1人の時間を満喫し、ビーチで読書でもしているのでしょうか。。
それとも、ホノルルマラソンの下見を自転車でしているのでしょうか。。
いいなー。 
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

保護者面談

今日は、保育園の面談に行ってきました。
息子の様子を聞いたり、心配していることを尋ねたりしました。

息子は、言葉の力も随分伸びて、すくすくと育っていました。
先生がおっしゃるには、「ごらくどうちゃんってまじめなタイプだよねぇ」とのこと。
悪いことをしても、悪いことをしたと自覚し、怒られるのは観念しているそうです。
初めての場所や出来事には、二の足をふみがちだけど、一歩踏み出すと後は心配ないとのこと。

昨年の今頃の面談では、梯子みたいなのを渡れないなど運動面のことをいわれていたのですが、今年は、夜の散歩の頃から運動能力も伸びたとのことで、敏捷性も出てきたとのことでした。
よかったよかった。

保育園でも電車遊びが好きで、レールを丸くつなげる係を先生から任命されているようです。そうすると、一方通行でけんかなく電車遊びができるとのこと。

そんな息子について、先生が今気になること。
・立っておしっこに抵抗を示している。
 (ご家庭でも練習してくださいと言われたけど、洋式で練習するのかしら・・・?)
・ほっぺなど友だちのお顔をさわりに行くことが(本人は親愛の情を示している)、トラブルの元になることもあること。
だそうです。
ほっぺさわりが大好きな息子ですが、
「大人にはいいけど、お友だちにはやめてね」と、さっそく話しました。

お迎え間際の夕暮れの時間、小さい子と合流したり、正規の先生の数が減ったりするときに、ついトラブルがおきがちとのこと。
友だちに手を出した時などは、遠慮なくお知らせくださいと話しました。

面談後のおやつの時間は、物陰から見つからないように参観させてもらいました。
息子は、早くも起きていて、真っ先に席に着き、友だちと談笑。
その後食べ終わるのも真っ先で、終わったら一目散に電車遊びコーナーに行きました。
もくもくとレールをつなげて遊んでました。
きっと毎日、こんな感じで楽しんでいるのでしょう。

今日もまた保育園生活を垣間見られて、おもしろかったー。
最近、息子の級友たち(?)と仲良くなって、お迎えの時にも子どもたちが笑顔で話しかけてくれるのがとってもうれしくて楽しくて・・・という感じです。
親子共に保育園ライフを楽しんでおります。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

お絵かき

先週のことですが。
保育園でお買い物ごっこをするので、紙袋を用意してほしいと頼まれました。
うちにあったのが、ちょうど白い紙袋だったので、クレヨンで絵を描こうということになりました。
息子はいつものように、クレヨンを持って、
「♪丸描いて〜 めめ描いて〜 お鼻描いて〜 口描いて〜 耳描いて〜 髪描いて〜 」
と、自分のお顔を描き上げました。

いつもなら、これで終わりのところ、今回は違いました。
「あっ、足ないじゃん!」
息子が言い、顔から足が生えました。
人生で初めて、足を描いたと思います。
「あれ? 手は?」
これは、わたしが誘導しました。
しかし、自分の体のイメージをもって、少し進歩した絵を描いたことに、発達段階がまた一つ上がったことを感じました。

その後、息子は「まつ毛もないねえ」と言い、瞳も描きました。
瞳があるということも大事な発達ポイントです。

仕事で、子どもたちの自画像を簡単に点数化し、何歳何ヶ月程度の絵かを出すこともしているので(グッドイナフ人物画知能検査による)、試しに息子の絵も照らし合わせてみました。
これで、4歳程度の絵になるようです。
お絵かきその1
さらに、お絵かきに興がのり、らくがき帳に線路を描き始めました。
なんと、線路に縦線と横線が出てきました!
今まではただのぐにゃぐにゃ線だったのに。
お絵かきその2
発達段階としては、ぐにゃぐにゃ線→丸→横線→縦線→斜め線と出てくるんだったかな。
何にしろ、混沌としていた絵が少しずつそれらしくなったことに喜びを感じます。

青い色が好きなだけあって、青いクレヨンばっかり使ってるなー。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

実りの秋

昨日は、土曜出勤の後、急いで帰宅し、お花に行ってきました。
楽しみな時間です。
一度家に帰ると、パパと息子はぐっすりお昼寝中でした。
息子は、遊びながら、ことんと寝たという感じでした。

さて。
今回のお花はお正月飾りにも使えるようにと、実がたくさん入っていました。
いろんな実がとてもかわいくて、わくわく。
しかし、たわわに実った実は、生けるには重くて大変でした。
他の茎にワイヤーで固定したり、継ぎ足したりして、生けきりました。
今回は、前回よりも難しかったー。

千日紅と、ナンキンハゼの実のコンビネーション 左隅に野ぶどうの実も。
実1
ポロリと落ちてしまった実も、机の上で即興作品。
実2
今回も満喫でした。
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

ひとことの重み

ここのところ、先輩から言われた一言に敏感です。
特にぴんちゃんのことに関して。

仕事上、発達障害の子どもの見立てや支援のプロみたいな人とご一緒しています。
先日、主張先でたまたまバスで隣りの席になり、こんな会話をしました。
プロ「安定期に入った?」
わたし「はい。順調です。この仕事をしていると、胎児期からの環境がいかに大事か考えさせられます。」
プロ「そうだね、リスクは少しでも少ない方がいいからね。何がリスクになるかわからないしね。」
わたしは、内心おだやかではありませんでした。
だって、その時点で毎日最寄り駅までの行き帰りを自転車で行っていたからです。
うしろめた〜い!
その日から、即、自転車は封印することにしました。

先日、職場でのこと。
久しぶりに会った同僚(大先輩)が、おなかをなでて一言。
「大きくなってきたわねぇ。もう腹帯してるの?」
「いえ、雨続きでまだ洗濯ができてなくて・・・。」
「した方がいいわよ。絶対。」
その日の夜から即、腹帯をしました。

なんて素直なわたし。。
というか、2人目で順調に育っているぴんちゃんに油断していたのかも。
だから、一言が心に響くのかもしれません。

そういえば、こんな一言も心に残っています。
うちの母が上京してきたときのこと。
初日、わたしは頭痛で調子がとても悪かったのですが、その様子を見た母が一言。
「顔がきつくなったわ〜。次も男じゃない?」
まだ検診では判明しておりませんが、その方向で心の準備を始めたいと思います。
(でも、体調の悪さからじゃないのかなー。)

妊娠中は・・・いえ、そうでなくても! 
一言にすぐ影響を受けるわたしです。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

子どもの本大量購入!!

先週末、神保町にてブックフェスティバルがひらかれました。
年に一度のブックフェスティバル。
わが家は、3年前から楽しみに通っています。

楽しみの醍醐味は、なんといっても子どもの本!
小学館前で新しい本(多少傷汚れアリ・・・でも全然気になりません。)を半額で売っています。
まとめ買いをしたり、交渉次第したりすることでもっと安くなるので、お目当ての本が出ていれば、うれしい企画です。

今年は、土曜日が台風の影響で雨だったので、日曜日はお客さんも多く大盛況でした。
人混みをかきわけながら覗いてみると、ざっくざくお宝本があります。
土曜日が雨だったからでしょう。

福音館・童心社では、まとめ買いしました。
どちらもご近所の児童書出版社です。

【福音館】
しっぽのひみつ
どこでおひるねしようかな
しゅっぱつしんこう!
チンチンでんしゃのはしるまち
(4冊で1300円!)

【童心社】
くれよんのくろくん
くろくんとふしぎなともだち
14ひきのとんぼいけ
14ひきのやまいも
さつまのおいも
がらがらでんしゃ(紙芝居)
(6冊?で3000円!交渉したので、どれも半額以下にしてくれました。)

【文溪堂】
バムとケロのにちようび
(半額な上に、缶バッチ2つと絵葉書が付いてきた!)

こんな感じで大豊作でした!
息子も帰ってきて大喜び!
帰って戦利品を広げると、あれこれ引っ張り出し、カバーはずして熟読しておりました。
本好きだけれど、なかなか定価で絵本を買わない我が家にとっては、年に一度のこのイベントは何よりの楽しみです。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

検診物語 5か月

3週間ぶりに検診に行ってきました。

ずっと近所の婦人科で見てもらっていましたが、今回は紹介状をいただき、出産予定の病院へ行きました。

出産病院はとっても迷いましたが、結局、上の子と同じ病院にすることにしました。
息子のときは、5か月で切迫流産と診断され、安静にしていたので、そういうカルテが残っているのも安心だったし、助産師外来があることや、立会い出産ができること、予算面でも高からず、安からずというところがその理由です。
一番大きなきっかけは、毎回検診の度にエコーを録画してくれることです。前回の検診の時、ふと、息子のビデオは生まれる前からあって、ぴんちゃんのはないとなると、格差が広がるのではと考え始めたら、いてもたってもいられなくなってしまったのです。

近所の婦人科でも超ベテランの男性の先生でしたが、今回の病院も、わたしの都合のいい日担当はベテランの男の先生です。
どちらも、ベテランということでか、経産婦ということでか、淡々と診療が進んでいく感じがします。
超音波ももっと説明してほしかったり、不安も少なからずあるのになあ。。
そのせいか、ぴんちゃんは淡々と、毎回何の問題もなく、生命力たっぷりに大きくなっている気がします。

今日も検診はすべて順調でした。
性別は、次回の検診くらいになるとはっきりわかるのではないかということでした。
心音も聞きました。
いい拍動が聞こえてきました。
もちろん、ビデオもいただきました。
今度からこれを持っていくと、連続して撮ってもらえます。

わたしが今日、一番心に残ったのは、息子出産時の記録(カルテ)です。
出産の経過が端的にまとめてあったのですが、端的ながらも、的確でした。しかも、最後に「夫とともに、喜びの対面。」と締めくくられており、なんだか思い出しちゃって、うるうるしました。
息子の胎児期の超音波写真もくっついてて、現実にもう出てきている息子のことを思うと不思議な気持ちになりました。

・・・!
な、わけで、どうも2人目は、淡々といきがちです。
いかんっ!
と、思っております。
思っていますが、つい。。
こうやって、2人目って胎児期からわきまえて生きていくのでしょうか。
ごめんね、ぴんちゃん。
ママ、初心に戻ってがんばるよー。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(9) | trackbacks(0)| |
page top

きんもくせい2

わたしは、においに敏感です。
鼻の形は丸くてあまりいいとは言えませんが、鼻はよく利きます。

処理したはずの生ゴミの匂いが漂っていると、犬のようにかぎまわります。
雨上がりの匂いとか、夏の夜の匂いとか、「これ」と特定できないものの匂いをかぐのも好きです。

なので、もちろんキンモクセイの香りはすぐにわかります。
秋が来たなと感じ、秋のさみしさを忘れさせてくれるようなところがあって、好きです。キンモクセイの香りがすると、近くをきょろきょろして香りの元を探します。
わたしの実家の庭にも、大きなキンモクセイの木があって、この時期、夕暮れに帰ってきたわたしを甘い香りで迎えてくれていました。
郷愁の香りでもあります。

最近、お風呂上がりに換気のために窓を開けると、どこからともなくキンモクセイの香りが入り込んできます。お風呂の窓近辺の外にはどこにもキンモクセイの木なんてないのに。
不思議だなあと思いながら、小さな幸せを感じます。

他に沈丁花の花の香りや、すずらんの香り、水仙の香りにも幸せを感じます。

キンモクセイの香りが苦手だという人がいるということは、とても信じられませんでした。もったいないなあ。
その方は、百合の香りとかもいやなんだろうなあ。。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

・・・あけてきた!

8月に上旬から続いていたつわりが、収束の模様です。
は〜。長かった。。

今回のつわりについては、結局傾向がつかめないままでしたが、前にブログに書いた感じ(その1 その2)のままでした。
吐くことは一度もないままでしたが、食べたり、作ったりするのがとにかく苦痛でした。

今は、食べられるようになってきました!
作れるようにもなってきました!
最近のぴんちゃんは、和食や柑橘系が好きみたいです。
パン食や焼肉などのこってり系はちょっと遠慮してるみたい。
(ただ単にわたしが食傷気味なだけかしら。。)

しかし、つわりが終わってしまうと、おなかもまだそんなに目立たないので、本当にぴんちゃんはいるのだろうか、元気なのだろうかと不安にもなってきます。
次は、早く胎動を感じたいものです。

5か月に入ったところ。
最近のわたしの関心事は、睡眠と便秘です。

とにかく、ねむい!
昼間は支障なく仕事できていますが、夕方近くには疲れて目がかすんできます。
息子のねかしつけで、100%一緒に夢の中へいってしまい、もどってくることはできません。おかげで、毎日9時台には寝て、朝までコースです。
ざっと9時間は寝てます。
ブログを書くことはもちろん、読むこともままならない日々です。
(コメントの返事が遅くなりまして、みなさんどうもすみません。)
DVDも録画した映画もたまっていて、見れてません。
見たい気持ちはいっぱーいあるのだけど。。
今日は、すごーく気合いを入れて起きました。
やっとこうしてブログを書くことができています。

便秘・・・。
妊婦にはつきものですが、やはりつらい。
一度5日間、お通じがなかった時は、本当に苦しかった・・・。
検診の時に相談もしてみたのですが、薬を出してもらうまでには至らず、なんとか食生活改善でがんばろうということになりました。
しかし、先週も4日間お通じがなく、悩ましい日々が続きました。
仕事をしていると、朝もばたばたで、ゆっくりトイレに入ることができません。
今は、みかんや繊維質のものを含んだ食品をとるように心がけているところです。
奮闘は続きます。
がんばります。。

という感じの妊婦生活です。
秋冬のマタニティ服、あったかそうで、しあわせそうで、早く着たーい。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

へんななまえシリーズ

わたしのおなかの中の胎児ちゃんに息子が「ピンちゃん」という名前を付けたことは、このブログでもお伝えしたとおりです。

最近、息子の造語がたくさんあります。
例えば・・・
「ぼんぼん」(数字の8のこと)
「ちゅうせいせん」(独自に作った電車の名前)
という感じです。

次のものは、意味がいろいろに使われるので、いまいち傾向がつかめませんが、最近よく出てきます。

「ぷねらし」(いろいろに使われる。)
「ひんぴんちゃん」(たぶん人名)
「さいんちゃん」(これもたぶん人名)

保育園の帰りなどに
「今日、誰と遊んだ?」などと聞くと、出てくるのが上の造語たちです。
まったくもって意味わからん話になります。

うちの妹が結構な造語大臣なのですが、その血筋でしょうか。。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

ひとりの夜

今日、わが家は、わたし一人です。
なぜかって?

明日、休日出勤なのです。
パパは一人で一日(早朝から午後9時前くらいまで)息子をみることが大変なので、2人で実家へ行ってしまいました。ポロリ
今まで仕事で泊まりがけで出かけたことはありましたが、わが家に夜一人というのは、初です。

5時ごろ出て行った二人とともに家を出ました。
お別れのせつなかったこと!
息子は大好きな高崎線に乗れることと、じいじとばあばのおうちに行くことで頭がいっぱいであっさりとしたものでした。
気を取り直し、あらかじめ予約を入れておいた美容院に行きました。
結構思い切って切りましたが、かなり満足です。

その後、後楽園へ行きました。
マタニティ服を買うためです。
まだ普段の服でもいけますが、だんだんおなかが苦しくなってきたので、準備をと思ったのです。
息子は夏生まれ。
ぴんちゃんは、春先生まれということで、前回のマタニティ服がどこまで使えるものやら。。

9時頃帰宅し、遅い夕食。
これからお風呂入って、何しよう?
明日は早起きだから、無理はできないなあ。。
いつもと違う部屋で寝てみようかなとか、買ってきた新しいCD聴きながら読書しようかなとか、DVD見るかなとか考え中です。

追伸:パパよりメールあり。息子、全然母を求めぬままに現在寝かし中とのこと。。
   うれしいやら、さみしいやら。。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

好きな季節は?

「好きな季節は?」
と聞かれたら、どの季節を挙げますか?

うちの夫はまちがいなく夏を挙げると思います。
冬生まれなのに寒さには弱く、暑さはどんだけでもおかまいなしです。
むしろ暑いほうがエネルギー満ちてくるところもあります。
(ためしに今、質問してみたら、
「夏。暑いの楽しいじゃん。」という返答。やはり。。)

わたしはずっと5月頃の初夏が好きでした。
新緑が目にまぶしく、草花たちがいきいきした季節!
だんだんあたたかくなって、活動的になる季節です。
だから、まあ、大まかなカテゴリーとしては、春が好きなんだなって思ってました。
(このブログにも以前「春の海に行きたい」と書いてました。)

でも、最近、どうも好みが変わってきた気がします。
歳のせいでしょうか。
秋が好きになってきたみたいです。

たとえば、9月。
台風、ウエルカム!
大好き。
十五夜、ワンダフル!
月、大好き。
ススキとのコラボレーションなんて最高!
9月の雨。
夏の熱帯から、しっとりした雰囲気に変えてくれる雨。
心が落ち着きます。
という感じ。
空が高く感じられて、雲がいろんな形に動くのもおもしろいし。

それで、秋の夕暮れから夜って、独特のにおいがするんです。
都心ではあまり感じないのだけど、最近、職場がちょっと郊外になったので、仕事帰りにふと感じます。
で、思いをはせるのが、湘南江ノ電あたりと中央線沿線。
中央線沿線は、大学時代を過ごした辺りで、大学時代って、この時期秋休みで、なんかのんびりお花の教室に行ったり、自転車で遠出したりしてたなあ・・・なんて。
そんなわけで、最近、帰りの電車の中でおもむろに手帳とか開いて、お出かけできないかなあと考えてみたり、とりとめのない思いを言葉にして書きつけてみたりしています。

夜がだんだん長くなっていくこと。
前は、暮れるのが早くなるって、なんか寂しくていやだったけど、最近、夜長っていいじゃんって思えます。
秋の夜長。
「DVD見たい!」
(息子と一緒に就寝しちゃうので、見ることないけど。)
「なんか創作意欲かき立てられる!」
(実際にはなにもつくり出していないのだけど。)
ってな感じで、わくわく感だけ味わってます。

どんぐりとか、木の実に惹かれます。
自分の身体にもいのちが宿っているからでしょうか。
花のあとのしっかりした実に魅力を感じます。
出かける先で、木の実やら枝やら拾っては、持って帰ってます。
たいがい袋の中や玄関に置きっぱなしになってしまいますが、なんか拾わずにいられません。

そんなわけで、「秋って好きかも。」を満喫している今日この頃です。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

第二子 妊婦生活 〜つわり編〜その1

というわけで、つわり期からまだ抜け出せずにいます。
昨日のお昼は、準備されたもののうち、ぶどうと牛乳しか食べられず、
今日のお昼は、同じく具沢山おみそ汁と牛乳少々しか食べられず、
夕方には空腹になってしまいました。
料理をするということは、まだ考えられません。。

一人目の時のつわりとの違いをまとめてみます。

【1人目】
・朝食がご飯食からパン食になった。
・おみそ汁は一切ダメ。
・魚系は受け付けず。
・マックポテトが食べたくなった。
・朝、歯磨きの後に吐くこと数回。起きたてで胃液のみを吐いたことも。
・スイカが好きになった。(つわりじゃなくて後期だけど。)

【今回】
・素材そのものの味がダメ。
・料理をするときには、一品につき3度の休憩を要する。
・野菜の煮物や具沢山のおみそ汁が好き。
・ご飯に梅干も好き。
・大豆製品、肉は遠慮したい。
・まだ吐いたことはない。
・量が食べられなくなった。

というようなところです。
うーん。。今回のほうが軽いのかなあ。。
一人目の時は、つらくても、大人2人の生活だったから、料理しなくちゃいけないっていう気持ちがあまりなかったけど、今回はここがちょっとつらい気もします。
時期的にはもうすぐつわり期を脱すると思われますが、そしたら体重コントロールとの戦いにがんばりたいと思います。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

見苦しいですが・・・

お見苦しい写真で恐縮です。
うちのパパの足は、なんだかこんな感じです。
足全体
なんでこんなに内出血(?)してるんでしょうねぇ。
よーく見ると顔がありました。
だるまチックです。
足の顔
どうってことないですが、これでおしまいです。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ご報告します

この夏は、とても暑かったですね。
わたしもぐったり気味で調子の悪い日が続きました。
夏バテのせいばかりではありません。

ご報告します。
妊娠しました!
現在、妊娠3か月です。
来年の春には、誕生の予定です。

そんなわけで、お盆の帰省の時もぐったりしてごろごろして、写真を撮る方には回れても写真に写ることもできず、このごろはごろごろしながらもできることをと思い、読書熱が高まり、パパがラグビーに行っている日は、息子とごろごろ・・・だったわけです。

只今、つわり真っ只中。
今回は、傾向がイマイチつかめません。
梅干やグレープフルーツはいけます。
だめなのが、素材そのものの味。
生のトマトとか、きゅうりとか、冷奴とか。
だから、食事を作るのが苦痛で仕方ありません。
一品作るのに、3回くらい休憩しないと作れないような状況でして。
ますますパパの家事率が高まっているごらく堂一家でございます。

昨日は、深川に行ったついでに、半蔵門線から一駅乗って水天宮に行ってきました。
なーんにも考えずに行ったら、土曜日と戌の日が重なってすごい人出でした。水天宮参拝のために並んでいたら、なんとなんと和泉元彌の母がいました。
戌の日の祈願に並ぶ娘さんらしき人に指示を与えてました。
お化粧といい、服装といい、やはり目を惹いてしまういでたちでした。

今は、家の近所の婦人科に検診に行っています。
お産はできないので、今、産むところを考えているところです。
息子を産んだところでもいいかなと思ったり、でも、もっといいところがないかなと思ったり。これから情報収集して決めたいと思います。

明日、2週間ぶりの検診です。
元気にすくすく育ってますように。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]妊娠・出産 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

この夏嬉しかったこと

7月にご報告していたこの記事

応募した詩が入選を果たしたという話ですが、7月後半からの1か月の展示期間を終えました。作品はポスター仕立てで展示してあったのですが、実名入りだったので、紹介は控えていました。展示期間の終わった今、ちょっとだけご紹介させていただきます。

こんな感じのポスターに仕上がってました。
すきまの時間
ママの仕事と、社会人としての仕事と、その合間の自分・・・みたいな詩です。
昨年は丸の内線&日比谷線で通勤していたのですが、ある日の夕暮れ、丸の内線の車内から見た夕暮れのラクーア周辺のライトアップがとても心に残ったのです。
見慣れた風景なのに、異世界に見えたというか。
それを詩にしてみました。
こんな詩です。

  す・き・ま・の時間

 銀座から乗った丸ノ内線が 
 街の下をくぐりぬけ
 再び地上へ出て行く頃
 街は夕焼けから夕闇へ

 うちに帰れば ママになり
 職場に行けば 社会人
 仕事に復帰したての日々は
 あやういほどに はりつめて

 丸ノ内線は 地上に出る
 街はぼんやり夢の色
 きらめく 観覧車 コースターのレール
 ふいに広がった おとぎの世界

 あたたかな想いに ほころんだ
 つかの間の わたしの時間

このポスターを3枚いただいたので、1枚は実家へ。あと2枚がうちにあります。せっかくだから、額でも買って飾っておこうかなと思っています。あと1枚は永久保存版かな。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

3度目の正直

どうも。最近、すっかりご無沙汰気味の妻です。
まあ、わけがありまして。。
それはまた今度お話書かせていただくとして・・・

本日、保育参観に行きました!
今まで2回、息子の発熱により流れていましたが、やっと今日、念願叶ってうれしいです。
しかし、こんな日に限って、生憎のお天気。
プールは見られないかと思っていましたが、温水シャワー&水遊びが見られ、よかったです。9時半頃から11時半頃までじっくり参観してきました。

参観スタイルは以前同様、エプロン、三角巾、マスクを装着し、隣の部屋の窓に取り付けられたスズランテープのピラピラの間からのぞきます。
かなりあやしいのですが、やむを得ません。
ばれてしまっては、普段どおりの姿など見えないからです。

息子は、室内では終始プラレールで遊び、マイワールドに入ってました。
電車をながーくつなげて、これまたながーく一本道につなげたレールの上をひたすら走らせてました。後半、友だちと絡みがありましたが、それはそれで楽しそうでした。

2歳児クラスの子どもたちは、早くもそれぞれの個性が出ていて、見ていてほんとおもしろかったです。いろんなお子さんがいる中で、うちのは、どうもあまり目立つタイプではないらしく、トラブルにも巻き込まれず、もくもくと遊んでました。
周りには同じタイプのお子さんがいて、これまたもくもくと遊んでいておだやかなかんじでした。
もっと派手にやらかしているのかと思ったけど、これはちょっと違いました。

プールでは、中に入るよりも、バケツに水を汲んであっちのプール、こっちのプールと水をじゃばじゃば移動させるのがお好みのようで、先生のズボンにもこっそりかけてたり、友だちの頭にもかけたりしてました。(悪事見たり!)
ちなみに、水をかけた相手、1人目は先生に言いつけられて注意されましたが、2人目の子は全然気にせず遊びを続けていたため、息子はニヤニヤしながら何度か水をかけてました。ママ、見ちゃったもんねぇ。

その後は、給食。
「牛乳くださーい!」
「おかずくださーい!」
と、大きな声を出し、催促してました。
あくびしながら。
いっぱい遊んで眠いし、はらぺこだったのでしょう。

いや、おもしろかったです。
しかし、保育園の先生には頭が下がります。
まだまだ物のどおりがわからない子どもたちを20人近くも抱えて、時間通りに行動させる技術はすごい!
みんなに着替えをさせるのも、全員のおしりや頭を水遊び前に石鹸つけて洗ってくれるのも、大変な労力だろうなと思いました。
わけわかんない喧嘩の仲裁もあるし。
大感謝!でした。

いつもは見られない息子の日常が見られ、ありがたい日でした。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

大きくなったらやりたいこと

今日は、出張で上京していた地元の友だちと新宿で夕食を食べて帰りました。
なんと、内容は違えど、同じ場所に出張だったわたしたちです。

で、最寄の山手線の駅に着いたら、なんと、息子とパパが電車を見に来てました。ホームから手を振ると、気付いて手を振ってくれました。
おもしろーい。

夜寝る前、息子に「大きくなったら、どんなことしたい?」と尋ねました。
すると、返ってきた答えはこんなのでした。

「パパみたいに自転車に乗りたい。」
(大きい自転車をこぎたいらしいです。)

――他には?
「ベビーカー押したい。」
(ぜひ、弟か妹のベビーカーを押してください。)

――他には?
「ほさかさん(小児科の先生)みたいに、お口アーンする。」
(あれだけお口アーンがいやで泣いてたのに憧れてたのかい。。)

――まだある?
「じいじとばあばと、パパみたいに車に乗って、ハンドルこうやるの。(と言ってハンドルを回すジェスチャーをする。)」
――運転したいってこと?
「うん。」
――いいね、いいねぇ。そしたら、ママも乗せてくれる?
「いいよ。前に?そしたら、じいじはどこに乗る?」
(前回の旅でじいじが前に座っていたことをよく覚えていたようです。)

てなかんじで、息子の将来の夢は広がっているようです。
なんか、遠い未来のことだけど、話してるとわくわくしてきます。
未来が広がってるのって、いいなあ。

・・・しかし、会話の中で「ママみたいに」って、出てこないのはなぜでしょ? なんとなく自分とママとは性別が違うというか、大きくなった時の姿が異なりそうだぞって感じてるのかしら。それならいいんだけど、憧れられてないだけだったら・・・悲しいわ。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

またもや・・・

今日は、わたし、健康診断の予定でした。
予定でした。
はい、また過去形。

息子、またもや発熱です。
ゆうべ寝ているときから体が熱かったのですが、今朝、37,8度。
無理して保育園に行かせて週末からのふるさと行脚に支障が出てもいかんと思い、今日はお休みをとることにしました。
健康診断は、月末に変更です。

それにしても、ほんとピンポイントでわたしの融通のきく日に発熱する息子。
見事です。
今回も束の間の1人の時間などはなく・・・1日息子とくっついてごろごろして過ごしました。息子の期限がよかったのが幸いです。

明日は元気になってくれますよーに!

下の写真は、ちょっと前、息子がお風呂の壁に書いた絵です。
左下一番大きいのがパパ、そのとなりが息子、その右上がトトロ、その横がメイちゃん、右下でげっそりひっそりいるのがママだそうです。
画伯
パパが一番楽しそうで、のびやかですね。
やっと顔らしきものが少しかけるようになって来た息子です。
まだ手の巧緻性は未発達なので、一番に描いたパパが一番形が取れたのでしょう。
決してココに描かれているようにママが萎縮しているわけではないです。念のため。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

第3者への呼び方

とある事情で保育園から職場に電話がかかってきました。
その中で「パパと相談してもう一度電話したい。」と言いたい状況になりました。

相手は、保育園の先生。
わたしの目の前には、電話を取り次いだ職場の上司。
「パパと相談して・・・」でもいいかもしれないけど、大人同士の会話に「パパ」呼ばわりもどうかと思う。ましてや、こちらは職場。絶対これは違うなあと思いました。

次に、頭に浮かんだのが「主人と相談して…」という言葉。
でも、これって、差別発言的というか、男尊女卑的言葉というか、こだわる人はこだわるということで、わたしも便乗して、「主人」「旦那」という言葉は普段から使ってないので、とっさに口にすることは、難しい。はずかしくなっちゃう。なので、これも使いませんでした。

で、結局言ったのが、「父親と相談して・・・」の言葉。
息子から見た立場で、「パパ」より公的な言葉にしてみたのですが、使ってみるとすごーく違和感。堅すぎる!
なのに、2回も言っちゃった!

というわけで、今日は職場から帰る道々、「なんと言えばよかったのだろう?」と考えてやみません。
今も、まだ結論が出ません。
一応、「夫と相談して・・・」が無難だったのかなと思うのですが。

そんなわけで、どうでもいいかもしれないけど、常識を疑われるようなことのないよう対応したいがために悩むごらく堂(妻)でした。

ちなみに、うちの夫婦は第三者に相手のことを伝える時
夫:「妻」「うちのやつ」「かみさん」などを使うそうです。
妻:「夫」・・・が一番多いなあ。

みなさんのお宅では、どんなかんじなんでしょう?
こういうときは、なんて言ったらいいのかなあ? 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

親孝行なのか親不孝なのか・・・

今日は、楽しみにしていた平日休み♪
平日のお休みは、年に数回しかありません。この機会を利用し、息子の保育園の参観を申し込み、遊びやプールでの姿を見まくろう!と楽しみにしていました。
「楽しみにしていました」・・・そうなのです。過去形。

朝、起きてみると息子の体が熱い。
プールは、無理か・・・でも、そのほかのところで元気な様子が見られたら、と思ったのも束の間。体温を測ってみると、ぐんぐん上がって38.2度。
これは、保育園行き自体を断念せねばなりません。
泣けてくるぅ。。

実は、6月にも平日休みが1日あり、美容院行きとかなんとか予定を入れてました。
そしたら、そのときも熱を出したんです。息子。
というわけで、今回も保育園をお休みして2人でのんびりと過ごしました。
おうちの外はすさまじい暑さのようだったので、おうちの中であっちの部屋、こっちの部屋行って過ごしました。

積み木やお絵かきにも普段ないくらい集中して取り組みました。
おかげでこんな大作もできました。
「新幹線がいっぱい荷物を積んでるところ」らしいです。
新幹線
わりとおだやかに過ごしましたが、夕方病院に連れて行くときはひと悶着ありました。
説得に応じてくれ、病院まで泣かずに行き、ちゃんと診察を受けることもできました。

さて、本日のブログの題名です。
わたしが無理してやすまなくてもいい平日めがけて熱を出す息子は、親孝行? それとも、期待を裏切る親不孝者?
どっちにしても、早く元気になってほしいと願ってやみません。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

おもしろい言葉

息子のおもしろい言葉シリーズ

ソファに座って
息子「パパぁ〜。ぼくねぇ、デラックスしてるの〜。」
父 「リラックスだろ。」

お風呂の中で
息子「もし〜・・・ねむくなったら〜・・・よしよししてね。」
母 「・・・! もちろん!」
(初めて出てきた文型「もし〜なら、〜。」でした。
 ちょー考えながら、使ってみたようです。)

日々進化する子どもの言葉がとってもおもしろいと思います。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

こころみ

詩のようなものを書き、とある公募に応募していました。
5月の終わりのころです。
童話みたいなものを書いて応募したことは、人生で2,3回ありますが、詩は初めてです。

待てど暮らせど結果が来ず、入賞になった人の作品がHPに載せられ始めました。
「だめだったか〜。」と諦めの境地に入った頃、郵便が届きました。
書留!
期待が高まります。
その日は不在で受け取れず、次の日に望みを託します。

結果・・・
入選しました!
わーいわーい!てれちゃう
部屋中をかけ回って跳ねまくりました。
(母の謎の行動を、息子は目を見開いて物も言えずに見ておりました。。)

上位作品は、ポスターになって電車に貼られるのですが、そこには入れず。
でも、初めての試みがちょっぴりでも認められ、うれしいです。
作品は、次の場所で日の目を見ることができます。

期間 7月19日から1か月
場所 東京メトロ日本橋駅構内
   メトロ芸術文化展にて

機会があれば、お立ち寄りくださいませ。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

「こ」を覚えた?

・・・みたいなのです!
おもしろい。

息子の名前にも「こ」がつきます。
保育園に持って行くものに記名していると、必ず寄ってきて「『ごらくどう(息子の名前)』って書いてるの?」と尋ねていました。

先日、夕涼み会でもらったうちわには、あらかじめ園児の名前が書いてあるのですが、それを見て「『ごらくどう(息子の名前)』って書いてるの?」と尋ねてきました。
文字=名前と思っている節はありますが、おもしろいと思い、形に注目させて、覚えやすそうな「こ」を教えてみました。
で、本のタイトルを見せて「『こ』はどれでしょう。」なんてやってみたら、わかったみたい。

何日かたって聞いたら曖昧になっていたし、文字習得には早すぎるけれど、こんなことにもうれしい親ばかごらくどう一家です。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

きんぎょじょうほう

先日の夫の実家の七夕祭りですくった金魚さんたち。
その後をお知らせいたします。

はじめ、わが家には、赤いの7匹、黒いデメキン3匹の合計10匹が来ました。
ところが、初日、金魚鉢にカルキ抜きした水を入れて2時間ほどでデメキンが全滅。赤いのも1匹死んでしまいました。他のも水面に口を出し、アップアップと立ち泳ぎのごとく苦しそうです。「これは大変!」と、あわてて酸素ポンプを買いに行きました。

ところが、入れ物に対して、酸素ポンプが大きい!
金魚は少し元気になりましたが、狭そうでした。
その後、1匹死亡。
あっという間に半分です。
金魚鉢月曜日。
仕事から帰宅してみると、2匹死亡。
小さい酸素ポンプに取り替えますが、金魚鉢に対して、酸素の噴出し量が多く、水流に翻弄される金魚。
ビンを入れ、その中に酸素ポンプを入れると落ち着きました。

火曜日。帰宅してみるともう1匹死んでいました。
あっという間に死んでしまった金魚。
心得のないわたしたちが育てるのは、簡単なことではないと感じさせられました。

それ以来、わが家の金魚は2匹。
2匹は、元気に過ごしています。
はじめから目立っていた大きいのは、尾びれもピンとしていて、やはり元気なのか悠々と泳いでいます。もう1匹は、小柄でそんなに動かないながら、体力を温存して生き延びるタイプの様です。

だんだん環境にも適応してきたのか、のんびりと過ごしている様子。
この調子で元気に長生きしてくれるといいのですが。
じいじ・ばあばのおうち、従姉妹のおうちはどんなかんじか気になります。

追伸:本日、体力温存タイプが亡くなりました。あとは大きくて元気なのが残っています。 
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

あっちゃん あがつく

あっちゃん あがつく
言葉遊びみたいにして、いろんな食べ物が出てくる本です。
「えっちゃん えがつく えびフライ」
「なっちゃん ながつく なっとう ねーばねば」
など、リズムよく五十音と濁音、半濁音の文字にちなんだものが並んでます。

息子は、このリズムが気に入ったのか、思いついた言葉をこの言葉に当てはめて言葉遊びをしています。
「なっちゃん ながつく なつみちゃん」
など、保育園のお友だちの名前を織り込んだり、
「にっちゃん にがつく にんじん食べよう」
など、正当なことを言ってみたり、
「ぶっちゃん ぶがつく ぶかれとけーき!」
など、なんのことやら???なことを入れてみたりしてます。

ここで注目すべきは、言葉の語頭音がちゃんと揃っているということです。
「この音とこの音は、同じ音で始まる。」
ということが、イメージできるようになっているということ。
これが地味なようで、興味深い進歩であります。

かわいらしい絵もついてますので、興味のある方は見てみてね。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

最近、お気に入りの本

毎晩、本を読んで寝る息子。
最近、ブームの本を紹介します。

まず、モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」。
これは超名作でしょう。
大学時代に幼児教育の授業をとったとき、先生も絶賛してました。
主人公のマックスくんの意識が想像の世界に入っていくに従って、挿絵の画面が大きくなります。一番盛り上がるかいじゅうたちとのダンスの場面は、言葉もいらないほど。
たしかに、息子もそのページ見開き3ページは、何も言わなくてもじーっと見つめています。
かいじゅうたちのいるところ
わたしは、この絵本を独身時代から買っておりまして、さらに、登場人物のマックスくん人形とかいじゅう人形も買っておりまして、いつか、子どもが産まれたら、この人形と本でリアルに語りかけしちゃおうなんて考えておりました。
今回、息子がこの本を一発で気に入り、マックスくんの人形を持って寝るなんて言っておりますので、長年の夢が叶った想いです。
大満足です。

それから、これ。
長谷川摂子作の「めっきらもっきらどおんどん」。
これまたわたしがほれ込んだ本!
・・・を、保育園の先生が読みきかせしてくれたらしく、ある日突然「めっきらもっきら・・・」なんて言ってます。
ためしに「もんもん・・・?」と聞くと「びゃっこ!」、「おたから・・・?」「まんちん!」、「しっかか?」「もっかか!」と、登場するおもしろい人たちの名を間違いなく言います。

うれしくてうれしくて、これまた買ってあった本を出してきて、読みました。
長谷川さんの本は、語りがとてもよい上に、いい感じに異次元に連れて行ってくれるので大好きです。さすがは、元保育士さんです。
先日、パパが読みきかせてくれたのですが、パパは初めて読んで「子どもが楽しいだろうと思う、ええ話だったわ〜。」と言っておりました。
めっきらもっきらどおんどん
息子が存在すらしていないときから、「お母さんになったら、こんな本を子どもと楽しみたいな。」と思っていた本。息子がそれにくいくいっと食いついてくれて、こんなに嬉しいことはありません。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

ねかしつけ

寝つきも寝起きもいい息子ですが、最近、ねかしつけが大変!

つい先日までは、

1.歯磨きをする。
2.読む本2冊を選ぶ。
3.パパに「おやすみなさい」を言って、布団へ。
4.ママ本を読む。
5.「おやすみなさい。」
(自分は寝るので、ママは起きていてと言い、わたしが個人的に読書するようにすすめられる。わたしは、お言葉に甘えて小さな読書灯の光で読書をし、息子はわたしの横でごろごろしたり、わたしの上に頭を置いて就寝。)

というような流れで、スムーズに寝てくれていたのでありますが、近頃は暑いからか、まず、5で麦茶を飲みにパパのところへ行きます。
そして、5の後、ごろごろ率が高まりました。わたしの身体の上に頭を置いて、首付近から足首付近までごろごろと何往復もし、「しゅうてーん」などと言っております。ぺらぺらと一人でしゃべりながら寝る気配もなし。3から寝るまで1時間はかかるようになってしまいました。とほほ。

今日もそんな感じで大変だったのですが、なんとか「背中かいて」なんて言って、いい感じで寝そうになってきました。ですが、わたしの方がうとうとしてきて、ふと気がつくと、息子は起き上がって、部屋の隅っこでむっくり起き上がっていました。
・・・!
「もう知らないっ!」と、部屋から出て行こうとすると、息子は観念。
半べそで就寝しました。
そんなこんなで、9時過ぎにお布団に行ったのに、あっというまに10時半。
がっかりです。

寝かしつけたら、あれもしようこれもしようと思っていたのに、こうして、眠い目をこすりながら、ブログを打つのもやっとです。
もう少しなんとかならないもんかしら。。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

回転寿司デビュー

週末、パパが自分の世界を満喫中だったので、母子は、光が丘にある叔父一家のうちに遊びに行きました。そこには、中学、高校に通う従兄妹や「シフォンちゃん」というワンワンもいて、息子もわたしもにぎやかに、楽しく、おいしく過ごしました。

土曜日の夜は、まだ息子が行ったことがなかった回転寿司に行きました。
光が丘界隈でも、人気店のようで、6時を過ぎたら、お店の前から階段までずらずらーっと行列ができてました。一足お先に叔父が名前を書きに行ってくれていたので、すぐに入れました。(感謝!)なんと、どれも1皿105円! サイドメニューもたくさんあって、どお
りで子ども連れのファミリーが長蛇の列を作るわけですわ。

息子は、回るご馳走に目が釘付け!
一番奥の席だったので、後ろに厨房みたいなのがちらりと見えるのですが、そちらの方でも積み重ねられたお皿が回っているので、じ〜っと見てました。
始めは一緒にお皿をとっていましたが、慣れてくると、動くお皿をうまく取ってくれました。
おいものスティックも取ってくれ、みんなで食べました。↓
回転寿司
とっても楽しい回転寿司デビューでした。
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

その後

本日、息子は元気に登園いたしました。
連絡帳によりますと、いたって元気に遊んでいた模様。
よかったよかった。

わたしは今日、一日出張の後、午後5時半から前の職場の歓送迎会がありました。
出張が長引き、一時間遅れで参加したのですが、懐かしい方々と顔を合わせ、言葉を交わし、楽しいひとときでした。

息子はといいますと、久々にパパと二人で夕食・散歩・お風呂・歯磨き・ねかしつけコースとなりました。パパの報告によると、機嫌が悪いときもありつつもよくがんばったそうです。聞き分けもだんだんよくなってきて、ちょっと楽になったとか。
うれしいことでありまする。

しかし、起きている息子に会えなかったのは、ちょっとさみしいかも。
世のお父さん方はこんな日常かと思うと、さぞかしさみしいだろうなと思います。日本も日頃から家族で夕食を食べて、いっぱいふれあえる社会にせないかんなと思ってます。

と、息子の元気をご報告した後で、大きなことをふきまして、本日のブログ、お開きにしたいと思います。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

雨模様の日

今夜は、雨。
いつもの食後の散歩に出かけられません。
ちょっと残念だなあと思いつつ、夕食後、久々にのんびりしました。
息子は、雨でも散歩に行くとは言い出さず、ほっとしました。
しかし、外に出ないと、わたし、食後におかしをつまんでしまいます。
まずいなあと思いつつ、やめられないわーん。

夕方、わたしの妹からメールが入りました。
7月に母と一緒に上京するとのこと。
そんなメールのやりとりをしていると、自宅に電話がかかってきました。
どうも最近、わが家から何の連絡もなく、ご無沙汰状態だったので、実家の方で心配されていたようです。
私の方が、実家のみんなのことを心配していたのに、反対に心配されているとは!
息子は元気なのか、わたしの仕事上のストレスはないのか、など、母はあれこれ心配していたようです。
「わが家はみんな元気だよ。元気すぎて、毎晩食後に、夜遊びに出てて。」
と話しました。
ほっとされるやらあきれられるやらでした。

このブログを見られる環境設定してあればいいのになあと思いますが、それはちょっと難しい状態でして、もうちょっとまめに連絡を入れようと思いました。
今日は、おわびに電話で、息子の「北国の春」前半部分を聴いてもらいました。

今日から、関東地方も梅雨入りです。
わたしは、雨も大好きなので、満喫しようと思います。
パパと息子は、送り迎えがちょっと大変だろうな。
わたしも通勤の自転車での坂のぼりが大変だけど、がんばらねばー。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

ありがたや

昨日、遊びに来てくれたお友だちの事を書きました。

遊びに来てくれて、息子もわたしも楽しい時間を過ごせたのですが、おもわぬ(?)収穫もありました。

一つめ。
仕事復帰以来やっていなかった、根本的な片付けに着手。
わたし、戸棚の奥深くに眠っているものなどを整理しはじめました。
なぜか。
子どもたちは、外遊びをさせる予定だったので、わが家の片付けとお掃除は中途半端だったのです。
そこへ雨で、急遽うちに遊びに来てもらったのですが、なんだか散らかってて恥ずかしくて。。で、片付けようとすると、玉突き式にあちこちが気に掛かる。
一度にきれいにはできないからと、ゆうべは、戸棚の一部を整理しました。
流し台もいつもより入念にきれいにしました。
訪れてくれた友だちに、夫は大感謝の様子でした。

二つめ。
簡単でおいしいシチューの作り方を聞きました。
いつもルーで作っていたので、かなり耳寄りな情報でした。
早速、今日作ってみたところ、簡単でかつ、息子も気に入ってくれて、ばーくばく食べてくれました。キャベツとか入れて、わざと野菜たくさんにしたのだけど、それもきれいに食べてくれ、息子は更に自らアレンジし、ドリア風にして食べました。
あまりのうれしさに、おもわず電話してお礼を言いました。

こんないい刺激を受けて、ありがたいことです。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

お友だちと

今日は、パパがラグビーだったのでママと息子で過ごすことになりました。
午前中前半は、まだ雨も降ってなかったので、お友だちと小石川植物園に行くことにしました。

お友だちが10時にわが家に来て、そこから2組4人で植物園まで歩きます。
息子たち二人は、先を競うように常に小走りでかけていきます。
時々、ママたちが「ストーップ! 速いよ!」と声をかけるとぴたっと止まって待っててくれるあたり、かわいらしかったです。

今日は、空模様があやしく、出かける時から、空もゴロゴロといっていたので、小走りで入園してからは、坂の上の道には行かず、下の道を歩いていきました。
息子たちは、途中、ダンゴムシやアリを見つけては、じーっと見ていました。
お友だちが車や花に興味津津だったので、息子も刺激されて、行く道々、フォークリフトを見て楽しんだり、園内では野の花やあじさいを見つけては喜んだりしておりました。
アリの行列をみつめている二人。↓
植物園にて
そして、曇天の中、夢のようにきれいだったのが菖蒲園。
白、紫、薄紫、紺・・・6月にぴったりの色彩の花がグラデーションになって咲いていたのでした。
あじさい祭りもいいけど、わたしは、雨模様の中の菖蒲も味わい深くて好きです。
写真を撮り忘れたのが心残り!

その後、案の定雨がぽつぽつ降り出したので、息子たちはかっぱを着て一目散に家を目指しました。
その後は、わが家で一緒におやつ食べたり、遊んだり、軽い昼食を摂ったり、また遊んだり・・・しました。

息子たちは、久々に会うにもかかわらずすぐに慣れ、きゃーきゃー言ってもりあがってました。
「かーしーて」
「だーめーよ」
と、時には、一触即発状態の時もありましたが、二人ともママたちの言葉を聞いて、譲り合いのできるところを見せたり、二人で布団の上に倒れこんでスリルを味わったりして楽しみました。気の合う友達は、いいもんです。

エネルギーを発散させた後、お友だちとお別れしました。
また遊びたいねと話しています。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

最近、おもしろかった言葉

息子、日々成長しています。
特に、言葉や発想は日に日にユニークになっていきます。
いくつかエピソードをご紹介いたしましょう。

「♪マイアヒー マイアヒー♪」
と、音程も正しく歌う息子。
一通り歌った後で、
「ママぁ、『マイア』って何?」
と尋ねます。
しかも、この曲、保育園で歌ったわけではないとのこと。
うちでももちろんこの曲にふれたことはなく、この曲が流行っていた時は、息子は0歳児だったわけで、なぞはいっぱいです。
わたし、鼻歌で歌ってたのかなあ?

自分の影が、自分より後ろにできたときに
「ぼくねぇ、かげひっぱってんのー。」と。
発想がおもしろいなあ。

突然、「リーエスハイリジョン!」とのお言葉。
どうも「BSハイビジョン」のことらしいです。
天気予報を見るために、よくNHKをつけているのですが、
その時出てきた言葉をまあ、よく覚えていたもんです。

この間は、なんかこむずかしい言葉を突然言って、それがまた当意即妙だったのだけど・・・残念。どんな言葉か忘れちゃったなー。
ちゃんと書き留めておかねばと思う、母でした。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

はまったぁ・・・

職場の先輩に借りて以来、遅ればせながら「ナナ」にはまっています。

夫は1巻の小松奈々の不倫状態が性に合わなかったので、読んでません。
いつもは同じ漫画を読んで語らえるのに(「のだめ」の時なんか、わたしより先に読んでいたよ。)、今回は、わたしの中に渦巻く思いをどう処理していいのかわかりませぬ。

寝る前に読むので、夢にも影響しているようで、朝の目覚めがちょっと違います。
わたしは、夢の影響力って大きいので、現実やら夢やら境界があやしくなります。
ああ、先が読みたい。
一度に3冊ずつ借りては返しを繰り返しているので、来週にならないと続きがやってきません。

只今、12巻。
奈々とナナの関係もどうなっていくのか気になるのもさることながら、トラネスのタクミと奈々の今後もすごーく気になります。
待ちきれなーい! 
by ごらく堂主人(妻) | [読書]未分類 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

「あしたあそぼうね」の結果

ここのところ、毎晩、食後にお散歩です。
詳細については、パパの報告にあるとおりです。

ゆうべは、またまた宮下公園へ行くことにしました。
せっかくなので、ダメモトで近くに住む保育園のお友だちにも声をかけました。
お友だちは、残念ながら、妹ちゃんが寝てしまったということで、外には出てこられませんでした。

でも、公園からなかなか帰りたがらない息子に、
「違う道から行こうか。」と、歩みを進めたとき。
前方から息子の名を呼ぶ声が。
なんと、お友だちがママとベランダから呼んでくれていたのでした。
ベランダと歩道でお互い親が抱っこして、まるで「ロミオとジュリエット」のように(双方男ですが。)話をしました。

息子が「明日遊ぼうねー。」と言い(親が言わせた・・・?)、帰る道々、「明日、一緒に遊ぶんだよー。」なんて話しました。

そしたら、今日の連絡帳に、そのお友だちと一緒に遊んだことが書いてありました。
「二人で一つのパズルを置いて、『一緒にやろうか!』と声をかけていたごらくどうちゃんでした。」ってな感じです。
そのお友だちとは赤ちゃんの頃から児童館で一緒に遊んでいたので、馴染みではあったのですが、お友だちは今年から保育園入園なので、今日はちょっと先輩風を吹かせてみたのかもしれません。

お友だちとの関係が太くなっていくのって、親としてとても嬉しいことです。
これからの二人の関係にますます注目です。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

安全対策・・・を感じたなあ。

今週は、仕事であちこちの小学校を訪問しました。
学校の造りいろいろ、教職員の対応もいろいろ。
気を張った1週間でした。

そこで気付いたこと。
最近、学校は、安全に関する意識が高く、学校の門も通常閉じられています。
自転車で訪れると、その門の開閉がひと手間あるのですが、雨の日は大変でした。
門を入ったら入ったで、職員玄関を探すのにひと苦労。
玄関らしきものはあっても、児童玄関だったり、給食室の搬入口だったり。
明快な造りの学校ばかりではありません。
でも、不審者対策にはやはり一役買っているのでしょう。

不審者といえば、ある学校で約束していた先生との時間まで少し間がある際のこと。
待たせてもらうのに、居場所もなく、職員室付近の廊下で学年便りなどを見ながら待っていました。すると、別の職員が何度もわたしの近くを通りかかります。
わたしの方を見るでもなく、話しかけるのでもなく、でも何人か入れ替わりでいらっしゃるので、わたしも内心「私のことが気になっているのかしら。」と感じてました。
それならそれで、聞いてくれれば答えられるのにと思っていましたが、そういうふうでもありません。(胸には、身分証を明示しているのであやしくないのですが。)
最終的には、その中のお一人がいぶかしげに「あの、何か?」と尋ねてこられました。
やはり、わたしはあやしまれてたんだ〜とちょっとショックでした。
わけを話すと、納得されましたが、ちゃんとした仕事で伺っていて、アポイントもとっていて、更に、先方にとっても大事なお仕事で行っているのに、ちょっとそれはないんじゃないのという気持ちでした。
(疑わしきに声をかける雰囲気があるということは、安全対策が出来ているということでしょうか。フクザツ。)

あと、どこの学校にも保護者のボランティアの方が何らかの形でいらっしゃってて、受付をしたり、PTA活動らしきことをしたりされてました。
うちは、共働きだから日中にボランティアに行くことはなかなか難しいのだけど、そういうニーズも高まってきているのかなあと感じた次第です。

むかしの学校とは、ほんといろーんなことが様変わりしてきています。
それにしても、わたしには外回りの仕事は向かないわ〜。

今日は、同僚と終了記念に焼肉を食べに行きました。 ◇
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(1) | trackbacks(0)| |
page top

水いぼ

・・・って、みなさん、ご存知ですか。
今日は、そのお話をいたします。

年末年始に息子のわきの辺りにぽつっと一つ小さな小さなできものがありました。
年末には、一つしかなかったのですが、今は複数あります。
にきびかと思い、お風呂でつぶそうとしたこともありました。
それが先日、小児科を受診した際に、水いぼと判明したのです。(ごめん、息子!)

その時、わかったことは次の通りです。
・保育園児・幼稚園児にはかなりの子にある。
・わきの辺りはこすれるので、広がりやすい。
・かゆみや痛みはない。
・小学校高学年になっても水いぼが出ている子はいないので、気にしなくてよい。

治療したい時には、必ず効くとは言えないけれど、漢方薬を服用するという方法があるそうです。
また、つぶす方法もあるそうですが、この方法は跡が残りやすいとのこと。
自然に出て、自然に消える方がきれいに終わるのだそうです。

この情報を聞いて安心しました。
同じような状況でお悩みの方、こういうこともあるそうですので参考にしてみてくださいませ。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

歓送迎会

先月末は前の職場、今月初めは今の職場で歓送迎会が催されました。
懐かしい方々に送られ、あたたかく迎えられた2週間でした。

わたしは、子どもに携わる仕事をしています。
大人とのお別れもさることながら、去年一緒だった子どもたちとのお別れは、それはもう心にこみ上げるものがありました。
育休開け1年目、大変だったことも多々あるけれど、子どもたちと心が通じ合ったことは、何にも代えがたい大切な思い出です。
一生懸命がんばることは大切だなと思いました。

迎えられる立場での歓送迎会では、『本物は誰だ』というゲーム感覚の自己紹介がありました。新しく来た人たちの意外なエピソードを披露し、候補の4人が質問を答え、本物を当てるというものです。
わたしの披露したエピソードは・・・

「実は、わたし、3歳の時に墓石の下敷きになったことがあります。」

・・・でした。
みなさまをうまくカムフラージュさせまして、当たった人は二人だけ。
意外性のあるデビューとなりました。
これから、ますます現職場の方たちとお近づきになり、楽しくお仕事できたらと思っています。

さてさて。
遅くなる夜、パパはよく息子を見てくれました。
ばあばにもお手伝いいただきました。
いつも支えていただき、どうもありがとうございます。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

元気印!

実は、先日の3連休中、息子は熱を出しました。

29日(日)の朝のことです。
6時ごろ、ぐずぐず言いながら、「おなかがいたーい。」と訴えます。
「早いから、まだ寝てようね。」
なんて適当なことを言って寝かせようとしたのですが、いっこうに寝ません。
「こりゃしょうがない。」と、根負けし、抱っこしてみると熱い!
熱を測ると38.8度ありました。
こんな高熱が出るのは、いつ以来でしょう?
保育園に行きだしてから、高熱が出ることはめったにありません。

慌てて休日診療の小児科を探し、行く予定を立てました。病院が始まるまで時間があるので、ぐずぐず言う息子を何とか2度寝に誘いました。
10時半ごろ起きてみると、熱が少し下がっています。
食欲がないという息子でしたが、トトロのDVDを見ると少し復活し、ゆっくり朝食をとりました。
その後、病院へ行き、診察を受け、薬をもらって帰りました。

ところが、この薬がなれないようで、一口飲んでいやがることいやがること。ちゃんと飲みません。
ですが、どういうわけか夕方には熱も下がり、元気になっておりました。
(おもいきって、パパの参加する一箱古本市にも出かけちゃえるほど。。)
10時間前のあの高熱はなんだったんだろう。。

そんなわけで、この度は息子の回復の早さにびっくりしました。
おかげさまでこの1年、保育園の先生に「女の子ではこういう元気な子もいますが、男の子でここまで病気をしない子は珍しいですね。」と言われるほど、丈夫な息子です。
ありがたや、ありがたや。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

意外だったわ・・・

先日、久々にアクセス解析を見てみた。
興味深かったのが、わがブログにどんなキーワードでたどり着いたのかという項目だ。
目に付いたのが、「うなぎの骨 刺さる」という類のもの。

やはり、うなぎの骨でお困りの方は多いということなのかっ!?
そして、拙ブログで参考になる情報は得られたのかっ!?
気になる出来事でありました。
少しでもお役に立てたなら、幸いなのですが。。

ちなみに、わたしのうなぎの骨は、抜けたのか、とけたのか、2・3日で気にならなくなりました。
うなぎは、まだ当分いりません。。 
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(1) | trackbacks(0)| |
page top

密着のススメ

異動して、新しい職場で新しい勉強をしています。
主に、言語や発達についての勉強をしているので、ついその途上にある息子のことにフィードバックして考えてしまいます。

まだまだ勉強不足のわたしですが、親子の関係として、親は、小さなことでカリカリする前に、まずは子どものありのままを受け止めることが大切なのではないかなと改めて感じ始めています。

うちの息子は、おもしろい男の子ですが、2歳の反抗期か、ときどきヤクザみたいにかんしゃくを起こすことがあります。一つ一つに振り回されると、こちらもヒートアップします。

先日、息子が昼寝から起きた時、わけわからないことで泣きまくっていました。(「お茶がほしい。やっぱりいらない。」を繰り返す。「牛乳がほしい。寝て飲みたい。」と無理を言う。「パパは部屋に入らないで。」、電気をつけると「消してよ。」消すと、「つけて!」と言うなど。)
そんな時、こちらも無理難題に対して「それはおかしいでしょ!」「どっちなの!」なんて声をかけると、ますますわけわからない状態になってしまいました。きっと、自分で無理を言ってることは承知の上なのでしょう。そんな時は、物の道理だとか、常識だとかは息子にとってはどうでもいいのです。とにかく、困らせたい一心なのです。埒が明かないので、わたしは、だっこしようと近寄りました。息子は体をねじって腕を振りほどきます。

しばらくすると、少し落ち着いたのか、「大きい抱っこがいいや。」と泣きながら言い、近づいてきました。
抱っこをすると、密着が気持ちいいのか、また少し落ち着いてきました。

どんなにぐずぐず言っても、まずは抱っこ、肌感覚の安心感が基本だなと感じました。
それなしに、ヤクザ状態の改善はありません。
抱っこしてからの、心の状態浮上作戦はその子によっていろいろあるでしょうが、抱っこ(母子一体の感覚?)までは、誰も一緒だろうなと。
逆に、その母子一体の感覚がないままに、自分の欲求を抑えられる子どもは、将来が心配な気もします。

母子の愛着関係が乳幼児期にしっかり築かれている子は、児童期になってからも情緒が安定しているのだそうです。

息子がどんなにわがままでも、わけわからんちんでも、不条理なことを言っていても、まずは、一歩はなれたところからみつめて、あえて受け止めるよう努めたいと思いました。
無理難題は、親に無条件に受け止めてほしいときのサインなのでしょう。親の言葉が子どもの心に届くのは、それからなんだろうな。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

無印良品のパジャマ

ずっと気になっていた無印良品の子ども用パジャマを先週末購入しました。
子どもが自分で着やすいように工夫がなされたパジャマです。

工夫1 ズボンの前後がわかるように後ろにポケットが付いている。

工夫2 上着のボタンが全部で4つ。
    ボタンとボタンホールの色が同じになっている。
    大き目のボタンではめやすい。

・・・というようなもの。
更に、おなかが出ないようにボタンが付いていたりするのだけど、このパジャマを購入する時から息子は気に入った様子。ずっと持っていてはなしませんでした。それを先日、入浴前に出してみたところ、「着る! 着る!」と大はしゃぎ。
入る前にボタンの練習してました。

入浴後は、もちろん、うっきうきでパジャマを着ていました。
自分で脱いだり、はいたり、着たり・・・、そんな一つ一つが楽しくて仕方ないようです。パジャマ
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

似ている芸能人

みなさんは、どんな芸能人に似ていると言われたことがありますか。
私自身は、最近、そんなことを言われたことはないのですが、うちのパパはよく言われる人がいます。

それは、「西村なんとか」!
この「なんとか」がポイントで、誰もがそう言います。
たぶん、はっきり名前を言えないのです。
わたしもわからない。。

・・・今、調べたら、西村和彦でした。
西村なんとかっていうのは、古畑任三郎に出てたハゲの方が有名で、その人と似てる名前なのです。
で、パパはその方ではなく、よく二時間ドラマ(サスペンスなど)に出てる方に似ていると言われるわけです。

更に、先日のお花見で岸和田からいらっしゃったじいじ様から言われた新芸能人が。
照英。。
どうでしょう。
今、検索してみたらオフィシャルサイトがあった。
ほほう。埼玉鴻巣出身でイトマンスイミングスクール北本に通っていたんだって。
パパもイトマンスイミングスクールに通っていたぞな、もし。
肉が大好きで、暑い日が好きというのも共通点だね。
学年は1つ下になるらしい。
わたしとしては、照英はちょっとイメージ違うなあ。。
伊原剛志の方がまだ近いかもと思っていますが、妻の欲目でしょうか。

・・・パパがいやがりそうなので、この辺にしておこう。

さてさて。
息子は、1歳児の頃、人生ではじめてある芸能人に似ていると言われました。
山口達也。
先日お花見で会ったママにも「あいかわらず、似てるわねぇ。」と言われました。
うーーん。。
どうかしら。。

※各芸能人のファンの皆様、ごめんなさい。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

人間ウォッチング

4月から職場が変わった。
先週は、まだ本格始動してなかったので、新しい職場に慣れることと来週からの仕事の準備に勤しんだ。

まだ心に余裕があったので、人間ウォッチングも楽しかった。
副社長にあたる人は、誰かに似てる、誰かに似てる・・・アナウンサー関連だぞーと思っていたら、3日目くらいにぴんと来た。久米宏だ。
会議中にそのことに気づき、いろんな角度の中でも、似てる角度があるので、その角度になると、どんなに深刻に話していても「うぷぷっ」と笑いをこらえるのに必死だった。

年配のベテランの男性の方も俳優さんで似ている人がいる。
渋い演技をする素敵な方だが、名前が出てこない。
見るたびに雰囲気が似ていて、じりじりする思いだ。

誰が誰に似ているかもさることながら、その職場での人間模様も見えてくる。
いちいちつっかかる言い方をしなくちゃいけない人、周りのことを考えて発言する人、本当に頼りになる人、こまかーい人、などなど。
大きな幸せは、わたしの部署の人たちがあたたかく、明るく、気さくなところだ。
素敵な人たちに囲まれて、前向きにがんばろうという気持ちになる。

今週から仕事も本格化!
がんばらねば〜。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

春うらら

今週は、雨の日とか寒い日とか多い週でしたが、今日は久々に晴れました。
わが家は池袋へ買い物へ・・・と思ったのですが、自転車で行く途中大塚公園に寄ったところ、保育園のお友だちを発見!
一緒に遊んでいると、保育園の1つ上のクラスのお友だちを発見!
3人がそれぞれに盛り上がって遊びました。
地域のお友だち、ありがたいことです。

その後、池袋で若干お買い物。
お弁当を買って、公園で散る桜を惜しみながら、そしてカラスを警戒しながらのお花見お弁当となりました。

帰宅後は、たっぷり昼寝。
そして、夜は春から転園になってしまったお友達の送別会。
(と称して、楽しい親睦会。)
春の佳き日をうらうらと過ごしたという感じです。

来週は仕事が本格化してきます。
春の気分に浸ってばかりはいられませんねぇ。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

季節の実感

明日3月31日が土曜日なので、今日は実質今年度最後の日です。

保育園でも移行式があり、保育室が変わり、新しい担任の先生の発表がありました。息子の担任の先生のうち一人が転任となってしまったため、急遽クラスで写真やメッセージを持ち寄りアルバムを作成し、お渡ししました。
やさしい、あたたかい先生とのお別れは、さみしい思いがします。
息子たちはまだ「別れ」がわかってないので、へらへら〜としておりました。

保育園の先生は、保育しながら異動の準備もあるので大変だなと思いました。
転任される先生のほかにも、担任が代わる先生があります。
いつも元気いっぱい、芸達者の先生とのお別れもさみしいものがありました。
息子は、その先生にたくさん芸をしこんでもらいました。

来週からは新しい保育室、新しい先生、新しいお友だちが加わります。
別れはとてもさみしいけれど、新しい出会いにポジティブにいきたいものだなと思います。

かく言うわたしも来週から異動で職場が変わります。
新しい場所で新しい分野の仕事。
知り合いがいないところへ行くのは不安もいっぱいです。

いろいろあるだるけど、新年度、前向きに出発できるよう親子揃ってがんばりたいと思います。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

うなぎの骨

鳥取に帰省している時のことの中で、今、最もホットな話題。
それは、うなぎの骨。
今もわたしの喉に刺さっている。

うなぎの骨が刺さるなんて、考えてもみなかった。
温泉に入った後、いい気分で食した。
おいしく食べた。
息子に分ける時は、「ああ、骨があるな。」と思い、骨のないところを取り分けて食べさせた。
食べ終わって車に乗ると、喉の奥がちくちくする。
骨と同じコースを辿るように食べ物を飲み込むのだが、なかなかヒットしてくれない。

一夜明け、東京に帰ってきて、母もわが家にいてくれたので、耳鼻咽喉科へ行ってきた。
この場合、どんな処置が行われるか、知っている人はどれくらいいるのだろう。
わたしの受けた治療を紹介しよう。

1.喉の奥を見て診察。
 (なかなか見つからず、途中でおえっとなる。
  何度もそうなるので、断念。)

2.喉のもっと奥の部分に刺さっているのではないかということで、なんと!鼻から管を入れられ、カメラで喉の奥を覗かれる!
 (右の鼻の穴から入れられ・・・痛くはないが、変な感じ!つい力が入って、たぶんすごい顔になり、「顔の力を抜いてください」と言われる。やってみるが、あまり長くは続かない。そして、奥の方に小骨が発見される。)

3.そんなに奥ならばと、舌を引っ張られ、違う方法でまたまた喉の奥にアタック。
 (またまた何度もおえっとなり、打ち切り。)

4.へんなゼリー状のものを口に含ませられる。
  「奥の方に行くようにしてください。」と言われるができない。
  5分間そのまま。口の中がしびれてくる。
  飲んではいけないのに、飲んでしまうので、ギブアップして出す。
  そして、3の作業をくりかえす。
  (またまたおえっとなり、わたしも先生も双方断念。)

てなわけで、明日も来てくださいと言われた。

やだ。
絶対。
苦痛でしかなかった。
お金も2800円くらいかかった。
骨は取れてないのに、この価格はありえない。
たぶん明日はいかないだろう。
ちっ。

<先生から聞いた豆知識>
・うなぎの骨が刺さる人は結構いる。一番多いかもしれない。
 →あまりに小さく、ケアせずに飲み込むから。(一番多いとはおどろき!)
・鮭の骨とかだと、とらないと化膿して膿むことになり、大変だが、これくらいの骨だったら、溶けてきたり、何かの拍子に抜けたりすることもある。

・・・との事。
みなさまも、うなぎを食す際は十分ご注意を。
わたしは明日も、小さな痛みと共に過ごし、骨ヒットを狙って食べ物を嚥下していきたいと思う。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

友だちと地下鉄博物館

起きてみたら、雨の日曜日でした。

前々から行ってみようと思っていた地下鉄博物館へ出かけることにしました。せっかくなので、このブログで知り合ったkanaさん(息子さんも電車好き)一家もお誘いすることに。
突然のお誘いにもかかわらず、ご一緒することができて、息子はもとよりわれわれもとても楽しい一日でした。

まずは、お約束の顔出し張りぼてに挑戦!
息子、生まれて初めての顔出し張りぼては、駅員さんとあいなりましたー!
パシャ!

地下鉄博物館には、昔の丸の内線が展示されています。
昔の丸の内線、きれいな柄ですね。
感心しちゃいました。
昔の路線図も貼ってあったりして、いい雰囲気でした。
昔の丸の内線

館内の床には、ところどころ線路みたいなのが描いてあって、それをたどっていくと、こんな場所に着きます。
息子は、昨日のお祝い会で演じた車掌さんの芸から、「しゃしょうさんにへーんしん!ぴっ!」と言って、敬礼してました。
おもしろい芸をしこんでいただいたものです。
早速使えました。
へーんしん

更に、パパと共に、「しゃしょうさんにへーんしん! ぴっ!」
二人で変身

その後、運転シュミレーターで、丸の内線淡路町−お茶の水間をパパと運転しました。
シミュレータ
パパの方が満喫してる顔だなあ。

そんなに広い館内ではないのですが、電車好きの息子たちには、見るものすべてが楽しい様子で、結構充実した時間を過ごせました。普段は、すぐだっこや肩車をせがむ息子も、あちこち見たかったのか、よく歩きました!

その後、お友だちと錦糸町に移動し、お昼を食べた後、解散となりました。
錦糸町のアカチャンホンポのあるビルの10階は、錦糸町駅を一望でき、電車マニアの息子たちはまたたまらない様子でした。 

最近、お友だちと一緒に過ごす方が何かと刺激を受けてよいと感じてます。
またお出かけできるといいな♪

追伸:年度末を迎え、仕事は多忙。。
ブログをごらんになってわかりの通り、この土日は、息子中心のきわめて“濃い”二日間を過ごしました。まあ、めりはりもついて、仕事の方もわりとできた方だけど、ゴールはまだまだ! これからがんばらねば〜!
(という状況です、あやちゃん&キャロット。そちらは、どう?) 
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

保育園のともだちと

今日はとてもあたたかかったですね。
保育園で仲良しのお友だちと遊びました。

お友だちと息子とは同じ誕生日。
そのせいか、最近、二人はぐっと仲良しなようで、連絡帳にもその様子が書かれています。そんな二人を目の当たりにしたいとお誘いしたところ、念願かなって一緒に遊ぶことができました。

保育園では、電車好きグループに属す二人は、まず電車遊びをし、だんだん慣れてくると、一緒に室内をぐるぐる回り・・・息子は、調子に乗ってきて、お友だちにくっつき始め、ときには上に乗ることも。あぶないので、そこは指導を入れまして。
いいお天気なので、お弁当を買って外に行きました。

昨日行ったからたち公園でも二人で遊びました。
公園では主に、お友だちが息子のまねっこ。
背格好も似ているので、双子のように(?)同じことして、同じこと言って、楽しいひと時を過ごしました。
友達と2 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

野草グループ クラフト展へ

昨日、ギロンと探偵のいる2年1組から帰ってから息子を寝かせ、わたしだけ千石の野草第3回クラフト展に行って来ました。
育休中にお花のお稽古に行っていた花屋さんです。
花屋さんですが、今は、野草グループのゆかりの方たちが手作りの作品を出品して年に1度の展示会です。

去年はわたしもつたないながら作品を出しました。
大変だったけど、楽しかったなあ。。
今回は、見て楽しみ、お気に入りを買わせていただきました。

まずは、Boccoさんの「トチの実の船」です。
トチの実の殻を船に見たて、手作りのフエルトの玉が乗っています。
実は、11月の野草展のときにも出品されていたもので、その時からなんてかわいらしい素敵な子たちなんだろうと思っていたのです。トチの実の小船で旅立とうとしているこのころころした子たちが気になっていました。
今回、手にすることができ、感激しています。
大きいの、中くらいの、小さいのの3つを買いました。
うちの親子3人をイメージして。。
栃の実の船

アイビーの苔玉も買いました。
写真のためにトチの実の船と一緒に並べてみましたが、トチの実の船は別の場所で和ませていただきたいと思っています。
置いてみた

最後に、ふきのとうです。
このふきのとうは、立派な根がついております。
水耕栽培で育てて、鑑賞し、最後にちょこっとお味も楽しんだ後は、路地植えにすると、来年も出てくるとのこと。根はかなり伸びてくるらしいので、植える場所を選ばねばと思っています。楽しみいろいろです。
年末に購入した先生の作品「ごろごろぺーさん」withねこやなぎと共にキッチンの窓に置きました。食器洗いが少し楽しくなりそうです。
ふきのとう
結露防止テープが残念! 
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

ギロンと探偵のいる2年1組

お友達に誘われて、ギロンと探偵のいる2年1組に行って来ました。

この名前からして、わくわくする〜と前々から気になっていたのですが、本日、思いを達成することができました! ギロンと探偵のいる2年1組は、廃校になった学校の校舎内(2年1組)で土曜日だけ開かれている親子広場的な場所です。
メインアトラクションのトンネル+山+はりめぐらされたブリオのレールが、遊び心を刺激します。
ギロンと探偵のいる

最初はこの台の上にのぼれなかった息子も、すぐに慣れてのぼったり下りたりして楽しみました。お友だちともあっという間に慣れて、こんな感じ。
二人で
その後もお友だちと盛り上がってました。このトンネルをくぐって、「やっほー!」と言ってお目にかかるのを楽しんだり、手を洗いに行くのに、廊下を追いかけっこしたり。わたしも息子が友だちと接する姿を見られて、非常におもしろかったです。お友だちも息子の名前を呼んで、遊びに誘ってくれました。楽しかったね〜。

持参したお弁当も食べて、午後は、大きな紙に絵も描きました。スタッフのお姉さんが上手にお絵かきの場を盛り上げてくれました。息子は、なぐりがき的な感じです。主に黒とか青とかで、人様のお書きになったものまで塗りつぶしておりました。しかし、本人は楽しかった様子で、満足げでした。それでもって、手も足もズボンもかなり芸術家チックになっておりました。
お絵かき
黒いのは、ほとんど息子の仕業です。たらーっ

今日は、フリー遊びでしたが、イベントも行われているそうなので、今後も行ってみたいなと思っております。
お誘いいただいた、tomomok001さん、どうもありがとう! また誘ってね〜! 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]好きなこと(もの) | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

ブソブソねぇ。

息子は寝る時、どうしてもわたしのほっぺをさわります。
いつの頃からかそれが入眠儀式になっています。
ときには、何もなくても、お顔をさわりたがります。

最近、息子はよくわたしの左ほっぺを指さして言います。
「ママ、ブソブソねぇ。」

それは、結構ショックな出来事です。
なぜって、そこにあるのは、結構目立つシミ。
息子は、ご丁寧にも続けてこう言ってくれました。
「なおしてあげるね。ぺーち。」
(手を当てる。)
「はい、なおったからね。」

もちろん、治るはずはないのだけど。
ども、ありがとね。
若干落ち込むけど、まあ、ほほえましいできごとだわ。

今日は、わたしが遅めの帰宅をすると、
「ママ、こっち来て!お顔、お顔!」
と言い、テレビを見ながらほっぺをさわりたいと言います。
息子の横に並ぶと、ほっぺとほっぺをくっつけてきました。
あらあら、かわいいじゃなーい、と感激しておりますと…
「ママ、ブソブソね。なくしてあげたからね。」

自分のほっぺでかくしてくれたのです。
いつもいつも、ありがとね。
気にしてくれてるのかしら。。

あのね、そのシミはね、君がおなかの中にいたときにできたものなんだよ。妊婦はシミができやすいって聞いてたけど、目立つシミができてかなりショックだったのだよ。
それを今、こうして癒してくれているとは、なかなか心優しい男ぢゃないか、息子よ。

ただね、それは保育園の先生とかにはしないでねってのが、ママからのお願い。 ◇
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

小石川植物園にて梅

今朝、目覚めたら、夫が「小石川植物園行くぞ。」と言いました。ちょっと疲れ気味でしたが、近場のお出かけとあって、みんなで行くことにしました。目的は、梅の花です。

植物園では、いつも入り口から坂を上っていきます。桜の木の辺りや大きな木が生えているゾーンを通ります。息子は、落ち葉の積もっているところを、がさがさと音を立てながら歩くのを楽しんでました。
また、樹木園で出会ったおもしろい木にまたがってモノレールみたいに遊んでみました。「セイヨウバクチノキ」という木だそうです。
セイヨウバクチノキ モノレール

息子は、植物園のアップダウンを楽しみ、階段の上り下りを楽しみ、ひょっこり出てくる鳥居や灯ろうを楽しみ、池の鯉を見て楽しみ…ってな感じで、よく歩き、満喫しました。都心生活で、子どもにこれだけの自然環境の中を歩かせられることをうれしく思います。息子も植物園は大好きなようで、今朝も、「植物園に行こっか。」と話した途端、うっきうきになっていました。

さてさて。
梅の花です。
今日は、寒空の下でしたが、そこだけ夢の中みたいに咲いておりました。
小石川植物園 梅2
息子は、花より探検…といった風情でしたが、なんとか一緒に写真に納まりました。

早いもので2月も後半。春ももうすぐそこなんですよね。 
by ごらく堂主人(妻) | [地域]地域 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

出てくる時のこと。

先日のブログで、おなかの中のことを聞いた話を書きました。
コメントでU4kunも書いてらっしゃったようにおなかから出てくる時のことも覚えていると聞いたことがあったので、引き続き聞いてみました。
すると、またまた興味深い結果が・・・。

わたし「ママのおなかから出てくる時、どうやったの?」
息子 「ハイハイみたいにしたんだよ。」
わたし「へえ。そんなふうにしたんだ。それで?」
息子 「ぐにょぐにょって出たんだよ。」
わたし「!!!・・・本当に!?」
息子 (笑いながら)「次は、こちょこちょってしてねぇ・・・。」
   (若干ふざけはじめる。気を取り直して・・・)

わたし「ねぇねぇ、ママのおなかから出てきたら、何が見えた?」
息子 「明るいところだったんだよ。」
わたし「ほかに何が見えた?」
   (ふざけながらお話している。)
わたし「じゃあねぇ、出てきた時、誰がいた?」
息子 「ママとぉー、パパ。」
   (立会い出産でした。)

偶然かもしれませんが、わりと合っていたので、びっくり。
今回、これだけ聞けたのは、タイミングがよかったのかも。
土曜日のお昼寝で眠る寸前に聞いたのです。
またやってみようっと。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

雪あそび

3連休最終日。
じゃじゃーんっ。
この暖冬に、そり遊び!の息子です。
しかも、一人で乗っちゃってまーす。
雪そり
群馬? 長野? 北海道?

はっはっはー。遠出をしたわけではないのです。
実は、中央区の雪まつりに行ってきました。
中央区の姉妹都市、山形県東根市からの雪が公園に届き、そりやスキーコーナー、ミニ動物園も来ていました。更に更に、無料の炊き出しもある、すばらしいおまつりです。

息子とわたしは、11時過ぎに着きました。
早速、顔見知りのスタッフの方からチャーハンと芋煮汁と味しみ玉こんにゃくをいただきました。腹ごしらえをして、雪遊び。と言っても、雪の割合より人の密度が高く、息子は雪の上を歩いて、さわる程度でした。そりコーナーは、レベルが3つくらいに分けてあって、息子くらいの小さい子でも一人ですべることができるコーナーがあって、よかったです。
中央区の雪まつりは隔年で行われています。

その後、近くの小学校の校庭で遊んで帰ってきました。
息子はおうち遊びが気に入った様子。
おうち 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

実家にて(初日)

夫の実家に来ています。
何日か前から、「高崎線に乗るよ。」「じいじとばあばのおうちに行くよ。」と話しては、わくわくしていた息子です。
今日は昼食後、2時間以上午睡をしてしまったので、公園に遊びに行ったのは夕方になってしまいました。

すべり台は大好き。
ピンク滑り台

ちょっと高度なすべり台。
はじめはこわがってすべりたがらなかったのですが、「これ、ママと大好き抱っこですべろうか。」と、声をかけると、何度も何度もすべることになりました。

近くのイトーヨーカドーでキティちゃんの乗り物に乗り、嬉しそうでした。
この写真は、さえない顔ですが。。
イトーヨーカドーにて
明日は、従姉妹二人が合流します。
楽しみです。 
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

おなかの中にいたときのこと

子どもが片言で話すようになると、おなかの中での様子を尋ねると応えてくれる・・・
なーんていう話を昔聞いたことがあったので、かれこれ半年以上も思い出すたびに尋ねております。

むかしは、
わたし「おなかの中で何してたの?」
息子 「しらない。」
の一点張りでした。

しかし、近頃変化が出てきました。

わたし「おなかの中、何色だった?」
息子 「赤だよ。」
わたし「!!!」

青や緑の大好きな息子から「赤」が一番に出てくるとは!
驚くと同時にうれしかった〜。
何かの機会に、おなかの中にいたときの色を「赤」や「ピンク」など暖色系の色を言う子は、おなかの中で安定した気持ちでハッピーに過ごしていたんだということを読んだ記憶があるからです。
逆に、「黒」とか「灰色」だと、あまり快適ではなかったそうです。。
(本当かな?)

そして、別の日。
また尋ねました。
わたし「ママのおなかの中にいるとき、何してたの?」
息子 「え? 赤い服着てたんだよ。」
わたし「ええーっ!」

羊膜のことでしょうか。
なんかびっくりしちゃいました。

そして、先日。
わたし「ママのおなかの中にいるとき、何してたの?」
息子 「電車遊び。」
わたし「え? ママのおなかの中に電車があったの?」
息子 「ないよ。」
わたし「他に何してたの?」
息子 「寝てた。」

まあ、そんなわけで、息子にも夫にもさぞかし「しつこいなあ。」と思われていることでしょうが、わたしのおなかの中で何してた話は今後も続きます。
本当に息子が覚えているかどうかはさておきなんか楽しいんだもーん。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

苦手だわ〜。

わたしがどうしても馴染めない遊びがあります。
実は…、息子の大好きな電車遊び。

まず、プラレールの線路。
あるだけのパーツでぐるっとまわるコースを作るのが難しい。微妙にずれて脱線しやすくなると息子が泣き出すこともあり、気が重くって。。

次に、電車を走らせること。
走らせる=移動せねばならない
ああ、億劫。
お絵かきなら、ほら、一箇所で世界はどんどん広がっていく!

同じごっこ遊びでも、
「ふみきりでーす。かんかんかんかん…」
よりも、お人形で
「おかえりなさい。今日は公園に行ってきたんだよ。」
なんてお話作るほうがおもしろい。

というわけで、何がどうというわけでもないのですが、電車遊びはどうも性に合いません。パパにお任せです。

追伸
実は、亡くなったわたしの父は、元JR職員。
駅員さんもブルートレインの車掌さんも経験していたので、お空の上のほうでは、息子の電車好きを喜び、わたしの電車遊び嫌いをはがゆく思っていることでしょう。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]好きなこと(もの) | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

反省ですね(その2)

はい、というわけで、今日は妻が反省文担当です。
息子の運動能力強化に意識が向いた結果、とんとごぶさたになっていた活動がありました。それが「お絵かき」です。

数ヶ月前にはうちでもスケッチブックにクレヨンでぐるぐると描いておりました。
しかし、息子は、どうも人に描かせるのが好きなようで、何かっていうと人にかかせます。アンパンマンだの、うさこちゃんだの、うーたんだの、わんわんだの…。

でも、あまりに大人が描くのが当たり前になると、自分で描かなくなるのではないかと心配になりました。だって、どう描いても大人の描くようには描けませんから。わたしは、大人が描くのをやめようという気になりました。しかし、スケッチブックを開けば、息子は必ず描くようにせがみます。
で、たしかスケッチブックを隠したんでした。

でも、先日、「いないいないばあ」の録画を見たとき、2歳半のお友だちがうーたんとかわんわんとか描いてたんです。それを見て、ががーんと打撃を受けました。
で、今日、久々にスケッチブックにクレヨンを取り出してみたわけです。はじめは、例のごとく「けーひんとーとくせん かいてー。」とせがんできました。ただ描くのもくやしいので、どんな形か聞いたり、何が足らないか聞いたりしながら描き進めました。
何度促しても自分では描こうとしなかったのですが、リクエストに応えて京浜東北線と山手線と千代田線を書き終わった後、茶色で線路を描き、息子に「線路の続きを描いて。」と手渡しました。
すると、できました! それがこれ↓
お絵かき1
次は、何か意味のあるものを描かせてみようと、「パパ描いてー。」と言うと「パパ緑ね。」と書き始めました。
「ママも描いてー。」と言うとピンクで、息子はその上に重ねて赤で描きました。
うれしい、うれしい! これ↓
お絵かき2
で、興に乗ってどんどん描き始めた息子。
何ページも描いて、最終作品がこれでした。↓
お絵かき3
色を変える楽しさや線の広がりの楽しさを感じた模様。
これから楽しんで描けるようにまた声をかけていきたいと思います。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

おすすめ本

この間、「かさじぞう」がおすすめだという話を書きましたが、もう1冊、とってもお薦めの本を紹介します。

ふとんやまトンネル」(那須正幹作 長野ヒデ子絵 童心社)です。
この本は、現在高校生になるわたしの従弟がうちの息子ぐらいだった時に、プレゼントした本です。
そのとき、なんて子ども心をくすぐるんだろうと思って選んだのですが、私自身もその本が忘れられず、自分用にと、息子が生まれる前に買っておいて、わたしの本棚にありました。

何がよいかというと、ふとんにもぐって、トンネル遊びするという設定。
絶対、誰でもやったことあると思います。
そして、異世界へと遊びに行く感覚。
ああ、わくわくする。

最近、息子は、就寝時にふとんにもぐりたがり、わたしにももぐらせます。
休みの日の朝、パパの布団に頭の方からもぐって、足の方から出てくるなんて事もしていました。
で、これはヒット時だろうと、「ふとんやまトンネルだねぇ。」なんて言って、ネーミングをなんとなく定着させておきました。
そして、昨日、何気なく手渡すと…大ヒット!
一度読んだら、リピーター。
自分でめくってぶつぶつ言いながらながめてる。
寝る前にも読んでくれと持ってくる。

自分がほれた本に息子もほれてくれる快感ったら、ないですね。
申し分ない出会い方にも、我ながらほくほくしています。
自分も息子も、いい絵本との出会いをこれからもしていけたらなと思っています。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(5) | trackbacks(0)| |
page top

街のヒーロー

ご存知の通り、わが家の息子は、電車が大好きです。
電車に乗るのも大好きです。

そんなわけですので、日ごろ、車両の一番前とか一番後ろとかで、おもちゃの電車握り締めて待機することが多々あります。
電車にそんな乗り方をするようになって、気付いたことがあります。
電車の運転手さんや車掌さんのサービス精神!
発車時に車掌さんが手を振ってくれたり、にっこり笑ってくれたりするのです。
それだけで、息子はもちろん、われわれもとても嬉しい気持ちになります。

息子が電車好きになるまでは、電車の車掌さん、運転手さんは、ただのおじさん(失礼!)でしかなかったのですが、今では、立派なヒーローです。

今日は、丸の内線で銀座まで出かけたのですが、それはそれは、心優しいヒーローが運転手さんでした。
われわれと同じタイミングで電車に乗り込み、勤務に就かれたため、ホームで電車を待っている時からの息子のわくわくぶりを知ってのことでしょう。

まず、一番前に乗るわたしたちのために、中央のスクリーンを上げてくださいました。
息子、興奮してかじりついて見ています。
トンネルだ、(対向車の)丸の内線だと、大はしゃぎ。
運転手さんの出発進行の合図に合わせて、一緒に
「しゅっぱつー。」
なんて言っております。
東京駅では、運転手さんが一度降りて、ボタンかなんか押されたようで、再び乗り込んでこられたときに、手を振ってくださいました。
銀座で降りた時も、手を振ってくださり、とってもあたたかい気持ちになりました。
各種電車の中でも、丸の内線の方はサービス精神旺盛な気がします。

そうそう。
「街のヒーロー」的存在として、驚いたことには、消防士さんも、出動時でないときは、手を振ってくださいます。
以前、「あっ!消防車だ!」とか言って、息子と指差しながら、信号待ちをしていた消防車をみつめていたら、乗っていた方がにこやかに手を振ってくださいました。
パトカーの警察官も手を振ってくれたことがあります。
このような、街のヒーローたちの存在は、子どもたち(と、親!)に大きな喜びと夢を与えてくれます。
ありがたや〜。

追伸
今日は、銀座松屋で行われた黒井健展に行きました。
大好きなイラストレーターさんです。
なんとご本人がサイン会でいらっしゃってました。
何冊かの本と、ポストカードなどを購入。
今、わが家で(というか、わたしの中で)ブームの「かさじぞう」(松谷みよ子文 黒井健画 童心社)の本も買いました。
実は、先日の歌舞伎観劇の折、「かさじぞう」の手ぬぐいを買い、和室にかざっています。
息子に、こどものとも特選版の「かさじぞう」と今回買った「かさじぞう」を読み聞かせると、2冊並べて「かさや〜、かさ。」と言ってました。
どちらが好きか尋ねると、今日買った方を指差しました。
松谷みよ子さんの文のリズムがよかったのもあるかもしれません。
おすすめです。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]好きなこと(もの) | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

からだの動き 2

今日の「からだの動き」話は、ママ編です。

昨日の朝、起きたら、腰が結構痛かったです。
実は、その前の日、職場で書初め(長い半紙)を高いところに貼っていました。
柱の辺りに貼る時に、ちょっと難しいことが起こったので、身体をぐんと伸ばして作業しました。
腰痛は、その結果と思われます。
痛いけれど、それほど気にすることではないと、腰をかばいながら出勤しました。

職場に着いて、さあ、着替えようとしたとき。
ワンピースの背中のファスナーを下ろそうと手を後ろに回すと、身体が変な風によじれた感が。
首が痛い。
横にゆっくり回そうとしても、後ろに倒そうとしても、痛くて動きがつきません。
とてもじゃないけど、背中のファスナーなんて下ろせません。
それどころか、背骨にそって、背中があいたたた・・・状態になってしまいました。

なんとか一日を終え、うちへ帰ろうかとしましたが、痛みはひどくなるばかり。
同僚の勧めで、職場近くの整体院に寄ってみることにしました。

先生の説明によると、腰の痛みをかばう動きをするばっかりに、身体がいつもと逆方向にねじれ、背中の筋肉が、あちこちに向かって引っ張られている感じになっているとのこと。
少し指圧をしながら、治してもらいました。
痛みはあるものの、なんとか首が回るようにはなりました。

治療中、おとなしく寝ていれば、治るものなのか尋ねたところ、
「これは何もせずには治りませんね。ほうっておくと、次は、間違いなくぎっくり腰です。」とのこと。
どぎまぎ。

たった一つの「高いところに長いものを貼る」ということから、小さな腰痛、そして、首痛、激痛に至るなんて!
息子の身体は日一日と進歩を遂げていますが、わたしの身体は、日に日に老化していることを痛切に感じた日でした。

ちなみに今日も、痛みは残っております。
月曜日にまた整体院にて治療が待っています。。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

誕生日

今日は、わたしの誕生日でした。
12時を過ぎた頃に、妹からのメールが入りました。
夫と息子が横でぐうぐう寝てる中、二人で他愛もないことをメール交換しました。
姉妹っていいもんです。

職場に行くと、机の上に紙袋が。
中には、「Happy Birthday」の文字。
今年度、いろいろ話を聞きあっている同僚からのプレゼントでした。
なんと、以前ちょろっと興味があるといっていたら、そのものずばりをくれました。
「温たまくん」です。
これで、夜中から朝の間に、ゆで卵ができそうです。

仕事中に母からもおめでとうメールが届いておりました。
ありがたや。

しかーし。
今日は、夫も仕事始め。
仕事の後に、新年会があるので帰宅は遅くなるとのこと。
わたしも職場の賀詞交歓会があったのですが、急遽キャンセルして、お迎え係になりました。

なので、今日の誕生会は息子とのささやかな会になりました。
保育園で上着を着ずに逃げようとする息子に
「今日ねぇ、ケーキ屋さんに行こっか。」と声をかけました。
息子の目の色が一瞬にして輝きます。
それからは、彼の頭の中はケーキ一色。
「ケーキたべるんだよ。ケーキ屋さんどこかなあ。」とお念仏のように繰り返します。
「ご飯食べてからだよ。」と諭すと、いやいやモードになるばかりです。
今日のメニューは息子の大好きメニューだったので、そのメニューを挙げ、家にたどり着くまでには、なんとか説得が完了しました。

また、ケーキ屋さんへの道中に、ケーキを食べるには、「ハッピーバースデー」の歌を歌わねばならぬことを話すと、これも拒否モード。
でも、これも家にたどり着くまでに説得完了し、自転車で二人で練習がてら歌いながら帰りました。

で、ごはんを楽しく食べて、食後。
息子は、やたらにこにこ。
ケーキの箱を見ては、
「ケーキ買ったんだよ。食べるよ。」
などと言っています。
「片付けてからね。その間、プーさんとお話しててね。」とプーさんのぬいぐるみを渡すと、「今日ねえ、ケーキ食べるんだよ。ママのお誕生日なんだよ。」みたいなことを報告しています。おもしろい。

途中、実家の母からも電話が入り、ちょろっと話しました。
息子が「はっぴーばーすでー まーまー♪」と歌っているのを聞いて、ちょっとびっくりした様子。「ばあたんの時も歌ってね。」とリクエストが入りました。

ケーキをお皿に盛り、ろうそくを息子のとわたしのとに1本ずつ立てて火をつけました。
部屋の電気を暗くすると、火を嬉しそうに見ています。
おもしろいようです。
そこで「ハッピーバースデー」の歌を歌ってもらい、一緒に火を吹き消しました。
なーんかとても幸せな気持ちでした。

電気をつけると、早速ばくばくケーキを食べる息子。
あっという間に完食でした。
実は、行こうと思っていたケーキやさんがお休みでした。
どこかにないかと電車で2駅分を自転車で探し、やっと見つけたケーキ屋さんだったのですが、味はイマイチ。。
でも、いかにも手作りって感じで、甘さ控えめのケーキだったので、まあ、いっか。

そんなわけで、寝るのが遅れていたのですが、おかげで、息子は帰ってきたパパに会えました。双方が大喜びでした。
パパは、新年会のボーリング大会で今年も優勝し、今年も商品を持って帰ってくれました。
「はい、ママ。誕生日プレゼント。」って、??
(明日の記事参照)
去年は、ボーリング大会優勝の景品は「手回し充電たまご」だったのに、ちょっとグレード下がったかしらと思っていたら、なんと、貯金箱で、お金を入れると踊りだすのです。
息子が大興奮で遊んでました。
大変残念ながら、息子のものになってしまいそうなので、わたしにはまた別の物をいただこうと思っています。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

長男5人集合!

3連休最終日、実はゆうべいろんなお誘いが相次ぎ、なんとトリプルブッキングという状況に陥りました。
どうすべきか悩みに悩んで、最終日だし、子ども中心の予定にしようと、職場関係からのお誘いは断り、あとの二つのお誘いをくっつけて、子どもたちを遊ばせることにしました。

息子に「持って行く物、リュックに入れて〜。」と言うと、早速、昨日買ったリュックにプラレールの京浜東北線や、小さな京浜東北線、江ノ電、青いヴィッツ、救急車のトミカなどを入れていました。
お出かけレッツゴー!
今日初めて、主催のお友だちの家に行く友だちと待ち合わせをしていたので、その間、近くの公園のようなところで歩いたり走ったりして、軽く運動しました。

息子が歩く度、背中のリュックから、カタカタと音がして、小学生のランドセルみたいでなんかかわいらしかったです。
途中のベンチで休憩の図。
     ↓
ベロだし
さてさて。
お友だちのおうちには5組13人が集合です。
ママ5人+第一子(長男たち)5人+第二子(長女2人+次男1人)=13人
というわけ。

兄たちは、乗り物系のおもちゃを中心に、激しく遊んでおりました。
5人がそろって集中した瞬間があったのは、絵本を読んだ時と、食べてる時でした。

今日のお昼は、みんなで一品持ち寄り。
うちは、急だった為、家にあったサツマイモをゆで、蜂蜜と醤油で味付け、ゴマをふった「サツマイモのハチミツ煮」みたいなのを持っていきました。
主催のピグモン家では、おいしい土鍋炊き込みご飯を作っていただきました。
そのほかにもかぼちゃの煮つけ、大根もち(コーン入り)、とうもろこしなどが食卓にそろい、子どもたちもママたちも楽しいランチタイムになりました。

息子は、持っていったおもちゃは時々手にはするけれど、
他のお友だちの持ってきていたプラレールの古い山手線がかなりお気に召したようで、ずっとそれを持って遊んでました。
逆に、息子の持って行った電車は他家で気に入られ、あちこちで遊ばれておりました。
おもしろいものです。

「いろんなくるま」の音楽が流れると、お友達に誘われて踊り、身重気味のへんなたてのりを披露していた息子でした。
おもしろかった。
また遊びたいです。
ピグモンママ、お誘いどうもありがとう。

集合しているほんの短い時間。
五人男
さあ、明日からお仕事本格始動!
夫婦揃って初仕事です。
ちゃんと起きられるかしら…。
どきどきどきどき…。
[関連記事]
ちびたくんが行く
怪獣ピグモン日記
 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

フリータイム♪

今日は、息子は保育園。
我々は片付け&おでかけしてきました。

お昼前に銀座へ。
ぶらっとして、夫と食事をした後で、別行動です。
夫は、東京メトロ一日乗車券を買って、江東区方面のブックオフめぐりをした模様。
わたしは、銀座のお店を渡り歩いて、ちょこちょこと買い物。
街はセールの時期で、値札を見るのが、嗚呼たのし。
しかし、財布の紐はきつめにしておいたので、あまり使いません。
徒歩にて、職場にも行き、ちょこっとお仕事もしてきました。
バスにて東京駅に向かい、電車の通勤定期を購入。

おうちに帰る時間が迫っているけれど、ちょっとだけ覗いてみようと入った大丸が大ヒット!
しゅぱぱぱぱーっと、スカートと短いコートを購入してしまいました。
アクティブに動き回り、大満足の一日でした。
年末のリベンジはこれで完了です。 

ところで、息子はほっぺが赤く、保育園の先生にりんごほっぺ病ではないかと言われてしまいました。
今のところ、熱もなく、元気いっぱいですが、心配なので病院に行ってみるかなー。
息子を保育園に行かせて、親が楽しんだ後は、よくこんな風に息子が体調を崩すので、どぎまぎします。 
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

息子とデート♪

待ちに待った年末年始のお休みが来ました!
今日は初日。
パパは、本日が仕事納めだったため、昨日で年内の保育園が終了した息子とともに一日を過ごします。久々にデパートへお買い物に行くことにしました。

息子は丸の内線に乗れて大喜び。
でも、デパートではたぶん飽きるだろうなと思い、作戦を立てました。
10時すぎにデパート入りしました。
まだ飽きないうちに、紳士服売り場でパパのワイシャツ購入。
ちょっと飽きてきた頃、子供服売り場へ。
少し復活。
ちょこっとバーゲン品を購入。
脱走、抱っこの要求が激しくなってきたので、おもちゃ売り場へ。
またちょこっと復活。
更に、その先の本屋さんへ。
音の出る乗物絵本や、朝テレビで見たペネロペの仕掛け絵本にうっきうき。
早めにお昼を取るべく、同じ階のレストランへ。
実は、二人で外食ははじめて。
パスタとスティックトーストで割とスムーズに食べられました。
また本屋で楽しんだ後、デパートを後にしました。
3時間くらいのおでかけでした。

<まとめ>
久しぶりに二人で一日過ごしました。
デパートおでかけ作戦は成功と言えるでしょう。
一緒にランチもスムーズで、息子の成長を感じました。
一方で…え?自分のものを買えてない!
今日が誕生日だった妹の誕生日プレゼントも買えてない!
帰ってから、反省点が出てきたのでありました。
近いうちにリベンジしたいなー。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

自分たちへのプレゼント

息子のクリスマスプレゼントのことばかりクローズアップしてきましたが、実は、わが家、自分たちにもプレゼントを購入しました。

DVDレコーダーです。
念願が叶いました!

今までわが家はビデオデッキしかなく、DVD映像はパソコンでしか見られなかったのです。
わたしは、映画とかをごろーんと横になって見たくて…常々夫に提案してきたのですが、この度、うれしいお買い物となりました。

今度、職場の友だちにDVDを借ります。ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」です。今、わたしがはまりまくっている本のドラマ版だそうです。
ジェイン・オースティンは夫も大好きなので、夫婦でDVDを心待ちにしています。そのためにレコーダーを買ったといっても過言ではないかも。

ああ!
「高慢と偏見」がこんなにおもしろいとは!
「エマ」も面白いと思ったけど、それ以上です。
ダーシーの紳士ぶりがだんだん素敵になってきました。
エリザベスに感情移入して読んでおります。
狭い社会の中の恋愛ごとを描いたジェインオースティン作品は、細かい部分の想像力をかきたてられ、かつ、自分が主人公のいる世界を勝手に疑似体験でき、かつ、心理描写を読みとるのがおもしろい…のが魅力でしょうか。

♪早く来い来い DVD♪ 
by ごらく堂主人(妻) | [読書]海外文学 | comments(5) | trackbacks(0)| |
page top

江ノ電日和

その季節になると、どうしても出かけたいところ、ありませんか。

わたしの場合、秋の中央線沿線と湘南方面。
今年もご多分に漏れず…だったのですが、お仕事に終われる毎日で、とてもお出かけどころではありませんでした。
で、叶わなかった思いを達成させるべく、今日湘南に行ってきました。

当初は、寒かったら、江ノ島水族館でもと思っていたのですが、年末とは思えないほどのいいお天気!
まずは江ノ島をめざしました。
息子は、池袋から乗った湘南新宿ラインはもちろん、江ノ電にも大喜び!
トンネル! 海! 船! 踏み切り!
うきうきです。

下車し、徒歩で江ノ島に向かっていたら、「乗合船」の旗が目に入ってきました。片道300円です。
思い切って乗ることにし、江ノ島の裏の方へ行きました。裏から表へと回るコースで歩きまくって帰ってきました。途中、見晴らしのいいお店でお昼も食べ、猫ともふれあい、神社でお願い事もし、思う以上に大満足の江ノ島ツアーでした。

江ノ島を出て、再び江ノ電乗車。一日乗車券「のりおりくん」を買ったので、下車することにしました。ターゲットは、初下車駅「七里ガ浜」です。海と、駐車場でのフリーマーケットが見えたからです。
で、下りて、波と戯れ、大興奮!
海
眠い時間なのに、満面の笑みでございます。

その後、1駅分歩こうと、「稲村ガ崎」をめざします。
「稲村ガ崎」と「極楽寺」は、好きなところなので、今までに何度か下車したことはあるのですが、今回、大発見!
イラストレーター伊藤正道さんのジオジオファクトリーというアトリエ兼画廊があったのです!!!
わたしは大興奮!すぐに入館決定!

実は、伊藤正道さんが絵を描かれた「でんぐりん」という絵本(正道かおる作)が大好きで、ずっと探しているのですが、何年も前に絶版になって、手に入らないのです。
ショップもあったので、思い切ってその本のことを尋ねてみたところ、この夏、「でんぐりん展」をした際に完売してしまったとのこと。
おしい…。半年の壁は厚い…。
作者の息がかかりまくっているところでも手に入らないのなら、もうだめかといろいろお尋ねしましたが、手に入ることは不可能の様子。
気落ちするわたしに、係の方が残っていた「でんぐりん」の本を見せてくれ、「でんぐりん展」の葉書を一枚くださいました。それだけでも感激…。

そうなんです、この本なんです。
のどから手が出るほどほしい本なんです。
この本を手に入れるのは、今後のわが家(勝手に夫も仲間に入れている。)の課題に決定されました。
どうしたら手に入るんだろう。
復刊ドットコム? 古本屋通い専門の夫に今まで以上に目を光らせまくってもらう?(今までも依頼していた。)
むふう。

そんなせつない思いもありつつ、伊藤さんの新作の絵本とポストカードも購入。
すると、「サインを入れますが、お名前はどうしますか?」とのこと。
???
え、あなたが正道さん?
なんて戸惑っていたら、実は、2階でご本人がお仕事中とのこと。
これはなんてスペシャルな出来事!
わたしの名前宛てでサインと絵も入れていただいて、大感激でジオジオファクトリーを後にしました。

…な、わけで、わたしは江ノ島とジオジオファクトリーで最っ高の1日でした。
息子は、江ノ電大好きっ子になりました。
江ノ電のおもちゃを買ったら、あんなに好きだった京浜東北線は見向きもされなくなりました。
ここしばらくの間だけなのか、これからずっとそうなのか…?
京浜東北線のおもちゃを携えちゃってるサンタさんが心配しています。
江ノ電 
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

子育てアシストしてもらったもの

文京区子育てアシスト券の使用期限間近です。
みなさん、有効活用できましたか?

わが家は、以前パパがこんな記事を書いていました。
結局、何に使ったかといいますと…

・ぱぱすで紙おむつ2セット(2500円相当)
・ラクーアのABCマートで息子の新しい靴(2500円相当)

で、ございます。
消耗品と、残るものの両方に使えたので満足しました。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

早速遊んだよ。

昨日、届いたジャングルジム&すべり台。
夫婦で一生懸命組み立て、息子を遊ばせてみると…
かなりのへっぴり腰。
夫が「誰か呼んで刺激したほうがいいんじゃないか。…ピグモン、呼べ!ピグモン!」と言います。早速連絡を取ったところ、突然のお誘いにもOKをいただきました。
そんなわけで、今日はお友だちと一緒にジャングルジム!です。
ジャングルジムと友だち
ピグモンくんは、運動神経が発達しているので、ぐんぐん危なげなく上っていきます。
一番高い3段目の頂上では、腹ばいになってしゃちほこ状態にもなります。
そこからすとーんと一番下まで落ちるようにして降りていきます。
かなり余裕の様子です。

息子は、そんなピグモンくんを見て憧れつつも滑り台メインで楽しみました。
後半には、ピグモンくんが頂上に行けば頂上に惹かれ、息子がすべり台で楽しんでいると、ピグモンくんもやってきて…という感じで二人が取り合うように遊びました。
ピグモンくんには初めてわが家においでいただいたのですが、二人ともよく遊びました。
取り合うところも、譲り合うところもありつつ、どうも息子はホームだと少々強気に出ることがわかりました。

久々にお友だちを招き、久々におうちもきれいになったわが家でした。
わはは。 
ピグモン君のブログの記事はこちら
by ごらく堂主人(妻) | - | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

おもしろ発言

日に日に発達していく息子の言葉。
最近、おもしろかったものをご紹介します。

母「ごらくどうくんのおしっこ、どこから出るの?」
息子「ここだよ。」(おちんちんを指差す。)
母「そうだねぇ。そこだねぇ。そこ、なんて言うの?」
息子「ぷりけちゅ。」(「プリけつ」の意。)

(就寝時、一緒に横になっていて)
母「ママねぇ、ごらくどうくんがいて、とーーーっても…」
母・息子「しあわせ〜。」(うっとり。)
息子「…ママ。かわいいね。」
(どこでそんなお世辞を覚えて来たの???)

息子の存在に癒される今日この頃です。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

今日のごらく堂家

今日も、半日出勤だった妻です。
昨夜、息子の熱はぐんぐん上がり、今朝の時点で38.5度。
そんな息子と、不安げなパパを残して仕事に出かけました。

戻ってみると、家の中はしんとしています。
どうやら二人でお昼寝だったもよう。
しばらくすると、二人とも起きてきました。

息子は10月のはじめに熱を出して以来なので、2か月ぶりのお熱。週半ば辺りから、せきや鼻水が気になっていたのですが、発熱したのが金曜日の夕方なんて…息子よ、えらいっ!
とりあえず、土日で休ませて月曜日を迎えることができます。
今日は、機嫌はよいようで、「公園行きたい。」なんて言いながらも、うちの中でいろいろ遊んで過ごしました。

夕方、ご飯を作っているときに、
「ごま、する?」と言って誘うと、やる気に。
すりばちにすりこぎでゴマをすり始めました。
これが結構うまい!
「まあるくするんだよ。」「左手は、こっちをおさえるんだよ。」などと言うと、律儀にやってくれます。
ゴマがぴちぴちと音を立てて姿を変えるのが面白いらしく、もっと入れるよう催促もします。
そのすりゴマにみりんや醤油を足し、ほうれん草をあえました。
「味見する?」と尋ねると、やる気満々。
「ほうれんそう、ごらくどー(息子の名)が作ったねえ。」と言いながら、味見をし、味見をし、それからまた味見をし…と。
普段は緑のものを見たら、まず避けていた息子が積極的に食べた瞬間でした。
体験の与える影響って大きいんですね。
さてさて、肝心の夕食の場面では、いつもどおり、魚やご飯に夢中で、ほうれん草は見向きもされませんでした。ご飯前の空腹時にお野菜を注入するのも手かもしれません。

その後は、こたつでNHK杯観戦。
息子はゆうべからフィギアにはまっていて、その前のNHKニュースでスケートの話題になった時点から、
「まおちゃん、でる?」「くるくるくる〜って、するかなあ。」などと楽しみにしていました。
実際に放送が始まると、釘付け。
わたしのひざの上で熱心に見入ってました。
村主選手の演技で、足を絡めて回転している時に、
「おもしろい。」と言ってました。
それから、しばらくなんとなく見ているという感じでしたが、
中野選手も応援し、浅田選手の演技になると、
「おもしろい。」を連発。挙句の果ては手を叩いてリズムを取り始めました。
評価の高い演技は2歳児にも伝わるものかと、感心した次第です。

こんな感じでいつもと変わらず機嫌のよい息子でしたが、現在も38度台で就寝中。
明日もおとなしくして、来週も元気に保育園に行けますように。
 ○1年前の記事 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

保育参観

今日は、保育園の参観日でした。
参観日とは言っても、1歳児クラスの参観は、親が見ているとわかっては参観になりません。ですので、三角巾、マスク、エプロンなどで保育士さんに変装して、物陰からの参観となります。
実は、1年前、保育園の見学に行ったときに、ちょうどこのイベントをやっていたので、楽しみにしておりました。今回は、ちょうど昨日の出勤の代休だったので、午前中参観、午後個人面談という形で一日をフル活用できました。

さてさて、息子はといいますと、最初お別れした後は、見られているとも知らず、マイペースで遊んでおりました。主に木製レールにのぞみ号。途中、お友だちがなにやら意味不明の言葉を叫びながらぐるぐる回り始めると、共に輪に加わり、盛り上がっていました。が。室内で暴れるのは危ないと止められました。安全面で配慮いただいてありがたかったものの、動きや友だちとの絡みが見たかったのに、残念。

その後、歩いて公園へお散歩です。歩いてちょっと遠い公園まで移動しました。息子はよく歩いていました。が。ママは、先ほど述べた変装スタイルで、50mくらい後ろをこそこそ隠れながらついていくのです。どう見てもあやしいです。
公園で遊んでいる様子をしばらく見てから、徐々に近づきご対面です。
息子は、困った顔をしていました。やはり、いでたちがあやしかったのでしょうか。「だれだかわかる?」と尋ねると、険しい顔して「ママ」と言っておりました。
一緒に手をつないで保育園に戻って、昼食シーンを見て、一時帰宅です。

2時半になり、面談を受けに行きました。
2人の先生が相手をしてくださり、息子の様子を話してくださいました。
がんばっていること、今後表れるであろう課題などについてです。
心に残ったこととしては、入園当初大変だった食事がなんでも食べられるようになってよかったという話があります。あの頃、毎日のように心配していたわたしを明るく励ましてくださっていた保育士さんですが、実はやはり頭を悩ませていたそうです。飲めなかった牛乳も飲めるようになり、今では、苦手だった生野菜もトマトやきゅうりまで食べられるようになりました。本当によかったねと話しました。
息子の話もさることながら、パパの子煩悩ぶりについて話題になりました。誰の面談やら…?
その後、お昼寝から目覚めた息子たちとおやつを食べ、保育士さんと気さくな話をし、降園となりました。

そのままインフルエンザの予防接種へ。
おやすみの谷間ということもあってか、ちょー込んでました。
病院ではピグモンに偶然会えて、息子は喜んでおりました。
(お熱、早く下がるといいね。)

そんなこんなで、一大イベントが終了!
親として初めて参加する個人面談はなかなかおもしろい体験でした。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(5) | trackbacks(0)| |
page top

久々の平日休み♪

今日は職場の創立記念日でおやすみでした。
平日休みは久々だったので(しかも3連休♪)、満喫しました。
なかなか行けない耳鼻科に行き、シビックセンター保育課に行き、
そのまま25階の椿山荘スカイラウンジでおひとりさまランチしました。
椿山荘スカイラウンジは、女性のお一人様率が高く、しかも窓際の席をご案内いただき、あまりおどおどすることなくお昼を食べられました。
わたしにもできたことをここにご報告いたします。

その後、ラクーアやメトロエムで軽くお買い物、その後、池袋に移動し、ジュンク堂でお買い物しました。
本当は、東武デパートにも行きたかったし、整体にも行きたかったのだけど、あっという間に時は過ぎ、帰ったら4時半でした。
掃除機をかけ、夕飯の準備をしました。

今日のこの日を迎える前は、整体やデパート行きのほかにも、「ベルギー王立美術館展に行こうかしら、でも、エッシャー展にも行きたいなあ。」なんて思ってたし、図書館にも行きたかったし、普段できないところの掃除もしたかったし、1日あったらなんでもできる気でいたのだけど、1日って案外短いことがわかりました。

ボジョレーツアーに始まったここ3日は、本当に久々ののんびり週末でした。
仕事のことで心に気にかかることも少なく、幸せな時間でした。

さあ、明日から週はじめ。
また幸せな週末が迎えられますように、がんばりまっしょー。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

今週のわがや

今週のわが家は、毎日が綱渡りでした。
息子の熱は朝は下がり、36度台なのですが、保育園では毎日37度台中盤で過ごしていたようで、連絡帳には、「外には出かけず、看護師と室内で遊びました。」というようなことが書いてありました。
毎晩、明日の朝熱があったら、どうするかという対応を話し合いました。
なんとか保育園に連れて行きたいと思いつつ、鼻水たれて眠っている息子を見ながら、家で大事に看病してやれないことを不憫に思い、過ごしていました。
結局、朝の時点では熱がないので毎日登園しました。

(最近の保育園は、うちの息子が行っているところだけなのか、全体的になのかはわかりませんが、日中熱が出ても、すぐに電話がかかってくるということはありません。
よほどの熱じゃない限り、夕方まであずかってくれるようです。
看護師さんが一人いらっしゃって、様子をみていただけるのでとてもありがたいです。)

さて、わたしの方はそんな時に限って仕事でトラブル続き。
かなり消耗した一週間(4日なんだけど。)でした。
今日は、ばあばが助っ人でやって来てくださいました。
ありがたや、ありがたや。。

息子は、病気には強いようで、今までもプール熱と軽〜い水ぼうそうで休んだくらいで、保育園には元気に通ってくれています。
けれど、これから待っているのは風邪やインフルエンザの時期。
綱渡り生活に拍車がかかりそうです。

さてさて。
そんな息子は、今週ますますみっしりしてきて、ますます丸っこくなった気がします。
我々が考えた原因は以下の通り。

その .リームシチュー
夕食にクリームシチューを作ったのですが、息子は、大好きでばくばくおかわりをして食べまくっていました。

その◆,風呂
風邪気味なので、二日お風呂を控えました。
夕食でおなかぽんぽこりんのモードからしばらくして就寝なので、カロリー消費がいつもより少なかったかなあと。

その メロン
わたしの地元の友人がメロンを送ってくれました。
息子は食後にはメロンが当然出てくるものと思い、「メロン、食べる〜。」と催促し、毎日食べまくりました。

もうちょっとスリムになってほしいと思いつつ、まるまる息子をぎゅうっと抱きしめるのは非常に気持ちよくて癒されます。 ◇
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

週明けから・・・

息子が、保育園で熱を出していたとのこと。
お迎えに行ったパパが小児科に連れて行ってくれました。
熱は37度台なので、そんなに心配はいらないかなと思うものの、明日休むことになったら、やはり仕事に支障はきたします。
そこで、帰宅は遅くなりましたが、明日休んでもなんとかなるように手はずを整えて帰ったはずのママでした。
しかし、なんとなんと大事なUSBメモリを忘れ、仕事になりません。。
なんでこんな抜けてるんだろ。
大後悔時代です。
さらに仕事で一件、気になる出来事も発生しちゃってて、早めの対応が望まれます。
こんなとき、仕事を続けることのつらさ、せつなさをひしひしと感じます。

明日は、朝の息子の様子によっては、保育園を休ませることになりそうです。
その際の作戦は、
1.ママは朝早く職場に行き、USBメモリを取ってくると同時に、仕事をしてくる。
2.ママの叔母に来ていただき、叔母のお仕事に間に合う10時半までは息子をみていてもらう。
3.ママ帰宅し、叔母と交代する。
というもの。

さてさて。
息子の様子はどうなるのでしょうか。
そして、この綱渡り生活、なんとかならないものかしら。。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

毎日の進歩

どうも、こんばんは。
今週は、宿泊勤務スタートで眠くてすっかりへろへろ妻です。
でも、がんばって今日はブログ当番をやり遂げようと思います。

今週、息子は2歳2か月になりました。
日々いろーんな進歩があります。
ゆうべは、7月に保育園であった盆踊りの曲(「アンパンマン音頭」とか「勇気100%」とか)をかけたら、ジャンプし始めました。
微妙に、足が床から浮いております。
本人も嬉しいらしく、何度も何度も飛んでおりました。

それから、週の半ば辺りから1から10まで数えられるようになりました。
前は、5、6、7の辺りが抜けていたのですが、今は、お風呂でも完璧に数えて、しかもノンタンのフレーズ、「おまけのおまけのきしゃぽっぽ ぽ〜っとなったらあがりましょ ぽー。」と言ってから上がります。
おもしろいです。

東京の地下鉄は全て覚え、異なる角度からの写真でもどれが何線か言い当てます。
(われわれ親のほうがわかりませーん。)

靴を自分で脱げるようになりました。

何も教えてないのに、ちょこっとビデオで見た「いないいないばあ」の中のラーメンの歌を歌っている時もあります。
(「♪はふはふ ちゅるるるるん♪」)

そんなこんなで日々の進歩が面白くうれしい今日この頃です。

さてさて。
そんなわが家の明日の予定は、午前中、ママが歯医者から帰り次第、教育の森で開催される文京エコリサイクルフェアに出かけます。11時ごろになるかなあ。
そして、息子を昼寝させた後、神保町のブックフェアに出かけます。
新刊絵本も破格で売られる年に一度の大チャンス!
去年もたくさんの本を購入しました。
明日も楽しみだわ〜。

TAITAIさん、明日、お暇ならぜひ教育の森へ。
感動の出会い…なんてことに…なりませんかねぇ。
みなさんもぜひお誘い合わせの上、お出かけしてみてくださいね。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

おとぼけ

食事1土曜日のお昼の様子です。

この日のメニューは、フレッシュトマトのスパゲティーとポテトサラダでした。
息子は、フレッシュトマトのスパゲティーは大いに気に入った様子でした。
ポテトサラダは、ポテトやハムは好きですが、キュウリが許せない様子。

そこで、いつものように順番作戦、決行。
「順番に食べようね。ポテトサラダ食べたら、ちゅるちゅるだよ。」
と、声をかけると・・・
突然、目を閉じ、含み笑いのまま寝たふりを始めました。
首を左右に振り、リズムまでとる余裕ぶりです。

それには、われわれも思わず大うけ!
おかげで厳しいモードでの強制はできませんでした。
これで味をしめたのか、土曜日以来、息子は何か都合が悪い事態が起こると、目を閉じて、含み笑いで寝たふりを挙行しております。
いつからこんなウケを狙った行動をするようになったんだろ。

では、もう一度その時の模様を写真にてご覧ください。


食事2
追伸:土、日のブログもこの服で写っている写真が使われていますが、全て同日、土曜日のことです。先週末は話題がたっぷり生まれました。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

もうすぐ10000ヒット

右上のカウンターをご覧ください。
もうすぐ10000ヒットです!
昨年の12月に夫婦でブログを始めてから、はや10か月。
このテンプレートになってからのカウンターですので、
純粋にはもっとたくさんの回数、みなさんにご覧いただいたことになります。
ありがたいことでございます。

昨日、息子のおもしろ語が出ましたが、もう一つおもしろいのがありました。
お買い物ごっこで出かける時に
「じゃあね〜、お疲れさまぁ〜。」
との言葉。
これは、保育園の先生のお言葉では?と考えている母でした。

今日は久々に保育園のお迎えに行きました。
お迎えは大変だけど、保育園の様子もわかるし、
ときには自分自身の気分転換にもなっていいなと思いました。

さて。
息子は、最近、おしゃべりもよくしますが、あいかわらずよく歌を歌います。
「もりのとんとんバンド」(湯本香樹美 作 年少版こどものともバックナンバー)に
出てくる歌をパパがつけたオリジナルフレーズで、大声で得意げに歌ってます。
パパの実家に行った際は、ピアノをめちゃくちゃに弾きながら、
「たなばた」や「ドレミの歌」を歌ってました。
何か、こういう芸を仕込み、活かせないかと考えてみようかしらん。

あれこれ考えながら、まとまりのつかないブログですみません。
10000ヒット目のあなた!
コメントを書き込んでいってくださいね。
お待ちしてまーす。 
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

ひさしぶりのブログ投稿

こんばんは。
久々に(1か月ぶり)ブログ記事を書きます。
コメントは結構書かせていただいてましたが、本編は久々です。
歌舞伎以来?

わが家は今、パパが大活躍です。
毎日のブログ記事投稿は言うに及ばず、息子の送り迎え、お風呂入れなどの元からの仕事に加え、食後の片付け、洗濯物干し、時には息子の寝かしつけチャレンジなどなど、ぐんぐんと家事請負率がアップしてきています。
(ごめん、パパ。でも、感謝!)
それもこれもわたしが仕事でハードな毎日を送っていることが原因。
子育て期(しかも育休開け)は、お給料が減ってもいいから、
もうちょっと仕事量&責任が軽くなるといいのですが。。
その方が職場にとっても、個人にとってもいいのでは?
個人の希望に沿って、仕事ばっちりコースか、負担&給料軽減コースが選べるとか。
…なんてことを考えるのは、わが家だけ?
そんな少子化対策はだめですかねえ。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

歌舞伎!カブいて〜おどれ〜! その3

2幕は「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」。
吉衛門さんの登場です。
あばた顔のもてない男(吉衛門)が吉原に行き、
今をときめく花魁八ツ橋(福助)に会い、
一目ぼれしてしまうというストーリーなのですが、
もう、吉衛門さんは、あのすてきなおだやかな吉衛門さんでしかないっ!
と思いながらも演技にぐぐーっと引き込まれてしまいました。
福助さんの美しい花魁ぶりに魂を抜かれる思い。
テンポよく進むストーリー、美しい衣装、回り舞台の演出などから
1幕とは別の面白さが我々をとりこにします。

次の幕間は15分。
1階の舞台付近を社会科見学した後でトイレへ。
女子トイレは飽和状態で、席に戻る頃には第3幕が始まりましてございます。

第3幕は「鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)」。
舞踊劇です。
染五郎が美しい姫(実は戸隠山の鬼女)となり、
侍女と共に平維茂一行を襲うというものです。
美しい所作、舞い、鼓や篠笛などの演奏、圧巻、圧巻!
歌舞伎見たでぇ〜!
という感じ。

大興奮のまま歌舞伎座を後にし、現実世界へと戻りました。
夜の銀座を歩きながら、高揚した気分に浸ります。
今回の帰りばっかりは、夫婦で息子の話は出ず、
歌舞伎の話をして帰りました。

初めての歌舞伎観劇は大感激のうちに幕を閉じました。
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

歌舞伎!カブいて〜おどれ〜! その2

そもそもなぜ歌舞伎を見に行くことになったかというと・・・
夫の会社の上司に歌舞伎に詳しい人がいたのです。
1度行って見たいと思っていたのですが、
めくらめっぽうの出かけてもよくわからないだろうしということで、
夫が話をしてみたところ、初心者向けのいい舞台があると紹介を受けて
一緒に見に行きました。

場所は東銀座の歌舞伎座です。
前を通ることは多々あるものの、入るのは初めて!
歌舞伎座
一歩中に入ると、異世界が広がって・・・
なんてすてきなんでしょ。
と、お土産屋さんをそぞろ歩き、
これはと思うものを2つ3つ購入。
10分前くらいに座席まで移動しました。
歌舞伎座内部
わくわくしながら、イヤホンガイドを耳に。
これはいいシステムです。
誰が出てきたのか、どんな見所があるか、時代背景など
うんちくも語られ、素人でも置いてきぼりにならない。
ありがたや。

1幕は「菊畑」時代物です。
主役の松本幸四郎、登場からしてわくわく感が高まります。
牛若丸役の市川染五郎を見てうれしくなってしまいました。
(「いざやカブかん!」の人だ!)
さすが若くて技術もある染五郎さん、所作の一つ一つに感激しきり。
登場人物揃っての最後の見得も圧巻!
始めは話についていけるかとドキドキしていましたが、
1幕終わった時点でこれは面白いものだと夫婦揃ってすっかり魅了されてました。

ここで30分の幕間となり、上司の取り計らいで食事を取ります。
ご飯を食べながら、ちょー初歩的な質問をいっぱいしました。

by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ご意見募集中!

最近、電車が大ブームの息子。
連絡帳のコメントにも
「プラレールに夢中なごらく堂くん。食事中も『食べたらやろうね〜。』とニコニコ顔で楽しみにしています。みんなは動かない電車よりも動かし方に興味を示していますが、ごらく堂くんは2両つなげた京浜急行(?)をとっても大事に持ってレールを走らせていました。動く電車のところにも来て、足のトンネルをしてみんなと同じ格好をしてはしゃいでいました。」
てな内容が書かれており、ますます電車大好きの様子。

先日の2歳の誕生日にプレゼントをと思ったのですが、
ちょっと悩んでいて、まだ買っていません。
(ごめんね、息子。。)

電車関連のおもちゃにしようと思っているのですが、
さて、どうしたものか。。

候補その1
プラレール関連のもの。
 リアルな車体は魅力かも。電池を入れたら動くのもいいんだろうな。

候補その2
木の汽車おもちゃ(BLIOなど)
 自分で動かしたり、考えたりできるのがいいんじゃないかなあ。
 プラスチックよりも木の素材感ってよさそうじゃない?

・・・てな感じで悩んでいるので、「電車のおもちゃでおすすめよ!」という物があったり、「このおもちゃ、持っているけど、こんな感じで遊んでるよ。」なんていう体験談などお持ちの方は、ぜひぜひ教えてくださーい。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]おもちゃ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

夏の読書 〜妻編〜

ここのところ、夜ばたばたしていて、夫にブログをまかせてました。
今日、久々に読んでみたら、夫が夏の読書について書いてたので、
読んでみました。
カタカナがいっぱいで、目が素通りしていくぅ〜。
・・・。
夫はかなり読書をするので、感心します。
わたしはというと、読むのが遅いので、自分でもなんとかしなきゃと感じてます。
そんなわたしのこの夏の読書歴はと言いますと、次の通り。

小泉八雲 「神々の国の首都」
 → 夫からこの夏の課題だと、7月に手渡されたものの、
   松江旅行までに1章半くらいしか読んでおらず、
   その後あわてて読んでいる代物。
   まだ読破できておりません。
   内容的には興味深くとてもおもしろいです。
   「電車で読む本」と決めているのですが、
   いろいろ気になることがあって
   電車で落ちついて読めないのが理由だと思います。

森 絵都 「いつかパラソルの下で」
 → 森 絵都さんには3、4年前から注目していたのですが、
   このたび直木賞を受賞されましたね。
   これは、児童文学を書いていらっしゃった森さんが
   大人向けに書かれた本の2冊目かな。
   文体が読みやすいので、1日で読みました。
   久々にごいーっと読めました。

二ノ宮 知子 「のだめ カンタービレ」
 → マンガです。職場の人に借りています。
   久々にマンガを読めてうれしいです。
   音大でのラブコメディーって感じかな。

重松 清 「小さき者へ」
 → 「夏にすぐ読むぞー。」と思って買ったのに、
   まだ1文字たりとも読んでません。
   反省。

てなわけで、やわらかい本がほとんどであるのにもかかわらず
じっくり読めていない現状が明らかになりました。
さて、原因は?
時間がない とは言いません。
時間は作るものでしょうから。
心に余裕がないのだと思います。
読書の中の非日常の世界に入り込む余裕が。
そんな小さな余裕さえない自分が情けないわ〜。
夫のスーパー読書術に少しでもあやかりたいと願う
2006年の夏でした。
反省しきり。 
by ごらく堂主人(妻) | [読書]未分類 | comments(3) | trackbacks(1)| |
page top

息子を保育園に預けて、親は。。。

休みなんだけど坊主を保育園に預けて親は遊びにいっちゃった!
(午後だけね。)
と、こういうわけです。
たまにはこんなことしても罰当たらないかなぁ。

午前中仕事に行った後、本日まで夏休みのパパとおち合い、池袋へ。
当初の目的は、久しぶりに映画でも見ようということでした。
「ゲド戦記」目当てで映画館へ。
ところがところが。
東京で映画を見るのは簡単ではありません。
上映時間の直前はチケットを買うだけでも長蛇の列!
はじめからげんなりしてしまいました。

コンビニに行き、別の場所へ行こうか、
次の回を見てもお迎えに間に合うだろうか、
計画を変更しようかとなどとあれこれ考えてみましたが、
映画鑑賞はどうも無理な雲行きになってしまいました。
そこで、結局、サンシャインでお買い物でもしようということになりました。
サンシャインには子連れでよくお買い物に行きますが、
子連れだと時間の制約などあり、ゆっくり見られないのです。

サンシャインでは、GAPで息子の服と帽子、
古本市で「こどものとも」のバックナンバーを数点購入しました。
しかし、お盆休み最終日のサンシャインは、普段以上に混んでいた!
ここでもげんなりした夫婦でした。

その後、プラネタリウムに行こうかと屋上に上ろうとすると、
エレベーターがいっぱいで四苦八苦。
やっとたどりついたチケット売り場は
長蛇の列でまたまたげんなり。
疲れてきたので、カフェを求めてサンシャインを後にしました。
とりあえずは、ジュンク堂をめざします。

目ざしているうちに、小腹がすいてきたことに気付いたわたし。
半分冗談で
「ラーメン食べる?」
なんて話になり、目的に近くの「屯ちん」を覗いてみると、
行列がありません。
それならということで、入店し、久々においしいラーメンを堪能しました。

その後は、ジュンク堂で各々30分のフリータイム。
ところが、どんどん時間は伸び、結局タイムリミットの5時10分頃まで
フロアを堪能したごらく堂夫婦でした。
ちなみにわたしは、仕事関係の本を中心に9,000円分も購入。
(はじけすぎ?)
パパも触発されたのか、高額本を1冊購入していました。

そんなこんなの午後でしたが、当初、
久しぶりの「平日デート」をスローガンに楽しみにしていたわりには、
げんなり続きでちょっと残念でした。
それと、話す会話は息子のことばかり。
「今頃どうしてるかねえ?」とか
「今いたら、こんな事言ってるだろうねえ。」とか。
口癖まで織り交ぜてトークし、息子と一緒の生活が
当たり前になっていることを改めて感じました。


教訓
その1 お盆休みに繁華街に出かけるな。余計に疲れてげんなり!
その2 映画を見に行くときは、時間にちょー余裕を持って行こう。
    もう何年も映画館に行ってない!今年中にリベンジを誓う! 
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

息子のおしゃべり

久々にブログ当番の妻です。
昨日、ながーい、たのしーい帰省から戻ってきて、
今日は家族3人ゆっくり過ごしました。
息子はプール熱から帰省と続き、
明日、2週間ぶりの保育園登園になります。
本人はとても楽しみにしているようでが、大丈夫かなあ。

そんな2週間で息子の言葉もぐんぐん進化を遂げました。

・「〜したい。」という言葉がしょっちゅう出てくるようになった。
 (しかし、「食べるたい。」「起きるたい。」「遊ぶたい。」などと
  ちょっと活用が間違っている。。)

・来てほしいとき、「おいでおいで〜。」と手まねきしながら呼ぶ。
 (通常モードのときだけでなく、激泣きの時にも同様に呼ぶのでおもしろい。)

・欲しいものがあるとき「かーしーてー。いーいーよ−。」と言いながら
 手を出す。
 (これも激泣きの時にもやっていて笑える。)

・「にほんごであそぼ」のネタが大ヒット!
 (「法螺侍(ほらざむらい)」「でんでらりゅうのうた」は、
  常に口ずさんでいる。
  「勧酒(かんしゅ)」という井伏鱒二の名訳文も謡のように節を付けて
  「さ〜よ〜な〜ら〜だ〜け〜が じん せい ・・・ だっ!」と
  突然言うので周りの人たちがとても驚いていた。
  親はおもしろがって何度も言わせていた。)

・「何歳?」と聞かれると、「いっちゃい(1歳)」と言って
 指を立てていたのが、「もうすぐ、にちゃい(2歳)」と答えるようになった。
 (今月末には2歳。チョキと指で示すのはまだむずかしい。)

・まっすぐで長いものを見ると「これ、せんろみたいねぇ。」と言い、
 とても喜ぶ。時々「せんろ」が「へんろ」的発音になるのもおかし。
 (バスが大好きだったのに、今は電車が大好き。)電車

・してほしいことがあると(例)「ママとだっこね。」などと、
 こちらを言い含めて、自分のペースにもっていこうとする。
 (妙に説得力があるので、つい乗せられてしまう。注意!)

・・・てな感じです。
日に日に言葉が増え、会話もおもしろくなってきました。
しかし、それに伴って自己主張も非常に激しくなり、
嫌いなものは食べず、おやつはよりおいしいものを求めるようになり、
自分で歩くよりも、パパの肩車と両親のだっこをおねだりする・・・
などというようなことになりました。
息子天下(息子バカ殿化)にならないよう、
こちらも自己主張とうまく付き合わねばと思っています。

親は仕事モードに戻るのが気が重いけど、
息子はまた保育園で少しもまれておいでといったところでしょうか。
明日、久々の保育園でどんなことをして帰ってくるのか楽しみです。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

出雲小旅行二日目

今日も炎天下の中、観光しました。

松江城、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居跡、八重垣神社です。

松江城の天守閣は四方が見渡せ、風が吹き抜け、気持ちよかった〜。

帰省デイズも残りわずか…。いつもなら東京に帰りたい頃なのに、今回は現実に戻るのがいや〜。

いつまでものんびりしてたいママでした。
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

嗚呼、プール熱。。

朝、起きたら息子の左目が腫れてました。
2、3日前から目やにが出て赤かったので、
眼科で見てもらい、目薬をさしていました。
なんとなく心配になったので、病院へ行ってから登園することに。
しかし・・・
眼科って、木曜日が休みなんですね。
ご近所の眼科はほとんどがお休み。
黄色い鼻水も出るし、ちょっと微熱もあるようなので、
かかりつけの小児科に行くことにしました。

小児科で症状を言い、見てもらうと
「アデノウイルスの検査をしましょう。」
とのこと。
長い綿棒のようなもので口の中の粘膜を取り、待つこと5分。
見事、陽性でした。冷や汗
咽頭結膜熱―プール熱とも言われている―とのこと。
のどの痛みはそれほどではないようだったけど、
これで目の赤みや腫れも説明が付くとのこと。
熱が5日くらい出るそうです。[:がく〜:]

急遽仕事を休み、今日は一日家で過ごしました。
息子は、つらいらしく
「いたいー。いたいー。」
と言いながら泣いていました。
(たぶん、不快を表す言葉を「痛い」しか知らないんだろうな。)

解熱剤を飲んでからは、少し元気が出てきました。
いろんなものを食べたいとぐずってましたが、
食欲があるのはいいことかなと。

週末から実家に帰省する予定だったのですが、
息子は一足早い夏休みに入ることになってしまいました。
土曜日、飛行機に乗れるまでに回復するのでしょうか・・・?


追伸:そんなこんなで忘れられがちでしたが、本日結婚記念日でした。
   そして、こんな中でイベントもなく、今日が終わりそうです。
   (というか、もともとイベントを企画してなかった。)
   来年はもちっと楽しい日になるように考えようね、パパ。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

アイーダ アイダ

今日は、東京体育館で元気アップセミナー指導者育成会
みたいな会に参加してきました。

なんとなんと!
「アイーダアイダ」の講習会です。
NHK教育テレビ「からだであそぼ」でよく見てましたが、
なかなかうまく踊れずにいました。

しかし、さすがは講習会。
動きの細かいところまで指導してくださいます。
しかも、指導の仕方まで演習がありました。
おかげさまで7割方踊れるようになりました。
これがなかなか楽しい。

この「アイーダアイダ」のダンスは
フルで3回踊ると、エアロビ30分と同じ効果があるそうです。
わかる気がする。。
踊り方ビデオももらったので、復習して、
らくらくで踊れるようになりたいものです。

CDを手に入れて、まずは一家で踊りますかー。
共に踊りたい人いませんかー?
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

遠い国からの訪問

週末、お友達と楽しい時間を過ごしました。

土曜日は、パパが炎天下のラグビーをしている間、
わたしと息子は、生後3か月頃からのお友達と会い、
ビニールプールや室内遊びで楽しく過ごしました。
なんだか懐かしく、また、仕事で凝り固まっていたわたしの心に
新たな価値観を運んで来てくれた気がします。
ありがたや、ありがたや。

そして、本日。
遠い異国の友達がわが家を尋ねてくれました。
フランスとドイツの間にあるルクセンブルグという国にいる
わたしの大学時代の友達一家がわが家を訪問してくれたのです。

彼女は、大学卒業後、ルクセンブルグの日本人学校(補習校)に就職。
当初、3年で帰ってくるつもりでしたが、
現地で知り合ったベトナム生まれ日本育ちの華僑で
当時はルクセンブルグ在住(えらい経歴だなあ。)の
旦那さんと出会い、結婚して、今もルクセンブルグに住んでいます。
きっとこれからもずっと。

今回は、2歳と、8か月の娘ちゃん二人を連れての久々の日本帰国です。
息子も2歳の娘ちゃんも人見知りがないので
はじめからすぐ打ち解けてよく一緒に遊んでました。
一緒におせんべいを食べるの図。
ルクセンブルグのお友達

息子がおなかに宿るちょっと前の夏、
わたしと夫は彼女たちの一家を拠点に
ルクセンブルグ、ベルギー、オランダ、そして、ドイツの一部を
巡る旅に行きました。
(あれは、いい旅だった。)

そのとき、夫は初めて彼女と旦那さんに会ったのですが、
すっかり馴染んでしまい、今日も昔からの知り合いのように
ざっくばらんに楽しいお話をしておりました。

わたしも、普段は遠い国にいる友達とゆっくり話せ、
昨日に引き続き、またまた新しい価値観を運んできてもらえた
気がしています。

友達って本当にありがたい。
夏休みって本当にありがたい。
(本日の話は明日のブログに続きます。)
ルクセンブルグより 
追伸:ルクセンブルグ民さま
   今日、小石川植物園で撮った写真をメールに添付して
   送っていただければ幸いです。
   何しろ当方、カメラを持っていき忘れたもので。。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

Blogでの出会い

じゃじゃーん!
息子、生後3か月の頃の写真です。
生後3か月その1
どうでしょう?
もういっちょ!
生後3か月その2

なつかしいなあ。
まだ髪の毛がだんぜん薄々星人。
目も二重になるかならないかという感じ。
おっぱいだけしか飲んでなくて、ぷっくぷくです。

なぜ、今日、なつかしの写真を載せたかといいますと・・・

このブログで直接コメントを書くのが恥ずかしいという方のために
パパが直接メールを遅れるシステムをくっつけてくれてました。
でも、そのシステムを使ってのコメントなんてぜーんぜんなかった
ので、そろそろ撤去しようかと思っていた矢先。
なんと見ず知らずながら、ご近所にお住まいの方からメールをいただいたのです!
只今、3か月の息子さんがあるというその方は、
ご近所情報を探していて、たまたまこのごらく堂ブログに
たどり着かれたとのこと。

そんな出会いが、とってもとってもうれしかったので、
息子の3か月の頃の写真をアップしちゃおうということになりました。

もう1年8ヶ月も前のこと。
おうちも今の家に引っ越す前。
なつかしや、なつかしや。
もどりたいなー。
育休生活。 
by ごらく堂主人(妻) | [地域]地域 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

保育園のイベント

今日は、保育園で「夕涼み会」というイベントがありました。
盆踊りあり、くじ引きやさかなつりなどのお店あり、
おみやげもありで盛りだくさんの企画でした。
父母会が主催ということで、多くのお父さんお母さんたちの
お力あっての会でした。

息子は1歳児ながら、大きな子に混ざって
盆踊りをのりのりで踊り、楽しんでいました。

わが家は、いつもパパが送迎をしているので、
わたしも久々に子どもたちや保護者の方たちに会えました。
この春入園したお友達親子と一緒にお店をめぐって
おしゃべりもでき、わたしも楽しい時間でした。

息子の踊りぶりは今日来れなかったパパのために
ビデオに撮りました。
帰って早速上映すると、パパは
「こんなに成長したんだなと胸がいっぱいになった。」
との感想をもらしていました。

1歳児で保育園にあずけること。
人によってはいろいろ考えがあると思います。
たしかに、一日のうちで接する時間は短くなるし、
仕事は忙しい。
お料理だってぱぱっとメニューばかり。
でも、いろんな人と関わって、成長していく息子の姿は
とても頼もしいです。
たくさんの刺激を受けて、日ごとに言葉や歌が
増えていくのもおもしろい!
それに、息子と接する時間はとても優しい気持ちになります。
悪いことばかりでもないよね。

次は秋の運動会が大きなイベントかな。
またまた楽しみです。

夕涼み会のお土産の中にあったおもしろいめがねをつけた息子。
めがね
 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

ぷ〜ちゃん。

最近、息子はプーさんのぬいぐるみが大好きです。

「ぷ〜ちゃん。」
と、裏声のかわいい声でその名を呼び、
「だいきー。(大好き)」
と、ぎゅっと抱きしめ、
電車の写真を見せてあげ、
ときには、ぬいぐるみの上に寝転んで
「やめて。やめて。」
と、自作自演をくり広げます。

最近は、寝るときも一緒。
起きたとたんにプーさんを見つけ、
「ぷーさん、おはよ。」
と、声もかけます。
かなり熱烈です。

赤ちゃんにも興味津々なので、
自分より小さいもの、かわいいものに興味が出てきたのかもしれません。
まだまだ予定はないですが、弟か妹ができてもこの調子ならいいのにな。

ちなみに、このプーさんのぬいぐるみは
わたしが高校生の頃、友達にもらったもの。
かれこれ十数年のお付き合いのものです。
キャロット、ありがとう。
大事に受け継がれております。

そんなわけで、
くまのプーさんとねんねの息子でございます。
プーさん
枕で目がつぶれていて残念。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

雷雨ぅ〜。

本日、お昼過ぎに激しい雷雨がありましたね。

わが家はみんなで出かけておりまして。
しかも、布団や大量の洗濯物も干したままでありまして。
がーんがーんががーんがーんががーんががーんががーん
な、展開になりました。

布団を雨にぬらすなどということは初めてなので、
どうしたらいいのかわかりませーん。
そのまま干し続けてみたら、乾いてきているようですが、
これでよいのでしょうか。
思い切って布団クリーニングした方が良いのでしょうか。
悩みます。
経験者の方いらっしゃいましたら、教えて〜。

出先で用事(買い物)を終え、外に出たときは
またまた蒸し暑い状態になっていました。
親子3人自転車で出かけていたので、
道中でふられなくてよかったのですが、
うちは元来、大雨、雷雨、台風などは大好きなので、
家で味わえなかったというのも残念なことでした。

また近いうちに、うちにいるときに来ないかなー。
雷雨。 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

はなうたまじり

今日はわけあって、息子のお友だち親子と会ってきました。
仕事が、ちょー忙しい山場だというのに、
えてしてこんなときこそ掃除したくなったり、
出かけたくなったりするものです。

久々に会うお友だちはみんなぐっと身長が伸びて
お兄ちゃん、お姉ちゃんっぽくなっていました。

そのお友だちの一家と、お蕎麦屋さんにお昼を食べに行きました。
そうしたところ、昔は外食をすると全然座ってられなかった息子が
座って食べられるようになってました。
で、かやくご飯をばーくばく食べてました。
で、その間ずっと
「♪なにつくろー」
と歌いっぱなし。
(♪グーチョキパーでグーチョキパーで・・・♪の歌。)

だんだん眠くなってきたのもあいまって、
酔いどれ親父のような風情で、歌って食べてってかんじでした。
あまりにも
「♪なにつくろー」
ばかり歌っていたので、お友だちのパパ(大阪出身)に
「ようけ作るなー。」
と突っ込みを入れられました。イヒヒ

そういえば、最近、ご飯食べながら歌うことが多いです。
今日も夕飯時に歌い食べをしていました。
口いっぱいに食べ物をほおばっているので、
食べこぼしもし、お行儀はあまりよくないのですが、
本人はとっても気分よさそうです。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

水ぼうそう4日目

思ったよりあっけなく終わりそうな息子の水ぼうそう。

今日は、午前中夫が休み、午後はわたしが休み、
半日ずつ面倒を見ました。
わたしが帰ったお昼ごろには、そうとうテンパっていたようで、
夫は会話もそこそこに会社に出かけていきました。
息子は眠くてぐずぐず言ってました。
だっこすると、ことんと寝ました。

3時頃お昼寝から起きたので、
先日行った小児科へ向かいました。
あまりに症状が軽いので、先生もびっくりされてました。
わたしも「これ、本当に水ぼうそうですか?」なんて尋ねるほど。
これだけ発疹が出れば、水ぼうそう認定で、
今後水ぼうそうの心配はしなくてもいいみたいです。

本来なら、水泡が破れて完全にかさぶたができないと
登園できないらしいのですが、うちの場合、
水泡のようなものもできず、赤いのがちょっとぷくっとなって、
枯れていったという感じです。
先生もかなり悩んでらっしゃいましたが、
明日は登園許可が出ました。。。
(本来、1週間くらいはウイルスが繁殖するらしいのです。
 お友だちにうつしちゃったら、どうしよ。)

頼みにしていた病後児保育は、昨日も今日もキャンセルがなく、
明日も一応予約は入れてみたもののたぶん無理そうです。
金曜日の時点でキャンセル待ち3番目だったのに、
出世して1番になりました。
しかし、今日預かっていたお子さんたちは、
とても明日元気になるとは言いがたい状態らしく、
次点になっていても、とてもじゃないけど、無理そう。
なんと、わが家のような水ぼうそうキャンセル待ちが
10人にも及んでいるそうです。
おそろしや。。
病後児保育、当選するのも難しいようです。

わにわにのおおけが
さてさて。
久々に午後休みを取ることになり、
平日の千石方面を歩きました。
せっかくなので、福音館書店に寄り、本を購入しました。
「わにわにのおおけが」(年少版こどものとも06年7月号)と
「ぶーぶー じどうしゃ」(こどものとも012傑作選より)、
「やきゅうじょうにいこう」(かがくのとも06年7月号)
の3冊です。
ぶーぶーじどうしゃ

息子は、
「みっぴーちゃん、みっぴーちゃん。」
と、買った本より、うさこちゃんの本に興味津々でした。
でも、「ぶーぶー じどうしゃ」のバスの絵は、
大好きな路線バスの絵が見事に描かれているので、
帰ってからもずっと眺めておりました。
ちなみに、「みっぴーちゃん」の本は、
帰りに図書館で借りて帰りました。やきゅうじょうにいこう
暑い中、久々にベビーカーを押してあちこち歩き回り、
ついこの間までの育休の日々を思い出しました。
あああああ。
戻りたいわーん。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

水ぼうそう経過報告

そんなわけで、水ぼうそう2日目です。
早期発見できたのは良かったです。
今日だったら、病院行くのにひと苦労だっただろうな。。
ウイルスをおさえる飲み薬ももらっているので、
1日でも早い方が、たぶんよかった・・・はず。

昨日の午後発見されたので、かかりつけ医は診察を終了しており、
一度行ったことがあって、病後児保育をしている病院へいけたので、
ついでに予約を入れられたこともラッキーでした。
しかし。
只今、水ぼうそうはかなりはやっているようで、
うちは、明日キャンセル待ちの3人目。ひやひや
土日をはさんでいるので、よくなって復帰する子もいるだろうけど、
ちょっと明日は望み薄かな。
あさってからでもいいから、預かってくれるといいのですが・・・。
(お昼ごはんを持たせないといけないのがつらいですが、
 そんなことは言ってられない。)

などという親の事情はさておきまして、
本日の息子の様子です。

昨日、赤いぷつぷつがおなかに3箇所、背中に2,3箇所だったのが、
今日は午後辺りから一気に増えました。
どうもおなかより背中、左半身より右半身が多いようです。
頭にもできて、寝起きなどしきりにかきます。
かき壊すといけないので、髪の毛をかきわけ、発疹を見つけ、
薬を塗っています。
さらに、「ママがかいてあげるね〜。」
と言って、周辺を指の腹でとんとんしていると、
気持ちよさそうにしていました。

お風呂に入る頃には、ただの赤いぽつぽつだった発疹の
中心がふくらんできました。
ますますかゆそうです。
本人も自覚しているのか、お風呂に入るときに見て、
「くしゅり、くしゅり〜。」
と催促していました。
顔にも出始めました。
目の上は、薬を塗ってもこすってしまうので、
塗りにくいので、寝てから塗ることにしました。

熱は37度台前半の微熱程度。
ご機嫌は大変麗しゅうございます。
普段より楽しそう。
ご飯ももりもり食べました。

元気そうだし、一日中家の中ではつまらないだろうと、
今日は昼寝の後、パパとお出かけに行って来ました。
宮下橋です。
昨日、病院帰りに立ち寄ったところ、
山手線を見るのによいスポットだということが判明。
今日も行って、巣鴨駅に着く電車や白山通りを行くバスなどを
眺めおったようです。
最近、電車ブームの息子にはたいそう好評だったとのこと。
宮下橋
そんなわけで、明日は初の保育園お休みとなります。
(法定伝染病だから仕方ない。ポロリ
早く元気になって一日でも早く復帰したいね。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

いやいやモードに負けないぞ。

最近、息子は一度スイッチが入ると
激しい「いやいやモード」になります。

夜中、突然目を覚まして、何をしてもいやいやいやいやいやいやいや・・・と泣き、わめき、体をぴんぴこぴんぴこと反ります。
抱っこをしても、いや。
寝かせても、いや。
お茶をあげても、いや。
いや。
いや。
いやーっ!

朝の寝起きがこれに当たると、最悪です。

先日は夕飯時。
大好きなスパニッシュオムレツを作ったら、
そればっかり食べたくて、なくなったら
大泣き、いやいやモード炸裂でした。
スプーンを投げる、お汁をひっくり返す(ママにかかる。)、
あこぎな世界が繰り広げられます。

このような状態になると、何をしても、何を言っても逆効果です。
これがうわさの2歳の反抗期の前兆なのでしょうか。

何度かこういう状態になっていますが、そんなときの対応策。
うちで成功した何例かをご紹介。

○背中をやさしくかく。
 (寝起きのとき、これをしばらくやってたらよだれをだらーんと
  たらし、気持ちよさそうにしてました。)

○「いないいないばあ」のビデオを見せる。
 (これは成功率が高いが、テレビでつることはしたくないので、
  どうしてもというときにしかしないようにしている。)

そして、ゆうべ生まれた新アイテム。
それがこれっ!

○両親が目の前で「アルプス一万尺」の手遊びを披露する。

これからも日々、あの手この手で元の世界に戻してあげようと思います。
ほっとくときも多々ありますがね。。◇
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

200回目の記事です。

2005年12月1日から始めたごらく堂ブログは、毎日書き続けて本日200回目となりました。

シャレみたいな感じで始めたのですが、
書いてみるとどんどん世界が広がっていくのがおもしろく、
「いつ、途切れるか、いつ途切れるか。。」
と思いながら、今日まで皆勤することができました。
「毎日更新」において、パパの功績は大きいです。拍手。拍手

おかげさまで、多くの方とつながることができ、
大変うれしく思っています。
わたしたちの旧友、親族もさることながら、
文京区のママ友、パパの会社の人たち、野草グループ、
一箱古本市の店主さんたち、そして、検索でヒットしてやってきてくださった「一期一会」のお客様(がっかりされた方も多数でしょう。ごめんなさーい。)・・・たち。
コメントもトラックバックもたくさんいただき、
とってもうれしく思っています。

現実の世界に加えて、ブログの世界が広がったことで、
日々の生活を少し客観的に見つめることができて
これまたうれしい経験でした。

そういえば、この「楽楽楽楽楽(ごらく)堂」という名前。
夫婦で何がいいか5個くらいずつ考えて、
「どうせ親族ぐらいしか見ないんだから。」と、
夫の考えたおやじギャク炸裂タイトルが仮採用されたまま
今ではまかり通ってしまいました。
一箱古本市で日の目を浴びてしまったからには、
今後も使う屋号になりそう。
安易に決めてしまったことにちょっぴり後悔した日々もありましたが、
まあ、いいかー。

さて。
本ブログの傾向として、いろんなカテゴリありますが、
圧倒的に子育てと本の話題が多いですね。
その二つは、子どもとそのとき読んでいる本ということで
日々変化があるものなので切り取りやすいんだろうな。

今後もわが家の日常を特に気取らずそのままに
お伝えできればと思っています。
楽しんでいただければ幸いです。
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

都学力テストってのがあったんだってね。

今回はいつもと違った切り口でのブログです。
ザ・学力。

6月9日の新聞で、今年1月に東京都の公立小学校5年生と中学2年生が受けた学力テストの結果が報告されてました。
東京都教育委員会のHPを見てみると、いろんな考察がありましたが、その中から参考になるなあと思ったことを下に引用。

・朝食をとる、学校への持ち物を確かめる、自分で身の回りのことをするなどの生活習慣が身に付いている児童・生徒の教科の平均正答率は高い。

・根気強い、ボランティア活動(手伝い含む)を続けている、人のために役立ちたいと思っている児童・生徒の教科の平均正答率は高い。

・本を毎日1〜2時間読む児童・生徒の教科の平均正答率は高い。
(なお、これらの調査結果は、過去2年間、同様の傾向である。)

教育現場での感覚に近いものをこの報告で感じました。
学力をつけるためには、その下地となるものが形成されていないとどうしても伸び悩みます。
下地となるものって、本当に基本中の基本の生活習慣から始まります。
そこがおろそかになっていては、親の思いも子どもの思いも空回りしがちで、どこかで歪みが生まれてきます。
わたしも親として、肝に銘じていかなくてはいけないなあと思いました。

文京区の小学校5年生はなかなか健闘してました。
全都下市区町村別の順位を書いてみます。
国語が1位。
算数が2位。
社会が2位。
理科が2位。

ところが、中学校は国語、数学、社会、理科は上位6位以内からは消えます。
英語だけ4位でした。
これはどういうことなんだろう?

ちなみに、小学校上位6位以内によく出てくる区市町村は
ざっと千代田区、目黒区、中央区、杉並区、文京区でした。
この辺りの地域は他区から越境で来る子も多いのではないかということを、素人ながらごらく堂では考えてみました。
あとは、地域的に保護者の教育に対する意識が高そうかも。
金銭的にも余裕のある方が住んでそうだし。

中学校上位6位以内によく出てくる区市町村は、ちょっと変わりまして
目黒区、国分寺市、武蔵野市、小金井市、千代田区です。
小金井市は小学校の部でも健闘していました。
目黒区は小中学校両方で好成績です。
うーん。たしかにハイソっぽい。

まあ、順位とは言っても差は微々たるものなのでしょうね。
息子がこのテストを受ける頃にはどんなことになっているのやら。

ゆとり教育も学力至上主義も、それぞれに功罪があり、
教育の歴史もその間で大きく揺れながら進んできていることを
大学時代に学んだ覚えがあります。

今、思うのは、親が何に価値を見出すか、そして、それに向けて教育する姿勢が大事だということ。
昔みたいに、いい大学にいかなくてはいい人生はありえないっていう時代でもないし、社会の価値観がこれだけ多様化してしまった現代を生き抜くには、何か自分や家族なりの柱がはっきりしていると強い気がします。
もちろん、常識にはずれない範囲内で。

・・・とは思うものの、実践していくのはなかなか難しいだろうなと思いながらふけてゆく水無月の夜。

とりあえず、うちは息子の自主性を尊重することと、小さな喜びや進歩を認め、励ます姿勢から始めたいと思っています。
教育って、しつけって、結果がすぐに出るものではないし、
一人ひとりにとっての「いい結果」って違うから難しい。
でも、その時その時ベストだと思うことを積み重ねていくしかないですよね。

あ〜。
いつものブログと違って、真面目な内容となりました。
たまにはこんなんもありかしら。。
(絵文字はないけど、妻がお送りしました〜。)

教育委員会 学力テストに関するHPはこちら
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(7) | trackbacks(1)| |
page top

自分の時間

妻です。
4月から職場復帰して、ちょー多忙な毎日を送っているにも関わらず、
実は、現在、もう一つ新しい試練(?)に立ち向かってます。たらーっ
それが・・・短歌。

なぜかというと、ですね。
復帰後がこんなに大変になるなんてまだ思ってなかった3月のある日、
区報に区民大学のお知らせがありました。
「短歌入門」っていうのが土曜日の13時〜15時に8回シリーズであるのを知り、お気楽な気持ちで申し込んでしまったのです。
それが、通りまして。
てなわけで、土曜日にはシビックセンターで短歌のおべんきょしてます。てれちゃう

で、ですね。
毎回自作の短歌を2首提出しなくてはなりません。
前回提出した短歌を次の会で批評していただくのです。
短歌はまったく初心者のわたしです。
五七五七七の三十一文字で書くのは知っていますが、その程度。
毎回2首提出っていうのが結構大変です。
推敲なんてできてませんから、へなちょこな短歌ばかり出してます。
昨日なんか「これは、どんな情景なのかわかりませんねぇ。」と
ダメ出しされました。ハハハ・・・。わーい

短歌入門の会参加者はほとんどが年配の方で、歌をたしなんだ方が多そう。
その中で、私の作る歌は毛色が違ってお恥ずかしいって感じです。

でも、まあ、なんにしろ自分の時間をもてて、気軽に創作できるというのは貴重なことだと思います。
日常からちょっと離れた時間があって、リフレッシュできるし、
自分が「生徒になる」っていう感覚って、学生の頃を思い出して
なかなかいいです。読書

せっかくなので、はずかしながら今までに出した歌から少しご紹介。

・街ねむり乳をふくます我の手に未来のつまったたしかな重み
 
 (息子が生後半年くらいの時、夜中の授乳をしながら作った歌。
  先生からの批評「初めてにしてはまとまっているが、
  赤ちゃんを表現するときに『未来のつまった』という
  表現はすでによく使われているので、違う表現を探す
  といい。」なるほど。奥が深いものです。)


・超音波で知りし我が子の顔の向きあの日のうれしさ向きぐせにあり

 (これも息子が生後半年くらいのときに作った歌です。
  先生の添削により・・・
「超音波で見てうれしかりし顔の向きあの日のままに向きぐせのあり」
  の方がわかりやすいのではということ。いかがでしょうか。)


・ビルの間に吹く風春の気配して口ずさみ行く「赤いスイートピー」

 (このブログにも書いた3月末の頃の歌です。
  先生からの批評「春の訪れを感じた気分のよさがよく伝わってくる。
  結句の『赤いスイートピー』が生きている。欲を言えば、気持ちの
  よさだけでなく、他にも抱えている心の中の思いを出して、陰影を
  つければなおよい。」・・・言われていることはわかるけど、三十一
  文字でそれを出すのは難しい・・・。)


・夕暮れの通勤電車で見る風景(そと)は仕事と家事の間のファンタジー

 (仕事復帰してから、電車の中で読んだ歌。
  先生からの批評「設定はよくわかるが、『ファンタジー』というか
  らには、普通の車窓からの風景ではないもっとわくわくするものが
  見えているのではないか。その風景が見えるように歌うこと。」
  はーい。がんばりますぅ。。)

というような感じです。
三十一文字なので、削れる言葉は削って、もう一つ先まで歌うとか、
自分の感じたことを出さないと、どこにでもある歌になってしまうとか、
そういうことを学んでいるところです。
現在、4回が終了し、次回から後半です。
今回は、宿題の2首が提出できませんでした。
今週は、歌を作る余裕があるといいなあと思います。
(時間ではなく、心に。)

最後に、そんな会に出かけさせてくれる夫に感謝。王冠2 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

しゃぼんだま

最近、お風呂でしゃぼんだまをしています。ラッキー
息子はこれが楽しいらしく、とてもいきいきとした表情で見ています。
自分では、ふーっと吹いてもシャボン玉1つまだ飛ばせませんが、
親が飛ばすのを見て大盛り上がりです。

最初はとにかく飛んでるだけで嬉しいって感じだったのですが、
月曜辺りから大きいのに夢中です。
小さいのがたくさんっていうのも嬉しそうですが、
大きいのは格別な期待をこめて見つめています。見る

親は親で「じゃあ、大きいのを作りましょう。」と気合を入れるのですが、
これがうまくいったりいかなかったり。
で、ついついこちらも夢中になってたりする今日この頃です。たらーっ
シャボン玉、楽しいですねぇ。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

探し物系オウントーク

最近、息子は一人でいろいろしゃべってます。ラッキー

日曜日、お昼寝からむくりと起き上がり・・・
「あれ?とけい(の)ほん、ないねぇ。」
「どこだろ。」
「さがそー。」
「あれ?」
「・・・あ〜っっった〜っ!」
     ↑
(この部分のためがかなりのものです。)

独り言なんだけど、会話として用法があっているので驚きます。わーい


電車の絵が載っている本を見て・・・
「でんしゃくるよ、でんしゃくるよ。」
(線路の絵を見ている。ページをめくって電車の絵。)
「あ〜っっった〜っ!」電車

こんな会話が一日に何度も聞かれます。
電車がないページをめくると、電車が出てくるのがわくわくするらしく、
しばらく何度もやってます。
夫の本棚から「東京人」という雑誌の駅特集のものを出してみたら、
白黒で昔の駅とか載っているのにも同様の反応が見られ、
1歳にして「東京人」を愛読しているようなおもしろい息子になりました。イヒヒ

次はどんな物や本に興味を示すやら。
どんなお話が広がるやら。
楽しみです。ラッキー


追伸
10日くらい前から、お名前をフルネームで言えるようになりました。
でも、昔の名残で「お名前は?」と聞くと、下の名前だけ答えてます。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

最近、買った本。

最近、歌と時計と電車がブームの息子。
そのブームにのって、最近買った本がこちら。読書
「ぼくとわたしのせいかつえほん」と「うたえほん」です。
「うたえほん」はむかし、海外で子育てをしている友だちに「日本の童謡を歌って聞かせてあげてね。」という気持ちをこめて送ったことがあり、喜ばれました。
そしたら、この間、保育園でも人気だということを聞きました。
子どもがページをめくって、歌うよう保育士さんにせがむらしいのです。
気の毒に保育士さんの声はかれ気味とのこと。
でも、そのおかげで息子はかわいらしい日本の定番の童謡を次々に覚えているのでありがたいです。
わが家にも1冊・・・と思い、購入しました。
(現在、シリーズで3冊出ています。)

息子は突然歌のフレーズを口にします。
それが何の歌かわからないときもありますが、
「おっ、あの歌!」
と、ピーンと来ると、お互いのテンションが上がります。
最近は、「チューリップ」「こいのぼり」「かえるのうた」
「かわいいかくれんぼ」「おおきなのっぽの古時計」などがよく歌われます。
ぼくとわたしのせいかつえほん」は、身の回りのいろんなものの絵が描かれていて、物の名前を急速に覚えている息子にはうってつけです。
めくる度に知っているものを見つけて大喜びです。
大好きな時計も、電車も、バスも、バナナもついてます。
「うたえほん」と同じ作者で、同様の装丁なので、
2冊ペアで出して読んでは喜んでいます。

というわけで、普段息子の本は定価で買うことがほとんどない我が家ですが、
久々に定価で2冊の本を買いました。
今年のお年玉に親戚から5,000円分の図書券をいただいていて、
手付かずになっていたのですが、やっと有効に使えました。
次はどんな本に出会えるやら、楽しみです。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

5月も皆勤賞!

4月に続き、5月も風邪一つひかず、元気いっぱいの息子。イヒヒ
只今、一度も休まずに保育園に通っています。
世にも恐ろしい仕事中に呼び出しの電話なんてのもまだありません。

これって、やっぱりめずらしい話みたいで、連絡帳にも
「入園すると、必ずと言っていいほど体調を壊し、
 お休みしますが、ごらく堂くんは元気!」
というような内容が書かれていました。
ありがたや、ありがたや。猫

息子は、土日にも朝食を食べて一息つくと、
「ほいくえ〜ん。」
と、出かけるそぶりを見せるほど保育園が大好きです。
お友だちの名前も覚えて、うちでもよくつぶやいてます。

今日は砂場で3歳の男の子とバケツの取り合いをした様子。
そんな場面でも先生たち(息子の担任の先生も3歳児担任の先生も。)は、
どうなるかやさしく見守ってくださったとのこと。
結構長い間双方ゆずらず、結局は3歳のお兄ちゃんが持って行ったらしいのですが、
大人の監督の下、こんなことをできるのもいい経験かなと思いました。
ますますたくましく育ちそうです。てれちゃう

明日はどんなことをして帰ってくるやら、楽しみ楽しみ。ウィンク 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

感心した絵本

こんにちは。
お久しぶりに記事を書く妻です。
ずいぶん記事を書きませんでした。
「便りがないのは元気な知らせ」とは言いますが、
今回は「いっぱいいっぱいな知らせ」でございました。ムニョムニョ
働くって、お給料もらうって、やっぱり大変なことですね。ノーノー

さてさて。
ここのところなぜか「時計」と「電車」が大ブームの息子ですが、
私の本棚からある本を持っていきました。読書
どうやら気に入ったようです。
それが、「おやすみなさい おつきさま」。月
雅子様おすすめの本という内容の帯が付いていて、
息子が生まれるずいぶんと前に古本市で新品が安くなっていたので
購入していたものです。

購入当初は、「おやすみ、えのなかのうし。」「おやすみ、あかいふうせん。」などの単純なストーリーに、
「ほうほう。寝る前に眠気を誘う本なのね。」と思っていたのですが、これ大間違い。
似ているようで違う絵を、隅々まで見るのが楽しい本でした。
息子は、絵の中に2つ描かれている時計を探すのを楽しみ、
風船を探すのを楽しみ、だんだんのぼっていく月を見つけるのを楽しみ・・・
ついには、どこへ移動しているかわからないねずみを探し始めました。イヒヒ
ねずみさんは、小さい上、ちょこまかと部屋の中をかけまわっているようで
なかなか見つかりません。
見つかるものを何度も見つけるのも大喜びですが、
今後、それでは物足らなくなったときにこういうキャラクターがいると
ながーく楽しめるんだなあと思いました。
久しぶりに感心することしきりの本でした。ラッキー
雅子様、お目が高いっ!
というか、もともとは雅子様がお小さい頃に読まれていた本だったっけなあ。。

何はともあれ、最近、「とけいのほん」と「でんしゃのほん」ばかり読まされて食傷気味だったママには、うれしい本との出会いでした。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

雨の週末

今年の5月は雨続き。あめ
気持ちのいい「五月晴れ」なんて片手で足りるくらい?
って感じもしますが、もうちょっとあるのかな。

わが家では、雨の週末の過ごし方に頭を悩ませております。ムニョムニョ
保育園で毎日、ダイナミック且つわっくわくの日々を過ごしている息子には
雨の日に一日うちの中でゆったり過ごす・・・なんてことはありえず、
朝食が終わってひと息着くと、
「しょと、しょと(外、外)。ぶーらん、ぶーらん(ブランコのこと)。」
と、叫び始めます。

♪雨だーと言ってもわからない
 ぬれるーと言ってもわからない
 わんわんわわーん わんわんわわーん
 きげんが悪くなる むすこちゃん〜

てなわけで、雨の週末の過ごし方に苦慮しております。ポロリ
育ち盛りのお子さんをおもちのみなさん。
みなさんは雨の日にどんな過ごし方をされてますか?
どんな小さな情報でもかまいません。
何かナイスアイデアがありましたらご一報くださいませませ。ひやひや
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(7) | trackbacks(0)| |
page top

連絡帳はおもしろい。

保育園とは連絡帳というものを媒体に情報交換を行っています。
これがなかなかおもしろい。イヒヒ
もともと思い出好きのわたしは、自分の手帳に息子の日々の記録などをつけていたのですが、職場復帰し、そんな余裕はなくなりました。
でも、それに変わって毎日書くのが連絡帳。鉛筆
家庭での息子の様子を書くと共に、お返事でわたしたちの知らない息子の日常が知らされる。
当たり前だけどありがたーい。おはな

日記だと自分の根気如何で続かないこともあるけれど、
連絡帳は書かねばならぬものだしぃ。
お返事あるから張り合いあるしぃ。
・・・てなわけです。わーい

1歳児の担当の先生は4人いらっしゃるのですが、
先生によって書き方に個性が出てこれまたおもしろい。子供
絵文字多様のおもしろーい内容を書く先生、
保育園の様子がよくわかるように書いてくれる先生、
質問に丁寧に答えてくださる先生・・・などなど。

うちは夫が送り迎えすることが圧倒的に多いので、
連絡帳書きはわたしが担当です。
夫は先日、
「連絡帳書くの、よく続くなあ。」
と感心した後で、
「・・・ん? もしかして、毎日コメントが来るブログ感覚?」
と言ってました。
うーん。
たしかにそんな感じかも。猫2 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(5) | trackbacks(1)| |
page top

試練の日。

こんばんは。
いやあ、今日はごらく堂、試練の日でした。ムニョムニョ

今日、わたしは職場の公開日で休日出勤でした。
これが結構プレッシャーで2、3日前から食事ものどを通りにくい状況でした。モゴモゴ
自分って、緊張しいなんだなあと改めて思いました。
まあ、それもこれも終わってしまえばこちらのもの。
終わったー!という達成感でいっぱいです。
わはははは〜。楽しい

パパはパパで、わたしがそんなわけで1日仕事なので
息子と一日過ごさなくてはなりません。
しかも、趣味のラグビーの試合と重なり、
なんと一人で調布のグランドまで連れて行ったそうです。
試合中は別のメンバーの奥様に見ていただいたとのこと。
大変だっただろうなあ。。てれちゃう
パパもわたしが帰ったらかなりぐったりしてました。

てなわけで、昨夜は夫が
「明日はおたがい『図太く』をキーワードで行こう。」
と話していました。
わたしは、見られている間、小さなことを気にせずがんばること。
夫は片道1時間は電車に乗っているので、
そのときにどんなことがあってもがんばることというわけで
そんな目標を立てたようです。

そんな懸案の一日が終わって、よかったよかった。パクッ

明日は代休。
うれしいな〜♪
保育園、そ〜っとのぞきに行っちゃおうかな〜。ラブ 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

ゴールデンウィーク中のひとコマ

ゴールデンウィークはとっくのとうに終わりましたが、
楽しかった日々から親子での写真を1葉。
さわやかな5月の雰囲気が出てるかな。

いいお天気の日はやたらと公園へ出かけたゴールデンウィークでした。
息子は噴水など水場が大好きです。

噴水

さて、ここはどこでしょう?
文京区民と豊島区のはしっこのみなさんならご存知の方も多いかも?


全然話が変わりますが、私個人的には今週はとても仕事が楽しいです。
先週、連休の谷間にちょっとしたトラブルがあったのですが、
連休明けて月曜日に解消されて以来、とても雰囲気がよいのです。
雨降って地固まる。
連休に宿題だった仕事をやり遂げたことも心の余裕につながっているのでしょう。
「仕事に追いかけられるより、追いかけろ。」という、かつての上司の言葉も思い出しつつ、今夜もぶりぶりお仕事しました。
がんばるぞー。(いつまで続くやら。。)
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ぐん、ぐぐん!

5連休。
久々に家族みんなで過ごし、楽しい時間でした。ラッキー
息子はこの5日でまたぐんと成長しました。

 1)2語文を話すようになりました。
   「水、じゃあじゃあ」
   「階段トントン」
   「ママ(パパ)だいきー(大好き)」ラブラブ  などなど。

 2)夫の実家では、ごはんと寝ているとき以外は、
   ほとんど外で遊び、大満足。イヒヒ
   (公園で砂遊び、すべり台、ブランコ、かくれんぼ、
    お庭でわんわんと遊ぶ、裏庭にまわる、ご近所の散歩など)

 3)「月」を認識し、夜空を見上げて「ちゅきちゅき」と大喜び。月
   (夫の実家での初日、外遊びを満喫しすぎたためか、
    夜泣きをしました。そんなときにベランダで月を見て
    気を落ち着けるのにも役立ちました。)
 
 4)歌のフレーズを一部メロディーを付けて歌うようになりました。
   音も結構あっていて、ふいに歌うのでおもしろいです。カラオケ
   「パレード」の「パ・パ・パ・パ」「ど・ど・ど・ど」、
   アルゴリズム体操の「パッチンパッチンガシンガシン」など

・・・というようなかんじで、やんちゃぶりもパワーアップしています。猫

  
さあ、連休明け。
子どものエネルギーに負けずにがんばっていかねばー。ピピピ
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

お食事ネタ つづく

今日は二人で保育園のお迎えに行ってきました。
先生ともお話できて、よかったです。ラッキー

やはり話題の中心は、お食事に関してでした。
離乳食時代の偏食傾向を聞かれたり、
(初期・中期はなーんでも食べるよい子でした。)
母乳をやめた時期と偏食の時期を聞かれたり
(なるほど、関係ありそうね。)
・・・した後で、今日の給食の様子を聞きました。

「ごらくどうちゃん、話がよくわかってきてますよ。
 今日は、『牛乳のみ終わったら、お茶だよ。』とか
 『順番に食べようね。』とか言ったら、納得して食べてたし。」
・・・とのこと。
そんなのうちではありえなーい!びっくり

あれだけてこずった給食タイムも、周りの雰囲気などに助けられながら
この1か月でずいぶん改善されてきたようです。
そろそろ話が通じるので、好きなものを目の前に置いておいて、
「これ食べてから、こっちだよ。」みたいなのも通じるそうです。

うちでの食事は、ついつい偏食傾向を加味して
食べやすいものを与えやすいようにあげてしまうのですが、
常にあの手この手を考えた方が刺激があっていいとのこと。

帰りに給食のサンプルを見たら、
今日のメニューは ラーメン、焼き鮭、ほうれん草ソテー、ミニトマト、
はっさく、牛乳でした。
はっさく以外ほぼ完食だったとの事。
そのサンプルを見て、今夜の夕食はちょっとスタイルを変えてみました。
今までは、ワンプレートに主食やおかずを盛っていました。
(汁物はおわんですが。)
でも、今夜は、ごはん、汁物、おかずをそれぞれ別のお皿に入れてみました。
さらに、先生に習った「順番ね」を取り入れました。
すると、わりと通じました。
スープはご飯といっしょがよかったみたいですが。食事

後半、ご飯を自分でスプーンにすくって食べる際には、
左手を使ってお茶碗をおさえるなんてこともしてました。
日々進歩があります。
ほんとに保育園様様です。
仕事復帰して大変なこともいっぱいあるけど、
この食事の悩みを少しずつ解消していただいているのは大きいです。おはな

さてさて。
そんな息子ちゃん。
昨日は唇を切って、耳の近くに打ち身を作って帰ってきました。
どうやら動きが激しいらしく、先生たちをてこずらせているようです。
自分の運動能力もわきまえず、高いところに上りたがり、
降ろそうとすると、しがみついて大変とのこと。
これは絶対パパの血だと思います。
パパはやんちゃぶりに満足気ですが、わたしはここでもやはり、
仕事復帰してなかったら大変だったなあと思うわけです。たらーっ

まあ、人生、何をしても大変ですな。
気の持ちようが大事ってことかな。
前向きに行こう。犬 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

こいのぼり泳ぐ5月に・・・

本日メーデー。
わがやは「めーでーてー(めでたい)」日になりました。晴れ
(パパの親父ギャグより。)

今日の夕食のメニューは
炊き込みご飯、なめことわかめのお味噌汁、豆腐と豚肉の炒り煮、サンマの西京漬け焼き (大人はキュウリとトマトのサラダ) ・・・でした。
息子はいつものように主食ばかりを食べるので、
豆腐と豚肉の炒り煮を少しずつご飯に混ぜて与えたところ、
久々に豆腐を食してくれました。
その後、自分でスプーンを使ってご飯をすくい、口まで運びました。
ずっとずっとできなかったことなので、本人もわたしたちも大喜び!てれちゃう
やったー、やったー!拍手

その後、すごーくいやがって食べてもらえなかったお味噌汁を
わたしが飲んでいると、食事を終えた息子が近づいてきました。
「まさか、飲むの!?」と、半信半疑でおわんを渡すと
ぐびぐびっと飲むではありませんかっっ!
あの、かなり頑固なまでの汁物嫌いがっっっ!
「おいしい? よく飲んだねぇー。」
とほめると、またごくり。
・・・涙が出てきました。悲しい
ほんとにほんとに、悩んでたんです。
息子の汁物嫌い。
「ありがとねぇ。いっぱい飲んだねぇ。」
声をかけると、にっこり笑ってまた一口。
結構な量を飲んでくれました。

連絡帳を見ると、今日は保育園でもお味噌汁を飲んだとのこと。
それを知りつつ、食事中に飲ませようとすると大泣きで拒否されたので、
がっくりきていた矢先の出来事でした。
これで、少し食事の幅が広がりそうです。パクッ

いっぱい食べて飲んだ後は、お布団の上でパパとタックルゲームです。
「おいでおいでー。」と息子を呼び、近づいてきたところを
ラグビーのタックルばりに倒し、頭でおなか等をぐりぐり〜とします。
これが最近、大ブームで、何かって言うと
「たっくる〜、たっくる〜」
と言う息子です。
ついでに親子ででんぐり返りの練習もしておりました。

その後のお風呂で事件は起きました。
体を洗った後、洗い場で「ぴょっ」とうんちをしました。
一瞬の出来事だったのですが、いやあ、結構な量が出るものですね。
びっくりましました。
いっぱい食べて遊んで、おなかもよく動いたのでしょう。

てなわけで、ほんと盛りだくさんのゆうべとなりました。

仕事でちょっとばかし気分がくら〜くなっていたわたしは
ずいぶんたくさんの元気とエネルギーをもらいました。猫

明日は何があるのかな、楽しみ楽しみ。ラッキー 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

保護者会参加

今日は保育園の保護者会でした。子供

最近の子どもたちの様子、1年間の大まかな流れ、連絡事項などを聞き、
先生と保護者の自己紹介を行いました。
わが家はパパが送迎担当なので、わたしは久々に保育園に行くことができ、
わくわくしました。
数日前から心待ちにしていたようなことです。ラブ
開始時刻よりも早めに行き、こっそり息子の様子も見ました。
なごやかに遊んでおりました。パクッ

保育士さんは明るく気さくな感じで話しやすく、
お母さんたちはエネルギーあふれてました。
週に1回くらいはお迎えに行って情報交換しなくちゃと思いました。

保護者会では、食事の話も出て、うちの偏食ぼうやについては
少しずつ焦らずにやりましょうという話になりました。
保育園では、いろんな作戦で食べさせてくれているようです。
お友だちのスプーンから食べさせてもらうなんてこともしてもらっていて、
そうするとちょっと食べたなんて話もありました。
ああ、ありがたや。てれちゃう

今日は苦手の牛乳をコップに入れたものをじーっと見つめた後で、
自分でごくんと飲んだそうです。
先生たち、拍手喝采で喜んでほめていただいたとのこと。
これは進歩っ!と、早速うちに戻ってチャレンジしたら、
口の中に入れた牛乳をぶはーっと吐き出されました。モゴモゴ
まだまだ前途多難です。たらーっ

ちなみに、トイレトレーニングは
「無理強いではなく、興味が出た時点で。
 おうちの方の覚悟ができたら始めます。」
とのこと。
(お部屋でもらしてもOKとする覚悟かな。)
早い子はすぐに取れる場合もあるそうですが、
オムツの心地よさを知ってしまった子は、時間がかかるそうです。
早かろうが遅かろうが取れない子はいないですからとのお言葉もありました。
うちはいつごろになるのかなあ。
まだオマルも補助便座も準備してないので、
ゴールデンウィークのお買い物リストに入れようかなと思っています。

そうそう。
保育士さんの話では、おしっこの感覚が1時間くらいもつようになると、
トイレトレーニングを始めてもいいかなということでした。
どういうわけかこれがもたないとちょっと大変みたいです。

さてさて。
ここのところ寝不足気味のごらく堂夫婦。ムニョムニョ
今日は早く寝たいものですが・・・
夫は一箱古本市のスリップ取り付けと箱の装飾に追われております。
ぬけがけして先に寝ようかな。 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

今日のできごと

今日はとっても気持ちのよい天気でした。おてんき
こんな日はお出かけしないともったいないということで、
いよいよ来週に迫っている一箱古本市の会場の下見に行ってきました。

バスに乗って上野方面へ。
3月に上野動物園の年間パスポートを購入したのでまずはお散歩です。
息子はキリン、ペンギン、ゾウ、ライオン、ゴリラなどによく反応してました。
でも、一番喜んだのは、噴水の水とシロクマの滝でした。
水見に行ったんかいな。ニョロ

1時間ちょっと動物園をあちこち見て、会場のギャラリーKINGYOへ。
不忍通りからはちょっと奥まっていますが、広いスペースがあります。
パパは来週もこんなお天気ならいいのにとウキウキしている様子でした。

移動中に息子が寝てしまったので心おきなく「谷中カフェ」へ。
ここは以前1度入ったことがある自然食のカフェです。
到着すると、12時をまわっていましたが結構すいてました。
我々が入ってからどんどんお客さんが入ってきました。
驚いたのは、年齢が40〜50代とおぼしき男性が一人で入店という率が結構高かったことです。
パパは自然食のカレーを大盛りで(でも、いつもの比べれば少なめ。)、
わたしはランチをいただきました。
魚コースを選んだのに、ベジタリアンが出てきたのには残念でしたが、
(そのときの店員さんの対応もちょっとはてなだったけど。。[:ふぅ〜ん:])
でも、まあ、久々に外で体にいい物食べてうれしかったです。

その後はまたバスでうちまで戻りました。路線バス
午後も近くの公園に遊びに行きました。

ところで、息子は今日、大きな進歩がありました。

.戰咫璽咼腑襯鵑離廛薀好船奪製のエプロンを自分で取り付けた。
 (夕飯前に「これ運んで。」と渡したら、自分の首にかけてた。)

▲船腑Qみたいな車を正しいやり方で動かしていた。
 (後ろに引っ張って手を離すという行為をしていた。)

お風呂でぞうさんのじょうろにお湯を汲み、両手で持ち上げ、
 自分の頭の上でざぱーんとし、頭や顔にお湯を滴らせては大笑い。
 (今まではそんなことこわくてできなかった。)

ぢ膵イな「わにわにのおふろ」という本に出てくるフレーズを
 いろいろ暗唱していた。
 (「オーイエー♪」と歌うところに大うけ!)

というわけで、久々に仕事のことを忘れた充実した一日でした。
楽しかった〜。ラッキー
これからチャングム見て、仕事しようかなと思ってます。

仕事にもなれ、ちょっとだけ余裕が出てきました。パクッ 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

そういえば・・・

主食・炭水化物大好きな息子。
「パンパーン」と、パンは大好きです。
しかし、スープやお味噌汁などの汁物はまったく受け付けません。
ザ・主食食い魔人です。モゴモゴ

で、この間思い出したことが・・・。
実は、わたし、もともと朝はごはん党でした。
夫は朝はパン党だったので、息子ができる前はわが家の朝食はそれぞれが好きなものをちゃちゃっと作って各々食べるという感じでした。

ところが、息子がおなかにできてからは、あら不思議。
朝はパンを食べたくなりました。パン
よくある話ですが、つわりの時期からお味噌汁がまったくだめになり、
作れない、飲めない状態になりました。
はい。
今の息子の状況そのものです。
息子の食生活は、胎児期から引き続いているのでしょうか。?

ちなみに、わたしはあまりスイカが好きではなかったのですが、
息子がおなかにいるときはばーくばく食べました。
で、息子はスイカも好きです。
(最近は、季節ではないので全然食べてませんが。)

最近、小学生に
「昨日の夕食なんだった?」
と尋ねたところ
「おさしみ〜。」
「タラの芽のてんぷら〜。」
「トンカツ。」
「エビチリ〜。」
などの返事が返ってきました。
刺身なんて、タラの芽なんて、大人と一緒のエビチリなんて…。てれちゃう
息子と同じものが日常的に食べられるなんて…いつの日のことだろう。
いつごろから何でも食べれるようになるのかな。
今は全然想像もつかないわたしです。[:ふぅ〜ん:] 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

ぼちぼち・・・

こんばんは。
てんやわんやの妻です。
なんでもそうですが、ペースをつかむのが一番大変です。
それでも今週は何とか慣れてきました。
全然気は抜けないですけど。ムニョムニョ

わが家の場合、近くにじいじやばあばがいないので、
パパのバックアップが何よりありがたいです。
保育園の送迎はもちろん、朝出かける前に簡単に片付けをしてくれたり
夜寝かしつけをしている間に洗い物をしてくれたり。。
パパだーいかつやく。
感謝感謝。ときめき

息子は、今週次々に新しい言葉を覚えて帰ってきました。
突然、時計を指差して「とけい、とけい。」と言い始めたり、
オムツを捨てに行こうとすると「むちゅ、むちゅ」と言ったり、
座卓の上にのぼって「あぶな、あぶな!(あぶない)」と言ってみたり。
(保育園で言われてるんだろうなあ。)

保育園から帰ってきた息子に
「保育園楽しかった?」と聞くと「ぶーぶー自動車」と毎日のように言います。
で、連絡帳を見ると「コンビカーで楽しく遊びました。」みたいなことが書いてあって、
あながち間違いでもないんだなと思ったこともありました。
ちなみに、息子は布団の押入れ下に設けてあるおままごとスペースや
コンビカーなどが好きなようでよく遊んでいるそうです。

懸案だった給食もだいぶ食べるようになったみたいで
主食は完食、あんなに嫌だった牛乳も
金曜日にはなんとか3口まで飲ませてもらったみたいです。拍手
保育園ってすごーい。
ありがたや、ありがたや。おはな

そういえば、今週、この春入園した1歳児5人のうち
2,3人が熱でダウンしたそうです。
うちの息子は鼻水だけなので元気ねぇって言われたそうです。
息子は、ケガは人並み以上にしますが、病気は確かに少ないです。
突発性発疹も未だにしてないし。。
やっと慣れたこのペース、誰かが病気でダウンしたらまた大変なので
もうちょっと家族みんな健康でいきたいものです。

昨夜は息子とともに9時前には就寝し、
約12時間近く眠ったわたし。
久々に幸せな時間だった〜。ニコニコ

追伸
このブログを読んで我が家の近況をつぶさに知っている人が多いらしく、
今日久々に会ったリッヒーママにも久々に電話した三十路さんにも
「大変だねぇ。大丈夫?」と心配してもらいました。
コメントをくれたboccoさんmacaronさん、U4kunさんやchuchu3babyさんもそうだけど、
直接話しているわけではないのに、そうやって気にかけてくれている人がいるんだなと思うと、
なんだかちょっとほっとします。
今日もこのブログを読んでくださっている皆様、ありがとう。
ごらく堂一家、なんとかぼちぼちやってます。
今後ともあたたかい目で見守ってくださーい。猫 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(8) | trackbacks(0)| |
page top

ひ〜ひ〜

お久しぶりにブログを書いています。
育休から仕事に復帰して1週間。
・・・とは思えないくらい密度の濃い日々です。

同じ職場に復帰したものの休んでいた2年足らずのうちに
いろーんなことが変わっていて、慣れないことで一苦労。
子どものお迎えや夕飯作りがあるので定時で帰るのですが、
そうすると仕事が最低限以下しかできず、
それをどうするかっていうのを考えて、焦って、悩み始めて一苦労。
これから仕事上の苦労がもっともっと増えるかと思うとおびえます。冷や汗

この土日も常に頭の中に仕事の悩みが渦巻いていて、正直参りました。
休日は、何も考えずママ業に専念したいのにー。
それができない自分にまたストレスを感じるという悪循環ぶり。
始まって1週間にして早くもモチベーションが下がりまくりのわたしです。
今後の身のふり方も考えたりして。
まあ、そうはいっても今は悩んでる暇があったら
仕事を一つでも片付ける方が先決だな。
前向きにがんばらねばああああああああああっ!(無理やり。)

この1週間、悩んでいたからでしょう。
食欲があまりありませんでした。
体重が1キロ減り、体脂肪は2%落ちました。
これは不健康なやせ方なので、あまりうれしくありません。。ポロリ

さて。
夫が既にご報告のとおり息子は保育園ライフを満喫しているようです。
8時代前半には寝て、朝は6時半〜7時ごろに起きます。
一家揃って早起きになりました。
食事は相変わらず食べないみたいですが、新参者はみんなそうみたいなので
ちょっと安心しました。
息子を見習って私も早く職場に慣れて楽しい毎日を過ごしたいと思います。

今日は久々に同業の地元の友だちと電話で長話をして元気が出ました。
まずは明日からの1週間、がんばろう。くもり

ところで、この週末に、以前申し込んでいた「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサートの当選発表がありました。
わが家は固定電話と携帯電話×2の計3回線から応募したのですが、
見事に撃沈でした。悲しい
このブログを見ているお友だちの中で
「うち、2件当たったわよ〜。」
という奇特な方、いらっしゃいましたらご一報ください。
購入させていただきます。

以上でへろへろ妻は仕事に戻りたいと思います。
今度ブログ書くときにはもう少しまともな気持ちで書けますように。。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

保育園生活 第1日目

やってきました!
登園初日です。子供

今日はパパが午前休みをとってくれました。
わたしは社会人復帰に向けての慣らしとして、
2時間だけ出勤してきました。
今住んでいるところに引っ越してから初出勤なので
ラッシュの具合なども知りたかったのです。電車
そんなわけで、わたしは久々の6時半起き&7時半出発でした。
朝はいつもゆっくりしていたので久々にがんばりました。

さて。
息子は7時起きでした。
私が出勤する時には朝食を食べ終わる頃でした。
それからパパと着替えて、遊んで、「いないいないばあ」を見て
いよいよ初登園です。

パパ情報によると、着いてすぐは緊張気味で
パパの抱っこから降りようとしなかったそうです。
お部屋に入って、荷物をあちらこちらにセッティングし、
先生の説明を聞いた後で、いよいよお別れです。
息子を降ろすとなぜか
「ママ〜っ」と泣き始めたそうです。悲しい
「パパだろうがっ!」
と、速攻突っ込んだということでした。
それからパパは廊下でシーツのカバー取り付け。
・・・の合間を縫って室内の様子を激写していた模様。
それがこんなかんじ。
激写
しばらくは先生に抱っこされていたようです。
でも、もう泣いてないね。モグモグ

で、ママも2時間の勤務を終え、帰宅。
11時半にパパと揃ってお迎えに行きました。
「息子の社会人ぶりを見たいから、そ〜っとのぞいてみようよ。」
と、二人で廊下から部屋を見渡しましたが
息子らしき姿がありません。
「あれ〜、おかしいなあ。」
と思っていると、遠くに発見!びっくり
なんとお昼寝用に敷いてあったお友だちの布団の上を
ぴょんぴょん飛ぶように走り回っているではありませんかっ!
「パパ、あれだよ!あれ!」
と伝えると、パパもすぐにはわからなかった様子。
登園時と違う服(しかももらい物ではじめてきた服)を着ていて、
足は裸足、あまりになじんでいるその態度におののいてしまいました。
しかも、わたしたちを見てもすぐには寄って来ず、
にこにこ笑いながら歩いてます。
むしろ「こここそぼくが来たかった所っ!」と言わんばかり。てれちゃう

何人かの先生の話から ()内はママ心の声
・ぜーんぜん泣かなかった。
 (なーんだ。やっぱり大丈夫なんだ。)

・お部屋でよく遊んだ。
 (とても広いお部屋だから遊びがいがあっただろうな。
  何してたのか気になるわ〜。)

・「あっち」「こっち」などよくしゃべって驚いた。
 おしゃべりさんになりそう。
 (パパの血ね・・・。)

・こんなスタートで、泣く日は来るんでしょうかね。
 (あのぉ・・・こっちが聞きたいです。)

というかんじで、なかなか良いスタートでした。
帰りぎわ園庭でのこの笑顔!

パパもブログでは初お披露目ですぅ〜。

めでたし、めでたし。

で、終わればいいのですが、実はとても悩ましいことが。モゴモゴ
それは食事!です。
やはり。
このブログでも何度も悩みを吐露してきた食事!
ここへきても大問題!

まず、お食事エプロンを激しく嫌がったとのこと。
息子はほんとにお食事エプロンがいやなんです。
家ではベビービョルンのプラスチック製のものを使っていて
それなら喜んでつけるのですが、保育園はナイロン製のたためるものを
ということなので、激しく抵抗した模様。

今日のメニュー
麦入りご飯 味噌汁 麻婆豆腐 スティックきゅうり くだもの 牛乳
これが気に入らなかったらしくほとんど食べなかったとのこと。
「汁物なら食べるかと思って。」
と食べさせてくださったという先生。
お心遣いありがとうございます。
そして、ごめんなさい。
息子は汁物を全然受け付けてくれません。
生野菜もだめなんです。
あれほどOK食材だったお豆腐も最近拒否モードなのです。
わたしも毎日の食事作りに悩みまくっています。
結局うちに帰って、おにぎりとパンを食べました。

そして、更に今日の夕飯もおかずはほとんど無視状態で
ごはんばかり食べてました。
しかも、ほとんど噛まず。
はあああああ。
パパは前向きにと言います。
ママは涙が出るほど悩んでいます。

まあ、そんなこともありますが、
保育園生活初日はおはななごらく堂ジュニアであったように思われます。

【次号予告】
「ドキドキの入園式」
パパとばあばが出席しまーす。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

乗り物派に移行中?

週に1回グリーンコートで行われている「ピグモンフレンズ」という集まりに行ってきました。ピピピ
今回でわが家の参加は最終回になるだろうということでご挨拶も兼ねて遊びに行きました。

ピグモンフレンズには時々しか参加できなかったので、
だいたい行く度にちょっと緊張気味の息子でした。
でも、今日はお友だちの持ってきてくれたプラレールや車のおもちゃに
興味津々で近寄っていきました。自動車

今まで乗り物系のおもちゃや絵本はてんで興味なしで
もっぱら動物と動物関係の絵本が大好きだった息子ですが、
ここ数日乗り物にも興味が(やっと)出てきたようです。
ベビーカーでお出かけしていて、路線バスを見つけると
「ばちゅー。」と指差して喜んだり、
ベビーカーに乗りながら体を右下方向に倒して
くるくる回るタイヤを眺めていたり、
車のおもちゃで「ぶーぶー」と遊ぶようになったり。車

お友だちの影響だと思うのですが、
世界が一つ広がったみたいでうれしいです。

今日のピグモンフレンズの様子
グリーンコート最終日
たくさんのママ&ベビー(もうベビーじゃない子も。)がいるでしょ。
もくもくと乗り物おもちゃで遊ぶ息子。

わたしはどうも口下手で(というか、災いを招いて反省することがよくある。)
集まりで自分から動いて話しかけることがあまりできずにいたのですが、
今回のピグモンフレンズでは
「もっともーっと話したかったなあ。」
と思うことしきりでした。
仕事復帰に「がんばれ!」の気持ちをこめて
手作りの息子マスコットを作ってくれたu4kun。
時々ブログを見てくれていたというchuchu3さん。
他にもいつも楽しくお話させてもらったママたち。
どうもありがとう。
もっと話したかったよー。てれちゃう
また会える日を楽しみにしています。モグモグ 
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]おもちゃ | comments(5) | trackbacks(0)| |
page top

みなさん、ありがとうっ!

東京では桜が見事に咲いています。桜
3月も残すところあと3日。
仕事復帰への心の準備もじりじりと始まっております。

今週は、この期に及んでヤマハの体験教室参加(体験荒らしを挙行中)や
予防注射接種病院などの予定に加えて、
今まで親子共にお世話になってきた息子の友だちやそのママたちに
しばしのお別れを告げに各種イベントに参加する予定です。
昨日は、他区に引っ越してしまった女の子のおうちに遊びに行きました。
息子は一時「出かけるよー。」という度に、
その女の子の名前と、一緒に遊びに行った男の子の名前を呼んでいました。
なので久々の再会はうれしかったらしく、きゃーきゃーはしゃいでました。

また、今日の夕方、いつもとても親しくさせていただいたママ友の一人、
カリスマ主婦からお電話をいただきました。
「気付いたら28日でもう会えなくなるかと思って。」とのこと。
ありがたやありがたや。ポロリ

週末はクリスマス会で盛り上がったメンバーでの
お花見会が予定されています。おにぎり
そのイベントをもちまして、とっても実り多かった育休生活は
名実共に終わりを告げます。
ああああああああ。。。。。。。
桜の下での卒業式です。悲しい

さて。
そんな実り多い子育てライフの中で出会ったお友だちの中に
最近、ブログを開設された方がいます。
とても包容力のある見上げた志の持ち主で、
うちの息子ぐらいのお子さんがありながら
ボランティアで野良猫ちゃん問題に取り組んでおられます。猫
(それなのに、ちょーユニークな人柄が最っ高!)
今回、交通事故にあった野良猫ちゃんを保護し、里親をみつけるとのこと。
ほんと頭が下がります。

ちなみに、うちのパパがブログ指南させていただきました。
とても立派な生徒さんで飲み込みが早く素敵なブログになっています。
興味のある方、ぜひご覧ください。
こちらです。
  ↓
ぷくぷく日記(サイトの名前は変わるかも)

あの方も、この方も、あの子も、この子も・・・。
せっかく仲良しになれたのに、しばらく会えなくなるのはさみしいです。
でも、ご近所なんだし、また今度会ったときの
お互いの成長を楽しみにしたいと思います。植物
わたしだって成長するわよぉぉぉ。てれちゃう 
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

4月の足音が聞こえてきます。

今日、4月からお世話になる[文京区]立の保育園に行ってきました。
準備する物を見せてもらったり、お部屋を見せてもらったりして、
帰りに、4月から一緒になるお友だちと外遊びもさせてもらいました。

前回の面接では号泣だったし、今日も泣かれては困るので、ゆうべから
「明日保育園に行くよ。でも明日はママもずーっと一緒だからえーんえんしないでね。にっこーだよ。」
と、言い聞かせてました。
息子は、その度に
「じゅーっと」「えーんえん」とか言ってにっこりしてました。ラッキー
その効果かどうかわかりませんが今日は見事に泣かずに過ごしました。拍手

おもしろかったのは、0歳児クラスのお部屋に行ったとき。
息子が、同じくらいのお友だちに
「あ、あかちゃーん。」
と呼ばれたことです。
髪が薄くてだっこだったからでしょうか・・・。

で、百聞は一見にしかず。
先日の説明だけでは「?」がいっぱいだった入園準備も
今日の見学で様子がよくわかりました。
あとは、準備するのみ。

職場の方も来年度の体制が決まってきました。
わなわなわな・・・。モゴモゴ
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

赤いスイートピー♪

風がきつい日があったり、雨の日があったりしますが
ずいぶんと春めいてきました。桜

昨日はファミリーサポート登録、ママビクス、1歳半検診と
予定が立て込んでいましたが、その移動中
『赤いスイートピー』の歌が頭の中をまわってました。
3月下旬。
毎年、この歌はリフレインされます。
この時期の思い出が海にまつわるものが多いからでしょう。

中学校の卒業式の帰り道、友だちと名残を惜しむように行った海。
高校卒業で、学校から約30舛瞭擦里蠅鮗転車で帰るときに見た海。
(汽車〈電車ではないのです〉通学だったので、
学校の最寄り駅から学校まで使っていた自転車を撤収したのです。)
大学進学で上京が決まり、同じく上京が決まった友だち(♂)に「みんなで海を見納めに行こう!」と誘われ、当日行ってみると私と彼だけ。
そして、海で告白されるなんていうあま〜い出来事もあったなあ・・・。ポッ

わたしの実家は日本海と中国山地が程近いところにあります。
冬の日本海は荒波、雪、強風で演歌、演歌、ド演歌〜な世界ですが、
卒業式が近づいてくると穏やかな日が多くなります。
そんな日に、行ってみたくなるのです。
春の海に。
そして、おだやかになりつつある波や
まだ遠慮がちながらちらちらやわらかく差す日の光や
薄くてちいさくて繊細な桜貝の破片を見つけては
春の訪れを感じるのです。ニコニコ

まさに
♪春色の汽車に乗って 海に連れて行ってよ〜♪
・・・な世界です。

昨日の東京の空は一面春らしい青空で
私の心のスイートピーの鐘がなりました。
そして、気付きました。
最近、海を見てないなーと。
夏に実家の海に行って以来じゃないかしら。

ああ。
海に行きたい。
春色の海に。でんしゃ
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

結果ほうこくぅ〜

昨日の熟睡の結果です。zzz

あの後、息子は11時過ぎに起き、お茶をごきゅごきゅ飲みました。
これ幸いとオムツを替えてパジャマに着替えさせました。
それからは朝までノンストップで眠りました。
午後5時から朝6時半まで実に13時間半!
こんなにながーく寝てくれたのは、
文字通り生まれて初めてのできごとです。
今朝は昨夜の分もとりかえすべく朝ごはんをもりもり食べました。

今日はお友だちが2人来てくれました。ラッキー
息子は昼寝から目覚めると、お友だちが遊びに来てくれていて
うれしい寝起きになったようです。
おいしいお菓子持参で来てくださったので
ママたちは久々のおやつたっぷりスイートタイムを堪能しました。
ママたちが食べ始めると子どもたちも雰囲気を察してやってくるので、
こちらは食べ過ぎないようにとあの手この手で遠ざけました。イヒヒ

子ども同士で遊ぶことも多くなりました。
誰かがくしゃみすると誰かが笑ったり、
「待て待て〜」と追いかけっこみたいに走ったり。
特にボールハウスは楽しかったようです。
中と外で「ばあ」したり、両手でタッチしたりしてました。
このボールハウス、息子も最近一人遊びしてくれるし、
お友だちとも楽しく遊べるし、かなりお買い得商品でした。グッド

それにしても、こんな楽しい育休ライフもあと数日。。
いよいよ共働き子育て生活にカウントダウンです。モゴモゴ
どんな生活になるやら・・・とりあえずブログ毎日更新は無理だろうなあ。。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

寝ちゃってる〜。

只今、午後10時を目前にしております。
息子は熟睡です。zzz
なんと午後5時から・・・!

今日も予定が目白押しでした。
午前中、近所の児童館に出かけました。
明日で今年度のプログラムも終了です。
明日は別の児童館のママストレッチに出かけて
そちらには参加できないので、
今日最終ということで参加しました。
隣の区に引っ越してしまった女の子ちいちゃんにも
当分会えなくなるので、今日会えてよかったです。ラッキー

午後は榎町児童館へ。
バレンタインデーに手作りお菓子をいただいた女の子たちに
男の子組からホワイトデーのお返しです。プレゼント
昨日、お友達の家に男の子親子8組が集まり、
隊長2人の指示のもと手作りパウンドケーキと
スノーボールというお菓子を作りました。
それを渡しに&遊びに行きました。
息子は眠い時間だからか耳とほっぺを真っ赤にしながらも遊びに夢中で、
帰り家が近くなってから寝に入りました。

というわけで、5時から熟睡です。
夕飯、食べてません。
お風呂、入ってません。
歯磨き、できてません。
後ろの二つは大目に見るとして、果たしておなかは大丈夫なのでしょうか。
朝まで寝てくれるのでしょうか。。てれちゃう
結果は、明日のブログでお伝えしまーす。

追記
ちなみに・・・
おかげさまでパパとママは
久々にしずかーにゆっくり夕飯を食べ、
お友だちに借りた「ハウルの動く城」のDVD見て、
ロンドンハーツも大笑いしながら見ることができました。
これからツケが来るのかしら。。

どきどきどきどき。ラブ
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

スタジオパーク体験記

昨日、わけあってパパが平日休みを取りました。
午前中の早い時間に用事が終わったので
家族3人でNHKスタジオパークに行きました。
スタジオパークは大人200円で見学ができます。
昨日は平日とあって人は少なかったようです。ビル

中には時代劇コーナーやハイビジョン体験コーナー、
寅さんコーナーなどがあります。
今年は大河ドラマは見ていないし、息子もちょっとご機嫌ななめだったので
はしょりながら進みます。
子どものコーナーに急ぎます。
「いないいないばあ」のわんわんに会えるのを楽しみにしていましたが、
残念ながらいませんでした。
写真とお土産屋さんのグッズでがまん。ポロリ

むかーし、わたしがまだ片田舎に住んでいるちいちゃな女の子だった頃、
訪れたNHK放送センターはもっと見所いっぱいで楽しんだ記憶があったのに
今回はあっという間に見終わっちゃってちょっと拍子抜けでした。ムニョムニョ
わたしが大きくなったからでしょうね。
パパは初めてのNHK訪問に結構興味津津で見てたようです。男
ちょっとおもしろかったのは廊下に飾ってあったサイン。
現在やっている朝の連ドラ「風のハルカ」や大河ドラマ「功名が辻」、
「おかあさんといっしょ」の出演者の写真とサインが飾ってあります。
「へぇ〜、この人達筆〜。」とか
「この人きりっとしてきれいなのに、字は意外になよっとしてるんだ〜。」
などと好き勝手な感想を抱きながら見ました。

息子はやはり「おかあさんといっしょ」コーナーが気に入った様子。
           ↓
アネム

さてさて。
持って行ったチャーハン(息子用)とパン(大人用)で
軽くお昼をとった後、エントランスへ。
「スタジオパークからこんにちは」の時間です。おてんき
昨日のゲストはスピードスケートの岡崎朋美さん。
すらっとして、かっこよくて、それでいてとてもかわいかったです。
事前に我々から見て2親等以内の辺りにはテレビを見てて〜と
連絡をしておきました。
係の方に案内された場所はスタジオ入り口付近の一番前っ!ラブ
これはいける!と思ったのですが・・・。
なんとなんとカメラがこっちまで来なかった。。ポロリ
(ちなみに今日、三谷幸喜さんのときは、
 昨日私たちがいたところがしっかり映ってた。むふう。)
ただのお騒がせなごらく堂一家となってしまいました。
残念。

原宿でかるーくお買い物して帰りました。でんしゃ

おまけ
今日は4月から入る保育園の面接と健康診断でした。
息子は一昨日の一時保育の記憶が生々しいのか
ずーーーーーっと号泣しっぱなしでした。モゴモゴ
計測もできないほど。
たくさんの親子連れがいましたが、うちが一番大号泣でした。
おいおい。。
たぶん、先生たちの要チェックリストに
真っ先に名前が挙がっていることと思います。たらーっ
でも、今までの例からして大丈夫だと思うんだけどなあ。。

持ち物や準備物が結構いろいろあって大変です。
がんばらなくちゃあああああ。ムニョムニョ
by ごらく堂主人(妻) | [おでかけ]おでかけ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

謝恩会出席で3度目の一時保育

昨日は、わたしの職場(小学校)の謝恩会でした。桜
今年の卒業生は、わたしも3,4年生を担任したので特別思い入れも深く、
育休中ではありますが、息子を前回同様若草保育園に預けて
参加してきました。

謝恩会
久々の公式な場への出席に緊張しつつ学校へ。
玄関で卒業生のお母さんたちが懐かしい笑顔で迎えてくださいました。
通された校長室でも接待係のお母さんたちと談笑。
ああ、なつかしや。。

時間になり、会場である講堂へ行くと、たくましくなった子どもたちが
ちょっぴり緊張した笑顔で迎えてくれました。
その成長ぶりがきらきら輝いていて、まぶしいっ!
うれしさ半分、復帰の頃にはもういないのかという寂しさ半分。ポロリ
校長先生のお話や来賓あいさつなどがある第1部が終わると、会食です。

わたしが卒業制作の作品を見ていると、子どもたちが来てくれました。
進学する予定の学校のこと、ずいぶん伸びた身長のこと、
卒業制作のことなどを話しました。
中身は2年前とぜーんぜん変わってなくて、
わたしも楽しくて楽しくて楽しくて楽しくて・・・。ラッキー
あっという間に時間がたちました。

第2部は子どもたち、保護者の方たち、教職員の出し物(?)があります。
子どもたちは6年間を振り返る劇をし、
3,4年の思い出では身に余るお言葉をいただきました。
目頭があつーくなります。ポロリ
保護者の出し物は笑いが満載でした。
お父さん扮する長州小力とレイザーラモンHGが出てきたのにはびっくり。びっくり
でも、このノリがこの学校の保護者のおもしろいところ。
最後は子どもたちの心のこもった合奏と合唱でもう限界っ!
頬を涙が伝います。


3度目の一時保育
さてさて、謝恩会出席から遡ること約1時間。
息子を[一時保育]に預けました。
今回は12時から17時の5時間です。
早めの昼ごはんを食べて若草保育園へ。
4月中旬並みの暖かい陽気のため、スプリングコートを着ていても
暑いくらいでした。
先に2人お友だちがいて、息子と1週間違いで生まれた子もいました。
仲良く楽しく遊んでくれるよう願いながらお部屋を出ようとすると・・・
「ママ〜っ!」
と、泣き叫ぶ息子の声。悲しい
でも、きっと大丈夫。
これまで2回の経験では、あなたはその後はうきうきで遊んでいたはず。
と、心の中で自己都合のエールを送りながら保育園を後にしました。

謝恩会から帰って迎えに行くと、
息子が部屋の入り口まで保育士さんと迎えに来てくれました。
「ママ〜っ。」
笑顔です。
たまらない瞬間です。ポッ
今回の連絡表はこんな感じでした。

お母さんと離れたとき泣いていましたが、すぐにアンパンマンに気を取られ泣きやんでいました。ボールプールに入ったり、たいこ橋をわたったりしていました。大きなクマに抱きついたり、とってもご機嫌でした。
音楽に合わせ体をゆらゆらしたりたくさんおしゃべりしていましたよ!!
3時のおやつポトフでしたが、口に入れるなりべぇ〜とだしていました。
冷たいおにぎりを嫌がり、チンしてモグモグ食べました。


おやつ代100円を払ったのに食べなかったのねぇぇぇぇ。
しかも、ポトフ!
もったいないじゃーん。てれちゃう
でも、早いお昼だったので念のためと思って持たせておいた
鶏ごぼうの炊き込みご飯のおにぎりが役立ったようでよかったです。

ママの復帰までに、ママ買出しの日と卒業式の日のあと2回
一時保育にお世話になる予定です。
次回は1日というロングタイムに挑戦してみようかな。。子供


本日のまとめ
一時保育にわたしも息子も少しずつ慣れてきたようです。
職場への道中、世界がちょっと違って見えました。
日々悩んでることがちっちゃなことなんだなと思ったり
育児だけの日々とは別の場所で自分を出せるのはいいものだなと思ったり、
4月からの復帰への不安ばかり抱いていたわたしですが、
なんだかちょっと楽しみにもなってきました。
春。春。春がやってきます。桜
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

今夜の食事

ばくばく食べ過ぎたり決まったものしか食べなかったりの息子。
只今、どちらかというと食べない期に入っております。ムニョムニョ

ゆうべはお味噌汁になじんでもらうため
にゅう麺を作ってみました。
ナイスアイデアだと思ったのですが、
麺の太さが気に入らないのか、
それともお味噌汁自体がいやだったのか
ノーサンキューでした。
お豆腐を野菜やチーズと焼いたものも拒否され、
ごはんしか食べるものがなくなってしまいました。食事

今日は千代田区の児童館までおでかけしてました。
帰りから寝てくれたので、昨日みたいにみすぼらしい話にはすまいと
ご飯作りにがんばりました。
こんなかんじです。
 ↓
食前
・切り干し大根まぜこみおにぎり
・ほうれん草みじん切りまぜごみおにぎり(特別に味付け海苔巻き)
・ブリの照り焼き(半切れ)
・肉じゃが
そして、写ってませんが
・お豆腐とかぼちゃの味噌汁
です。

さて、ここまでがんばった努力、今日は報われるのでしょうか。
食後はこんなかんじ。
     ↓
食後

はじめは海苔巻きがおいしくて自分で食べてぱくついてました。
こりゃ、楽でいいわと思っていたら、
飲み込む前に次を入れたようでしばらくするとおえ〜っと出しました。
普段、大根は食べない息子ですが、
切り干し大根入りおにぎりはOKだったようでよく食べました。
ブリは先日はおいしくぱくついていたのに、
今日は少し口に入れてカミカミした後でべぇ〜。
ちょっと前にヒットしたからと言って安心はできません。モゴモゴ
お豆腐はほんの少し食べましたが、肉じゃがもノーサンキューでした。
とほほほほ。ムニョムニョ

まあ、今日のところはわたしもベストを尽くしたので
また明日、挑戦したいと思います。

ママの飽くなき戦いは続く・・・。
(いや、飽きてるんだけどね。。)くもり
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

一日に何度も・・・

今日はわたしの高校時代からの友だちがわが家に来てくれました。ラッキー
地元で2児の母をしていますが、仕事の出張のため上京してきました。
夕方到着し、夕飯をぜひ一緒に・・・ということでパパと息子の夕飯を用意し、
わたしたちは近所のロシア料理屋さんに行きました。ディナー
久々に会って、おいしいピロシキ、ボルシチなどを食べながら
子どもの話、仕事の話、友だちの話・・・など、つもる話をしました。
お食事もゆっくりできて、ゆったりした時間を過ごせました。
ご協力いただいたパパに感謝!猫

さて。
ぜーんぜん話は変わりますが、
最近、わたしが洗い物をしていたり、掃除機をかけていたり、
食事の準備をしているときなどに息子が1人遊びをしてくれることが
多くなりました。きのこオレンジ
ボールハウスで遊ぶことと絵本を見ていることが多いです。
その絵本を見るときに、手当たり次第本を出しては
じっくりページをめくって読んでいます。読書
時には声に出して読むことも。
それはそれはありがたい、うれしい成長の一端なのですが、
ふと気付くと、息子用本棚の前がこんな感じ。

絵本だらけ

で、おかげで1日に何度も強いられる作業ができました。
これらをサイズ別にまた棚に戻すのです。
これがちょっとした作業です。
背表紙を合わせ、シリーズを合わせ・・・ている間にまた出され・・・。たらーっ
でも、それだけ本に興味があるのはやっぱり喜ぶべきことですよね。

今夜もこれからお片づけして寝ようと思います。月
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

入眠儀式

今日は最近のわが家の歯磨きタイム&寝かしつけをご紹介します。月

歯磨きタイム
お風呂上がりにみんなでひと遊びした後、歯磨きをします。
息子はだいたい嫌がるので、ごろんと仰向けに寝かせると
わたしが足を開いて座り、足で腕を押さえ、顔をはさんで固定します。
(いや〜、はしたないっ! しかし、しょうがないっ! 母は強しっ!)
この方法はかかりつけの歯医者さんの歯科衛生士さんに教わりました。
結構使えます。イケテル
そして、夫が足を押さえます。
泣き顔になる息子を歌など歌って盛り上げながら
仕上げ磨き用の歯磨きで磨きます。
そして、幼児用糸楊枝で歯と歯の間をきこきこします。
ここでお茶タイム。
泣いていたり叫んでいたりするとぐびぐび飲みます。
その後、バナナ味のフッ素を歯ブラシと糸楊枝に付け、
歯にぬります。
こちらは甘いのがやってくるので、比較的楽に口をあけてくれます。
いろいろな段階を踏むので、これが就寝前のひと仕事となります。パクッ

いざ、入眠!
歯磨きが終わると、寝る前に読む本を2冊選びます。読書
だいたい息子が自分で選びます。
なぜ2冊かというと、自分で両手に持つからです。
その2冊を持ったままパパにおやすみをします。
頭を下げて、手に持っている本をバイバイとばかりにふります。
そして、寝室へ。
最近は、その扉を自分で閉めるのもブームです。
部屋の電気を消し、電気スタンドの明かりの中、本を読みます。
なるべくゆっくり読んで、息子の手足があたたかくなるように心がけます。
そして、2冊終わったところで、
「電気、『ち』してきて(ピッとボタンを押して切ってきて)。」
とお願いします。
すると、息子はいそいそと布団から這い出していきます。
そして、電気スタンドの明かりを切って布団の中に戻ってきます。
最近では、そこから再びリビングに向かい、パパを呼んできます。
パパも一緒に寝ようということらしいです。
それからは、腕をママの首の下辺りに差し込み(まさに腕枕!)、
さらに反対の手を首にからませ、抱きつくような形で
「だいきー(大好き)。」
と言いながら、徐々に眠りに落ちていきます。
もうかなりラブラブっ!ラブ
わたしにとってもシアワセな時間です。ラブラブ
こんなこと、いつまでしてもらえるか・・・。
貴重だわー。ラッキー

そんなこんなで締めくくられるごらく堂じゅにあの1日です。月
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

多忙な一日

今日は午前中に近所の児童館でリトミック教室、
午後は小石川保健センターで幼児食講習会がある日です。
さらに、そのどちらにも参加するお友だちが
わが家で昼食を食べるということで
かなりハードスケジュールでした。

朝起きて、洗濯物を干し、掃除を済ませ、
息子用の昼ごはんを作ります。ディナー
(今日は野菜いっぱい入れたチキンライスとお味噌汁に決定。)
冷ご飯が少なかったので私の分は近所のお弁当屋さんで買おうと決意。
10時半から始まるので、そろそろ出発をと思ったら、
なんリビングの時計が7分も遅れていて
ちょっと遅刻してしまいました。モゴモゴ

リトミック
わが家から一番近い児童館では不定期で
リトミック教室を開いてくださってます。
板橋のあたりで開業されている先生が来て
楽しくてためになるリトミックをしてくださってます。
うちは今まで開催された4回くらいを毎回参加しているのですが、
息子は毎回ノリノリです。ラッキー
今日も着くや否やキャーキャー歓声を上げて喜んでました。
ママは音楽に合わせて、抱き上げたり、くるくるまわったり、
抱っこしたまま走ったりすることがあり、かなりハードですが、
それはそれで結構楽しいです。
評判の先生なので、口コミが口コミを呼び、
今回の参加者はとっても多かったです。
さて、お友だち親子2組を伴ってわが家へ。

お昼ごはん
11時半ごろわが家に到着。
午後の幼児食講習会が13時からなので急いでお昼を食べます。
お友だちのママがひな祭りに焼くロールケーキの試作品を作ったとのことで
持ってきてくれました。
メロンパンのママとは別の人ですが、
これまたお菓子作りのお得意なママ。
今朝思い立って作ったとのことですが、
これがちょぉぉぉぉぉ美味。
子どもにご飯を食べさせ、自分も食べ、デザートにいちごを与え、
みんなでロールケーキを食べ、子どもは遊び・・・
と、盛りだくさんの1時間を過ごし、12時40分に小石川保健センターへ出発。
お友だち2組は電動自転車なのでらくらく。
わたしは息子をベビーカーに乗せ、小走りに急ぎます。
早めに歩いて35分くらいかかる道を今回は初めて20分で到着しました!
久々に汗かいたー。ジョギング

幼児食講習会
[文京区]の栄養士さん主催の会で無料です。
15組くらいの親子が集まり、話を聞きました。
子どもは中央のカーペットの上で自由に遊べます。
息子も遊んでましたが、眠いのか途中からは
「くっく、くっく!(くつをはかせてくれーい。)」
の連発で靴を履いてカーペットに乗ろうとするのを静止され泣く
ということが続きました。

そこへタイミングよく試食タイム。
じゃがもち、小松菜の煮浸し、白身魚のマヨネーズ焼きをいただきました。
息子はさっき昼ごはんをたらふく食べたにもかかわらず
もぎゅもぎゅと食べておりました。
じゃがもちは無条件で大ヒット。
小松菜の煮浸しはえのきと油揚げも入っていたのですが、
これもよく食べました。
家ならこれ単独ではとても食べてくれないのに。
小松菜はみじん切りにしてご飯に混ぜ、
油揚げはべええとリリースされるんだよ。
なんだい、なんだい。ぶー
白身魚もよく食べたのですが、その上に乗っているたまねぎ。
これも普通に食べてました。
家ならお味噌汁に入っているたまねぎも受け付けてくれないのに。
なーんだ、食べられるんじゃん。
でも、うちだったら食べてくれないんだろうなあ。[:ふぅ〜ん:]
(ちなみにうちのパパはマヨネーズもジャガイモも嫌いな食べ物の
 上位に入っているので、このメニューは大手を振って作れなそう・・・
 いや、じゃがもちならいけるかも。今度作ってみるかー。)

その後は幼児食のサンプルを見たり、
栄養士さんにそれぞれ悩み相談したりしました。
息子はあまり噛まないのでそのことを相談したところ、
次のようなアドバイスをいただきました。

・口の奥のほうに物を入れないこと。
 (噛まずに飲んでしまいやすい。)
・一口サイズのものばかりにしないで大き目のものを与える。
 (前歯で噛み切ることで、口の前の方にある食べ物を噛みながら
  徐々に後ろに送っていくこととなるらしい。)

あまり気にしてないことだったので、
これから参考にしてみようと思いました。
このあたりでねむーい息子の機嫌は限界。
あわててうちへ帰りました。

てなわけで、ちょーハードスケジュールをこなしたわたし。
たぶん明日以降確実にやってくるであろう筋肉痛は
ハードリトミックによるものか、
超早足高速移動によるものか、
はたまた機嫌の悪くなった息子を抱き続けた結果か・・・!?
せめて今夜は早めに寝よう。
って、もう無理か?モゴモゴ
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

いっぱい書きたいことがあるっ!

ひさびさに書きます。
妻です。
ちょっと書かない間に書きたいことがあれこれたまってしまいました。
どうしよう。てれちゃう
まずは、一番ホットな話題から。

クラフト展ものがたり 〜搬入編〜 
明日からのクラフト展に向けて本日午後7時ごろ作品を搬入してきました。
雨の中到着すると、すでに搬入の大先輩方の姿が。
うーん、ここで出すのは恥ずかしい。。てれちゃう
と思いながらも提出。
1つ大きな作品があり、場所を先生に指定してもらい、取り付けます。
若干部分を修正。
さて、それからが大変なのです。
そうです。
値段付け。
お正月飾り展のときのことがよみがえってきます。
悩まないように値段は十分考えていったつもりでした。
ポストカードや小物はいいのです。
かわいいお値段です。
しかし。
壁に飾るものには先生からのお言葉が。
「えええっ!」
そこから悩みに悩んで悩みに悩んで・・・なんと40分。びっくり
(パパに告げた帰宅時刻を1時間もオーバーしちゃいました。冷や汗
そして結局、想定とは異なるお値段が付いてます。
いいのかしら。。
どうせ売れるわけないんだし・・・と思うことにしよう。

こんな作品を出しました。
実りの月
「実りの月」
先週の土曜日から夜な夜な頭の中だけでプランを考え、
水曜日の夜制作に取り掛かりました。
そのまま朝5時までノンストップゴーゴーで一気に作り上げたものです。
月の中の実の写真5枚はお稽古のときの花材からの撮影。
この写真をポストカードにして売ってます。
周辺の実の中には、そのモデルになったものたちをドライにしたものも
並んでいます。
この作品により完全燃焼。ニョロ

他にもこんなの。万華鏡

「万・華・鏡」

曼珠沙華とネズミモチの実の写真を使って仕上げました。

まだまーだ修行かけ出し中のわたしですが、
これが今年のわたしの精いっぱいでしょう。
さてさて、どんなクラフト展になりますやら。


パン作りものがたり
昨日、朝5時から2時間半の睡眠でぼんやりした頭を抱えながら
息子のお友だちのおうちにおじゃまして来ました。
そのママがとってもすてきな人でして。
パン作り、スイーツ作りがご趣味でいろいろ習ってたとのこと。
わたしは筋金入りのド素人ですので、他のお友だち親子3組と
遊び半分でパン作りを体験させてもらいました。
到着時、息子が寝始めたのでそのまま寝かせ、
生地作りや発酵などを手伝い、見つめ・・・おしゃべりが止まらず。。
というような感じで進めていきました。
息子が起きてからも子どもは子ども同士遊ぶ時間も長く、
親子共に楽しいひと時でした。

そして、できあがったのがこちら。
(残念。ちょっとぼけちゃった。。)
メロンパン
焼きたてのメロンパンですよ〜。
焼きたてのパンって格別においしいのね。ポッ
ふわっとして、あたたかくて。
大人も子どももしばし無言でぱくついたのでありました。
そうそう。
メロンパンって形がメロンパンなだけで、
メロンエキスを入れるんじゃないんだってことを
初めて知ったわたしでした。
ありがとね〜。macaronさん。ラブ


てなわけで、まだまだ書きたいことはいっぱいありますが
それはまた今度。
ではでは〜。猫
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(9) | trackbacks(0)| |
page top

クラフト展へスパート!

千石「花の店 野草(イエツアオ)」のクラフト展が
今週の土曜日(25日)から開催されます。

以前、その作品作りがやっと始動したことをお伝えしましたが、
実はスランプが続き、手付かずの状態が続きました。
写真はできているのですが、それを効果的に並べたり飾ったりするのが
ほんとーに難しいっ!ショック

一度作ったものを先生に見てもらったのですが、
改良の余地ありと言われ、アドバイスをいただきました。
それが頭では理解できても、形にしようとすると、
ぜーんぜんアイデアがわいてきません。
技術がないのもつらいっ!
・・・というわけでずっと手を付けられなかったのです。

でも、もう1週間を切ってしまいました。
さすがにこれはいかん。
あせりつつやっと週末から手をつけました。
満足いくできになるかどうかわかりませんが、
今年のわたしの限界まで挑戦してみたいと思っています。GO!

写真のポストカードはなかなかよくできました。
写真屋さん、ありがとう。桜

興味ある方、都営三田線千石駅A4出口不忍通り沿いを護国寺方面へ徒歩5分
「花の店 野草」までお気軽においでください。ラッキー
2月25日〜3月3日です。

ちゃんと作品が間に合いますように。。てれちゃう
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

2度目の一時保育

昨夜から私の地元の友だち2人が泊まりに来ています。
2人とも同じところへ研修出張です。
研修会場がうちから徒歩3分くらいのところにあるので
恰好の宿泊施設となったようです。家

その研修がわたしの仕事にも関係していておもしろそう。
半日だけ参加するため息子を[一時保育]にあずけました。
今回のあずけ先は豊島区の若草保育園です。
9時から13時の4時間。(1時間700円)
前回の倍の長さで初めての場所なのでちょっと不安です。
でもまあ、2度目ということでママも前回ほどの緊張はありません。
朝、お弁当(と言ってもいろいろ混ぜ込みおにぎりといちご)を作り、
さあ、出発!子供

保育園でのお別れは、やはり泣き顔でした。
「あなたなら、やれるっ! がんばれっ!」
と、こちらに都合のいいエールを心の中で送りながら
保育室を後にしました。

久々に知的好奇心を満たされて12時ごろ家に帰り、
昼食、片付けをぱぱっとすませて保育園へ。

ちょうどお昼寝の時間なのでしょう。
保育園全体がくらーくしてあります。
雨模様なのでよけい静かです。あめ
息子も寝てるのかなあと思いながら保育室に行ってみると、
息子の姿がありません。
保育園内の散策に出かけたとのこと。

しばらく待っていると、先生に手を引かれて階段を上って来ました。
ママを見つけて、満面の笑みっ!
まあ、その前から笑っていたのですが…。
お友だちが何人か寝ている中、ハイテンションの息子でした。イヒヒ

今回あずけた保育園では園での様子を連絡表に記入してくださいます。
今日はこんな感じ。

別れのとき泣いたくらいで遊びだしていました。最初のうちは抱っこででしたが、慣れてくると大きな声でお友達とボール投げしたりトンネルの中から「ばあー」と言って笑っていました。お食事のとき「マンマ」「てって(手)」とにぎやかなごらくどうくんでした。

お食事のときは一番にぎやかだったそうです。
「マンマ」と催促し、手にご飯粒が付くと「てって」と言って
きれいにしてもらう…というくりかえし。
はい、うちでの様子そのままです。
手のかかるやつですみません。たらーっ
でも、いつもの自分で過ごせたことは大きいです。拍手

ほかにも、ボールの入っている大きな箱に入って遊んだり、
太鼓橋みたいなものを渡って自分で拍手したりしていたとのこと。
いつもと違う遊び道具がいっぱいあってさぞかし楽しかったことでしょう。
どうも息子は「今を精いっぱい楽しむおはな」タイプらしいということがわかってきました。
共働きの息子向きだな。
よし。

ということで、またまた4月からの保育園生活への
光明がいっそう増した一時保育タイムでした。パクッ
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

肩こりこりこり

年明けからどうも体がだるく、すっきりしません。
最近は肩が痛くて眠れない日が何日がありました。
もともと朝は弱いのですが、やはりなかなかしゃきっとしません。ポロリ

昨日は夕飯を作り終えた後には目がちかちかし、頭も痛くなってきたので、夫に頼んで温圧に行かせてもらいました。
この温圧がわたしには何よりの薬です。
(息子も状況を察してくれたのか、ゆうべは8時過ぎには寝てくれました。)

温圧をしてくださる所は前に住んでいたところの超ご近所にあります。
子どもが生まれる前から、肩こりからくる頭痛に悩まされていたので
月に1回ペースで通っていました。
しかし、4月に引っ越してからはなかなか行けずにいました。
ですから、だいたい1年ぶりくらいに訪れたことになります。

いつものように長時間かけて体全体をゆっくりほぐしてくださいます。
1年の間に施術が少し進化していました。
体の表側、腸の辺りから始めて新陳代謝を高めていくようです。
冷え性のわたしですが、だんだんぽかぽかしてきました。温泉
不思議なことに途中から荒れていた手がみずみずしくなってきました。
こんな生き生きとした手に出会えたのは久しぶり。
ハンドクリームもいいけれど、体の中から血流をよくして老廃物を押し出さないことには根本的な解決にはならないとのこと。
なるほど。

産後だし、冷え性だし、おしり周りも入念にマッサージしてもらいます。
余分な贅肉が付いてきているとのことでしたが、
これもマッサージしてもらっている間に少し燃焼したようで、
お尻の片側を終えた時点で反対側との大きさがひと回り違っていました。
びっくり。
気持ちよくてちょっぴりひきしまる温圧、ナイス。ジョギング

そして、悩みの左肩。
もともとよく凝るのです。
しかし、昨日は並じゃない状況だったようで
若干炎症もあるのではないかとのこと。
それはそれは丁寧にほぐしてもらいました。
「ごらく堂さん、若いけど、これほっとくと四十肩になるかもよ。」冷や汗
てな言葉におののきながらも、
「痛いところに手が届く」幸せを実感しながら時間が過ぎました。

結局8時半から11時半まで、実に約3時間。
ああ。。
とっても幸せな時間でした。ポッ
左肩のコリはまだ完全に取れてないらしいので、
近々また行きたいと思っています。

というわけで、うちの男チーム、ご協力よろしくね。猫
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

初めての一時保育

今日は記念すべき日となりました。
息子を初めて[一時保育]にあずけたのです。家

場所は[文京区]シビックセンターのキッズルーム。
ここは区内在住3時間2500円、区外の方も3時間3000円であずかってくれます。
ママ友と東京ドームのテーブルウェアフェスティバルを見に行くため、
一緒にあずけることにしました。
息子は4月から保育園入園予定だし、そろそろママと離れる経験も必要かと思っていたので一時保育デビューのいい機会でした。

ゆうべは持ち物を準備したり名前を書いたりしながら
なんとも言えない気持ちになりました。
「こんな名前の書いてある紙おむつなんか付けるんだー。」
「下着まで換えるほどの事態が起こるのかなあ?(ドキドキてれちゃう)」
息子が一個人として初めて社会デビューするって感じが
もうたまんないっ! のです。(大げさ?)

さて、当の息子の様子です。
まず、到着後。
はりきって中に入りました。
いっぱい遊ぶものもあるし、楽しそうな場所だと思ったのでしょう。
まさかママがいなくなるなんて思いもしないだろうし。
ところが、ゲートが閉まって、ママは入ってこない上に
同じタイミングであずけられた3歳くらいのお兄ちゃんが
号泣しているのを見て、あっという間に号泣し始めました。
一度抱っこしてママは先生に今日の様子などを伝えました。
号泣に後ろ髪を引かれながらのお別れでした。

その施設は最長3時間あずかってくれるのですが、初回のため早めに
迎えに行きました。
10時にあずけて12時過ぎくらいにお迎えです。
行くと、段ボールで作ったおうちに入って窓から顔を出し、
「ばあ」してました。
そっと様子を見ようと思っていたのですが、
お友だちのママを見つけて出口の方へ満面の笑みで走ってきました。
楽しく過ごしてくれていたようでほっとしました。パクッ

担当の先生に聞いた息子の様子&(ママ心の声)

・お別れの後は30分くらい泣いていたけどすぐ立ち直り、
 風船などで遊び始めた。
 (一緒にあずけられた3人では一番早かったらしい。意外だー。びっくり

・落ち着いたらお絵かきも始め、近くにいたお兄ちゃんに
 「どうじょ」とクレヨンを渡すなど言葉も出てきた。
 (ほうほう、社会性もちっとは身に付いてきているではないか。拍手

・おやつにボーロ、アンパンマンビスケット、鈴カステラをいただき、
 それでも足らなかったらしく、お友だちのにも手を出そうとしていた。
 (むふう、やはり食欲大魔神かー。たらーっ

・お茶をたくさん飲み、マグマグのお茶はからっぽ。
 (お部屋は暖かいし、いっぱい食べて遊んでのどかわいたんだろうな。)

・うんぴが出たので取り替えた。
 (昨日もいっぱい食べたし、くちゃいのがいっぱい出ただろうなあ。
  も・・・もうしわけないっ。たらーっ

・絵本が好きで、お兄ちゃんたちに読み聞かせていると、
 すぐに寄ってきて一緒に聴いていた。
 (やはりっ。ほんとに絵本が好きなんだわ、この子。読書

・絵本、段ボールハウスで「ばあ」で過ごすことが多かった。
 (家や児童館と同じようなことしてるわねー。きのこオレンジ

・鼻水が出ていて、「鼻ちょうちんぷー」になることも。
 (ここ3日くらい続いてるのよね、鼻水。
  こまめに拭いていただき、ありがとうございました。汗

というようなことで、ママがいないところでも
こんなに立派に(?)過ごせたことに、なんかきゅーんとしました。
初めての一時保育、どうなることやらと思っていたのですが、
案外楽しそうだったことで4月からの保育園生活に向けて
一筋の光明が見えた気がしました。
親の方が子離れできなかったりして・・・。てれちゃう

その後息子は、お昼ごはんにおにぎり2個と、ママのご飯を1/3くらいを
またもやもりもり食べ、ベビーカーで熟睡したのでありました。

先日、うちの近所の保育園の一時保育にも登録してきたので、
これから用事のあるときはちょこちょこあずけてみたいと思います。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(6) | trackbacks(0)| |
page top

もりもり食べる息子

ここのところ息子の食欲がすごいんです。食事

先月、ブログで「ザ・主食食い」のことを悩み相談しましたが、
その後少し変化がありました。
2週間くらい前に煮込みうどんを作ったところ、
その中の里芋やかぼちゃを手づかみし
もぎゅもぎゅ食べ始めたのです。
それ以来、芋類は大好きになりました。
じゃがいも、里芋、さつまいもオールOKです。
かぼちゃもほっくり感が似ているのかOKです。
さらに、先週からは豆腐ブームがカンバックしました。

なので、最近のお食事は
・ごはん(ほうれん草等のみじん切りとひじきふりかけを混ぜ込む)
・お味噌汁(具に芋類や豆腐)
・お魚(煮魚や焼き魚からお取り分け)
というような感じです。
ちょっとだけまともになってきました。
でも、お汁やスープはまだあまり飲めません。

今日はお昼に野菜たっぷりのおじやを作りました。
わたしも少し食べるつもりだったのですが、
「おかわり! おかわり!」(実際は入れてという身振り)
と、なんと茶碗に4杯強1人で食べてしまいました。
おなかはかなりぽんぽこぽん。
臨月の妊婦並みです。
おじやなのであまり噛まないのがそうさせたのかもしれません。

昨日はお友だちのおうちにお邪魔し、
りんごが置いてあるのを発見しておねだり。
1個をむいてもらってみんなで食べようって言ってるのに
ほとんど1人で食べる始末。
帰ってからの夕飯もよく食べました。

食べないなら食べないで悩みは深いし、
食べ過ぎたら食べ過ぎたで悩みは出てくるし、
難しいものですな。
でも、まあ、最近は食べたいものを食べたいだけ食べればいいでしょーと
ちょっと心に余裕の出てきたママでした。猫

いろいろ相談にのってくださった皆さま、その節はありがとうございました。
また今後も何かありましたら、よろしくお願いいたします。ラッキー
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

じいじのつみき

昨年、じいじが息子の名前積み木を作ってくれました。
片面にはひらがなが、片面にはそれを頭文字にした絵が描かれています。
大きさは2センチ四方くらい。
木は100円ショップなどにあるものだそうですが、
字体をパソコンから打ち出して、半田ごてで書いて、
絵も本を参考に半田ごてで書いて、着色して、ニスを塗って・・・と
愛情こめて作ってくださいました。
いただいたときも大きさがちょうどよいのかよくさわっていた息子ですが、
最近、毎日のように取り出して遊んでいます。鳥

今は、特にパンダがお気に入りのようです。
最近覚えたての単語だからだと思います。
『パンちゃん』と言って、うれしそうに持ってきます。
そして、いくつかを並べたり、積んだり、時には投げたりして遊んでいます。

それがこちら。

じいじのつみき

息子の名前がわかりますか?
順番がばらばらだったりするかもよ。見る

それはそうと、こうやって身の回りのものの中から言葉を覚えたり、
文字を覚えたり、形を認識したりしていくのでしょうね。
手作りのものだと余計にうれしい気持ちになります。

じいじはパパとママの名前の積み木も作成予定とか。
どんな絵が付いてくるのかな。
楽しみですう。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(4) | trackbacks(0)| |
page top

鬼は外っ!

今日は節分。
わが家も夕食後、外へ出てみんなで豆まきをしました。
最初はわたしが鬼になりました。
大声を出すのが恥ずかしかったからです。
パパの威勢のいい声ではじめた後は、パパが鬼です。
「鬼は外! 福は内!」
と言いながら豆を投げると、うひゃひゃひゃひゃっと面白おかしく逃げていく鬼。
息子も1粒ずつ拾っては投げて、大笑いの豆まきになりました。
鬼のお面も怖くなかったようで、大ウケでした。
笑門来福。ラッキー

さてさて。
先日、児童館で「タオルでワン!」という催しがありました。
その名の通りタオルで犬を作るのです。犬
材料はタオル、フェルト、タコ糸(しばるだけ)、ボタン、リボンなどです。
作り方もいたって簡単で、フェイスタオルを半分に切ったものを両端からくるくると巻いていき、タコ糸でとめて形を作っていきます。
形ができたら、ボンドを使ってフェルトで耳を、ボタンで鼻や目をつけるだけなのです。
うちは、息子がちょうど眠くてグズグズだったので、
作り方だけ聞いて、その日の夜作りました。

朝起きて、その犬を見て息子の喜んだこと!
普段はお人形やぬいぐるみ遊びなんててんで興味のない息子ですが、
このわんわんは「いないいないばあ」のワンワンに似ているからか
ちょおおおお気に入りで、よく遊んでくれます。
わたしも物陰から「ばあ」と出したり、こんにちはさせたりして
一緒に遊びます。
なかなかいいもんです。

そのわんわんがこちら。

タオルでワン!

茶色の方は、顔の止める箇所を1か所増やして耳を小さめにするなど
ちょっとアレンジしてみました。


「いないいないばあ」といえば、教育テレビ関係の面白いサイトを見つけたのでリンク張ってみました。
こちらです。

これのコラムが最っ高!
「おかあさんといっしょ」のお姉さんの話とか「ほお〜。」です。
ゆうぞうおにいさんの「ぱわわぷたいそう」から「すぷらぴすぷらぱ」にかけての手の抜きようも気になってたので、ちょっとヒントいただいた気がします。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

クラフト展へ向けて(やっと)始動!

年末に盛り上がったお正月飾り展。
(詳しくはこちらの記事参照)
完全燃焼で楽しみつくし、今月は腑抜けのようになっていたわたしですが、
昨日からクラフト展へ向けて作品作りを始めました。

会場は同じく[文京区]千石の「花の店 野草(イエツアオ)」です。
場所は花屋さんですが、期間中はお店ゆかりの方々や生徒さんの
手作りの作品が並んでの発表会です。
作品は購入もできます。

今回の出展作品は、ソーイング、和菓子、陶器、創作万年筆、写真などがあります。
わたしはお稽古の度に撮りためておいた写真を出してはどうかという話になり、出品させてもらうことにしました。
といっても、お花もカメラもド素人もいいとこですのでおはずかしい。。
ちょー接写で撮った実の写真が不思議な感じなので
それを中心に出そうと思っています。
写真をどう飾るかを考えて、只今タペストリーや額などを製作中です。

只今作業中の図。

クラフト展1


野草(イエツアオ)グループによるクラフト展
 2月25日(土)〜3月3日(日)
 11時〜20時(最終日18時)
 文京区千石1-6-17 (都営三田線千石駅A4出口から不忍通り徒歩5分)
 電話 03-5395-0548
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

元気になりました。

息子、元気になりました。
"とびひ"はだいぶかれてきました。
ちょっと情緒不安定な感がありますが、
これはしょうがないっすね。
子どもの病気ってひどくなるのも突然ですが、
治りの早さにはびっくりします。

今日は、お友だちのおうちにちょこっとおじゃましました。
久々に会えたのが嬉しかったみたいで
玄関に入って顔を見るなり「おーっ!」と雄叫びを上げていました。

ずっと悩んでいた離乳食は
目標をスモールステップに変更することにしました。

「汁物を飲めるようにする。」

お味噌汁でも野菜スープでもいい。
とにかく、汁物を飲んでくれぇぇぇっ!
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ひと安心。

息子の件でご心配をおかけしております。
高熱が続いた息子ですが、今朝起きてからは平熱に戻りました。
まだ突発性発疹をしていないのでそれならいいなと思っていたのですが、
残念ながら違ったようです。しょんぼり
鼻水も咳もないので、風邪とも違うようです。

"とびひ"の原因はブドウ球菌。
生活空間にたくさん存在している菌だそうですが、
普段はなんの害もありません。
乾燥した肌などバリア機能が低下していると
その菌が悪さをするようです。
その影響で熱が出ることもあり、重症になると入院もという話でした。
今回、息子はそこまでではなさそうだったので、
抗生物質の力を借り、塗り薬と飲み薬で治療中です。病院

今日はくたくたです。ムニョムニョ
発熱してからの寝不足もありますが、
息子のケアが大変なのです。
まず、お風呂はシャワーにしなくてはならないとのこと。
この季節のシャワーは寒さ対策が必要です。
そのあとの塗り薬を塗るのがまたひと苦労。
嫌がる息子を夫と二人がかりで押さえ、薬を塗り、
ひどいところ(ひざの裏、わき、二の腕)には
ガーゼをかぶせ、包帯を巻き・・・
息子も逃げるのに必死でしょうが、
わたしたちもかなりエネルギーを消耗しました。
(途中、作業に熱中していたわたしたちが目を離した隙に
息子が塗り薬をぐにゅ〜っと手に出して口に持っていったことも!
ひやひやして、余計なエネルギー使います。)

へろへろになりながらなんとかやりとげ、次は歯磨き。
最近、フッ素も塗るようにしているので、
これまた一苦労。
お風呂上がりから作業終了まで30分はかかりました。
その後も息子の「本読んで読んで攻撃」が始まり、
気力が落ちてしまったわたしを助けるべく(?)
夫がおもしろおかしく読んでくれました。

当分、"とびひ"との格闘の日々ですが、
きれいなお肌が早く戻ってくるように祈りながら
ケアしていきたいと思います。赤ちゃん
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの病気・けが | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

教育テレビのあれこれ

わが家では、教育テレビの子ども番組がブームです。

息子は0歳から2歳くらいまで対象の「いないいないばあ」が大好きです。
「ぐるぐるどっかーん」もよく踊っています。
長ぐつの出てくるシーンが好きでよく見ています。
「おかあさんといっしょ」も見ます。
ノリのいい歌が好きです。
「でこぼこフレンズ」も大好きです。
キャラクターと名前がほとんど一致してます。
お気に入りは「ジョウロウ」「カランコロン」「サボサボ」です。

夫は「ピタゴラスイッチ」が好きです。
「アルゴリズム行進」や「アルゴリズム体操」をマスターすべく
いっしょに踊っています。
息子も好きで、ドミノ倒しのようなからくりをじーっと見たり、
パパと一緒にアルゴリズム行進や体操をしています。

わたしは「からだであそぼ」に注目です。
「アイーダアイダ」を春までに何とかマスターしたいです。
仕事でも使えそう。
ビデオも撮って、踊り方の解説のあるサイトも調べたので
あとは踊るのみです。
できるかなあ?
「近藤さんちの体操」も肩こりが緩和されるようでうれしいので
一緒にやっています。
息子はそこに出てくるワンワンが好きみたいです。

そういえば、息子は「にほんごであそぼ」で
野村萬斎さんが出てくると食い入るように見ています。
やはり「本物」は違うのでしょうか。

そんなこんなでテレビの見せすぎはいけないと思いながら、
ちょこちょこつけては楽しんでいるわが家です。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | trackbacks(1)| |
page top

息子との時間

三十路さん、まの助さん、コメントありがとう。ラブ
うれしやうれし。
どちらも2歳になりたてともうすぐ2歳のかわいい女の子がいます。
三十路さん、最初ぜーんぜん誰からだかわからなかったよ。
同じ「路」でも豪雪高山路とかだったら一発ツモだったのにぃ。雪
まの助さんも最初わからなかったけど、アドレスで納得。
うちも主食と果物で栄養を摂ることになりそかも。
でもゆうしゃん、食べられる野菜がいっぱいあっていいな。
2歳が近づくとまた変わってくるのかなあ。鳥
諸先輩方のお言葉、ありがたや。
またお気軽にコメント入れてね。

息子の主食中心主義はまだ続いております。
昼食はチャーハンが定番になりつつあります。
今日はお昼に焼きうどんを作りました。
ほうれん草や人参、ひき肉、白菜なども入れたところ
ちょっと柔かめにゆでておいた麺によく絡み、
もぐもぐ食べていました。

夕飯はハンバーグ。
種にみじん切り野菜を入れ、
ソースにチーズやトマトを入れて煮込んだのですが、
ハンバーグ自体をなかなか食べてくれず
ママの苦労は報われませんでした。ポロリ
結局、想定の半分くらいかな、食べてくれたのは。
昨日作ったひじきの煮つけをご飯に混ぜたものの方が人気でした。
お味噌汁のお豆腐などもいらないらしく、
「ないなーい。」(片付けてとのこと。)を連発していました。
汁物も飲まないんだよねぇ。
ハンバーグ、パパに好評だったのがせめてもの救いです。
明日は何にしようかな。

さっき1年前の息子のビデオをちょこっと見ました。
横になって手足をばたばたさせて、
にっこり笑って舌をぺろりと出して・・・
久々に当時のことを思い出しました。
まだほんと赤ちゃんって感じで、きゅーんとしちゃいました。
同時にこのときはもう戻ってこないことがまたせつなくて
鼻の奥あたりがつーんとしました。

日々の生活は連続していて、小さな変化を見落としがちだけど、
その小さな変化や進歩の積み重ねが大きな未来を作っているんですよね。
今の貴重な時間を少しでも心に、記録に、残そうとして
育児日記をつけたり、ブログを書いたり、
ビデオや写真を撮ったりしているわけですが、
やはり現実はぽろぽろとこぼれていくわけで、
それが当たり前なんだけど、なんだかとっても寂しくもあります。

夫は「後ろ向きだなあ。」と言ってましたが、
そうじゃなくて、いい時間を過ごしてきているからこそ
その時間が過ぎていくのが惜しいのです。
この時間を何とかして丸ごととっておきたいという感じかな。

食事の悩みでこうして悩んでいるわたしですが、
きっと今この時間もあとから思えば、
とっても幸せな時間なんだろうなと思いながら
本日のブログを締めくくりたいと思います。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(3) | trackbacks(0)| |
page top

コメント、うれしいなあ。

boccoさん、先日の子育ての悩みへのコメントありがとうございます。
日々の生活の中、超ミクロな視点で一喜一憂の毎日なので
ながーい視点でのアドバイスはとてもうれしかったです。
食事のマナーのこともほんとその通りですよね。
4月から保育園に入園予定なので、その時も悩みが深かったら
保育士さんや栄養士さんにも相談してみようと思います。
少しずつできることからやっていくしかないですよね。

そんなわが家の坊やは今日も食事中に不平を述べていました。
何を訴えているやら正確にはわかりませんが、
どうもご飯の入っている茶碗以外から物を口に運んでほしくないみたいです。
当分はチャーハンやおじやなどに頼ることになりそうです。
とほほ。ポロリ

boccoさんは、年末にご紹介したお花の教室の大大大先輩です。
しかも、なんと同郷!
こういう出会いってうれしいなあ。
先日、偶然お会いしてブログのアドレス交換をさせていただきました。
boccoさんのブログには、たくさんの作品が載っています。
どれを見てもすてきです。桜


そうそう。
昨日、年明け初のお花のお稽古に行ってきました。
大晦日にもう1つお正月飾りが売れたとのこと。
結局、出展した7点中3点が売れました。
うれしい驚きです。
ありがたいです。

年末の作品作りで完全燃焼したからか、
息子の食事の悩みからか、
はたまた4月からの仕事復帰のことが気になってか、
ここのところイマイチ元気の出ないわたしでしたが、
緩んだネジを巻き直して2006年もがんばりたいと思います。犬
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

育児の悩み

最近、息子の食事が悩みです。
うちの息子は先月をもちましておっぱいを卒業し、
だいぶたくさん食べるようになって来ました。
その量たるや私の食べる量を超えることもあります。

しかし。
量ではなく、内容が悩みなのです。
最近、気に入らないものは口からべぇっと出てきます。
ここのところ葉物はほとんどアウトです。
細かく刻んでご飯に混ぜたり汁物に混ぜたりしていますが、
ばれると口に入れたもの根こそぎ出します。
ニンジンも色が鮮やかでわかりやすいのか最近食べてくれません。
牛乳もまだ飲めません。
あああ。
こんなことでよいのでしょうか。

<食事の例 本日の場合>
朝   6枚切りトーストにとろけるチーズを乗せて1/2枚
    黒糖ロールパン2/3個
昼   煮込みうどん赤ちゃん茶碗に2杯
   (具に大根、にんじん、ほうれん草のみじん切り、卵)
おやつ スナックパン1本 バナナ1本 
夜   ご飯赤ちゃん茶碗1杯
   (ひじきふりかけとほうれん草のみじん切りを混ぜ込んで)
    肉じゃがのジャガイモのみ3切れ程度、黒豆煮10粒くらい、
    クリームシチュー少々、プレーンヨーグルト少々

このような感じです。
The 炭水化物。
混ぜ込んでいるほうれん草やニンジンはリリースされることもしばしば。
おかずを作っても一部しか食べてもらえない毎日で
いささかげんなりしています。
緑黄色野菜も摂ってほしいし、たんぱく質も摂ってほしい。
でも、一体何をどの程度摂ればいいのかわたしの中でも曖昧なのが
また焦る理由の一つ。
お料理も基礎から勉強し直しているという感じです。

何かいいアドバイス、励まし、おすすめメニュー、
うちもそうなのよーなんていう話があったら
誰か教えてくださーい。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(1) | trackbacks(0)| |
page top

親子そろって新年会

今日は、この間夕飯を一緒に食べた親子(今回はパパも一緒。)4組が集まって新年会を行いました。
アジアン料理を食べた後、わが家にて2次会という流れです。
子連れだとずっと外というのは大変なのです。
昼間からよく食べ、よく遊び、大人はよく飲みました。ビール

わが家は最近息子の有り余るエネルギーをもてあまし気味でした。
そこで、夫の実家に戻っているときにとっておきのアイテムを購入したのです。

ボールハウスそれがボールハウスです。
簡易版のテント2つにボールが150個、更にそれをつなぐ通路(直径50センチくらいの円柱を横にしたもの)がセットになったものです。
昨日届いて息子には大ヒット!
今日は4人の子どもたちにも大ヒットでした。チョキ


男の子は主にうきうきうっきーでどんどん入ってボールで遊び、
狭いところが苦手だった女の子は途中から嬉しそうに入ってきてました。
うちの息子は頭が重すぎるのかよく転んで頭を打つのですが、
このボールハウスならそういうハプニングは少なそうです。
それに、体力を使うのでかなりグーです。
更にこのおもちゃはダイナミックな遊びができるのに
非常にコンパクトにたためる優れものです。

先週のお正月休みに続き今回の3連休で
パパのいる生活に慣れすぎた息子ですが、
来週からウィークデーはこれで遊びまくりたいと思います。猫



by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

ブログでつながる

年明け初ブログとなりました。
今日はパパが会社の新年会で遅いのです。
私と息子は、同じくパパの帰りが遅いお友だちの家で夕飯を食べて帰りました。
いつも集う子育て仲間全家庭のパパが遅いということだったので、
母子4組が久々に会ってあれこれしゃべって帰ってきました。
中には衝撃的な話もあり、大変実りの多い時間でした。
こんなママ&子ども友だちがいてほんとありがたいです。
育児がぐぐーんと楽しくなります。

昼間は新宿区の榎町児童館へ行ってきました。
[文京区]との境目近くにある児童館なので、
文京区民もよく利用させてもらっています。
施設がきれいで、乳幼児のためのスペースがあり、
土日もやっているありがたいところです。
(文京区もこういう施設を作ってよー。)
ちなみに、我々が行くと、いつもママたちのぶっちゃけトーク炸裂になり、大盛り上がりです。
他の親子がそそくさと退散して、わたしたちだけになっていることも?
ご迷惑かけてたらどうもすみません。
(ここでひそかに謝っておこう。)

で、そこでもブログの話をしました。
友だち関係と親戚関係の年賀状にはこのブログのアドレスを入れておいたので、見てくれた人や、見ようと思ってくれている人がいてうれしかったです。
コメントをくれた淳水堂さん、どうもありがとう。

そうそう。
ゆうべは年賀状を書きながら面白い瞬間を目の当たりにしました。
昨日のコメントの嵐をご覧になればわかると思いますが、
夫の恩師がコメントを入れてくださったのです。
それがリアルタイムで読めたものだから、
夫も興奮してコメントを入れ、チャットみたいになって。
こんなふうにつながるのもブログのおもしろさなんでしょうね。
また誰かとつながれたらうれしいなと思いながらこのブログを書いてます。


追伸
今日、また年賀状追加購入しました。
新たに7枚も新規参入があったのです。
明日も来るのかなー?
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

2005年 うれしいしめくくり

今年も残すところあと1日となりました。
どっぷり育児ライフに専念した年だったので、
新鮮なことたくさんの楽しい1年でした。
おはな

ところで、昨日またお正月飾りが一つ売れました!
ほんとにほんとにありがたく、嬉しいことです。
今回の作品は、気に入っていたので一番の高額商品でした。
手元に戻ってきたらわが家に飾ろうと思っていた物です。
とても気に入ってくださった方が買ってくださったとのこと。
よさをわかってくださった方にもらわれたのだから、
我が家に飾れなくても悔いはありません。ラッキー
うちに飾る分をまた年が明けてから作ろうかなと思い始めました。


昨日は、わが家の掃除をしました。
大掃除ではなく、中掃除くらいです。
大々的にやろうと思っていたのですが、
諸事情でいつもの掃除+窓拭き+床ふきくらいになりました。
続きは来年に持ち越しです。
たくさんの宝(木の実や木の枝など)が雑然と放置してある3階は手付かずにしました。
来年もすぐに制作に取り掛かれるようにと・・・。

来る年も幸せな一年でありますように。
願いながら2005年最後のブログを締めくくりたいと思います。

尚、ごらく堂一家は本日より夫の実家へ旅立ちます。でんしゃ
モブログ生活でがんばりたいと思います。
よろしくお願いいたします。


追伸
やっと年賀状ができました。
明日の朝出しても、元旦到着は無理だろうなあ。
すみませーん。

正月飾り今回売れた作品
「迎春 なごみのハーモニー」

by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

やった〜っ! 売れましたぁぁぁ!

本日(27日)夕方、一本の電話が。
[お花の教室]の先生から、「嬉しいお知らせよ」とのこと。
なんと昨日書いたお正月飾りの一つが売れたとのこと。
「ほんとですかぁ?」と、初めは半信半疑だったのですが、
嬉しさがどんどんこみ上げてきました。

先生も初めての参加のわたしが心配しているだろうと、
お客さんが出るやいなやお電話くださったとのこと。
「赤くて派手なのがいいということで全然迷うことなく買われたわよ。鯛の水引が気に入ったみたい。」
と説明してくださる先生にも、買っていただいたお客さんにも頭が下がりました。
ありがたやありがたや。
お店には初めていらっしゃったお客さんだったみたいです。
この作品は、最後の最後にノリで作ったものだったので驚きでした。

気に入っていただけたという鯛の水引は、
先日の帰省中にわたしのおばあちゃんからもらってきました。
小物に助けられたので、全て実力よというわけではありませんが、
何しろ自分が作ったものが売れるなんていう経験は初めて。
生まれてから30年あまり、こんな喜びがあったなんて・・・!
ありがたやありがたや。
おばあちゃんにもすぐに電話してお礼を言いました。

買ってくださった方、本当にありがとうございました。
末永くご愛用いただければ幸いです。


お正月飾りその作品の写真を載せておきます。
 「花の一本釣り」

by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(1) | trackbacks(1)| |
page top

お正月飾り展 千石 野草(イエツァオ)にて開催中

前にクリスマスの飾りを枝や麻紐などを用いて作ったことを書きました。
あの後、帰省したりクリスマスを満喫したりもしたのですが、
実は、息子を寝かせてから夜な夜なよなべをしておりました。
オリジナルお正月飾りを作っていたのです。
(それで、ブログも夫が担当する日が多くなり・・・。)

前にも書きましたが、わたしは月に2度[お花の教室]に通っています。
一風変わったお稽古でして、決まった形に生けるよりも
自分の個性を出して自由に生ける教室です。
自由といってもバランスを様々に考えなくてはなりません。
花という媒体を通してはいますが、中身は物作りの基本とも言える
本当にクリエイティブな教室です。
その教室では、毎年この季節にお正月飾り展というのを開いています。
生徒さんと、先生がお正月飾りを作り、発表会兼即売会を行うのです。
わたしは今年から入門したので、一番初心者ですが、
今までお稽古の度にためていた花のドライフラワーや
息子との散歩中に拾ったどんぐりや枝、木の実などを使って
とても楽しく作品作りを行いました。
最初は2、3点出せれば上出来と思っていたのですが、
作っているとどんどん興に乗って、結局合計7点出展しました。

先ほど「発表兼即売会」と書きましたが、作品の値段は自分でつけます。
わたしにとって、これがかなり大変な作業でした。
何しろ単純な材料費だけではないのです。
自分で材料から集め、デザインを考え、苦労して仕上げた世界にたった一つの作品に値段をつける。
この難しいこと!
作品ができたばかりで、売れてほしくない!と思うものには遠慮なく高い値段をつけます。
しかし、次の作品が出来上がると、そっちの方が売れてほしくないので
さっきのはもっと安くして、あとの方を高くしようと考えます。
でも、出来上がった順に搬入し、値段をつけているので、
何がなんだかわけがわからなくなってくるのです。
搬入最終日になると、皆さんの作品が飾られます。
ベテランの方の素敵な作品の値段と初出品のわたしの値段を見比べておののき、結局お正月飾り展初日に全部の値段を見直しました。

売ることが目的ではなく、あくまでも作品の発表会という位置づけなのですが、お店に並べられるというのは、違う緊張感があります。
バブル時代とは打って変わって、安くてもそれなりの商品が手に入る今、
このような付加価値の付いた作品を購入しようという人は少ないようです。
それでも、誰かが自分の作品に目を留めてくれたら嬉しいなと思いながら、
でも、一緒に並べられている作品には見劣るんじゃないか、もっとうまくできたんじゃないかと考えると、こうしている今も気が気じゃありません。全部残って、手元に帰ってきたら、うれしいような、悲しいような・・・。

そんなわたしの作品も並ぶお正月飾り展は、
都営地下鉄三田線千石駅から徒歩5分以内(不忍通り沿い)の
花の店「野草(イエツァオ)」で12月26日〜31日まで好評開催中です。
お近くの方、興味のある方、ぜひ足を運んでみてください。
購入目的でなくても、鑑賞だけでも一見の価値ありです。
素敵な作品、不思議な作品がたくさんで楽しいですよ。

お正月飾り作品の一例
 「迎春の月」

by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

クラリネット吹いちゃった

わたしは、中学・高校時代に吹奏楽部に所属していました。
楽器はクラリネットです。
特に熱心にコンクールに取り組む学校ではありませんでしたが
下手ながら演奏を楽しんでました。

吹奏楽部をやめた高校2年生の終わり頃からはや十数年。
クラリネットのことなんてついぞ思い出すことはなかったのですが、
このところの子ども対象のクリスマスコンサートで刺激を受け、
なんだか楽器を演奏したくなってきました。
最初はピアノを弾きたいなと思ったのですが、
残念ながら我が家にはなく、
それならクラリネットが手に入らないものかと思案しました。
中学校で音楽教師をしている叔父がクラリネットをしていたので
尋ねてみましたが、貸し出しは難しい模様。
新品を買うのはもちろん、中古品を買ってもきっと宝の持ちぐされ・・・。
子ども用に買ったなんちゃってリコーダーで我慢しようと思っていたら、
耳寄りの情報が。
夫の会社のへべれけ大王と呼ばれている人が吹奏楽をたしなんでいて、
クラリネットもあるとのこと。
さらに、わたしの育休終了の3月まで貸してくださるとのこと。
早速お願いして、貸してもらうことにしました。

貸してもらった夜。
何しろ十数年ぶりのクラリネットに、まずは音が出るかとドキドキ。
楽器を組み立て、リードを取り付け、懐かしいクラリネットを吹いてみました。
・・・すると。
出ました出ました。
懐かしい音色。
夫は、初めて間近で聴く音に案外大きな音なんだと驚いていました。
息子はうれしそうに見上げ、身体を動かしてました。

夫は自分も吹きたくてたまらず、
しばらくするとひったくるように楽器を取り、
説明も聞かず、意気揚々と吹こうとしました。
しかし、もちろん音が出るはずがありません。
リードという木の板を振るわせなくては音が出ないのです。
中学生なんか、はじめに何日もリードとマウスピースだけで練習をして
楽器を吹かせてもらえるのですから、
何の経験もない夫がいきなり音を出せるはずがないのです。
苦笑いしながらも何度もチャレンジする夫。
なかなかおもしろかったです。

わたしは、音が出ただけでも感激でしたが、
何かかっこよく吹こうと思っても気がはやって曲が出てきません。
それでも何曲か童謡めいたものを吹いて、
最後は夫の出身学校の校歌を勇ましく(?)吹いて終了しました。
ほんと口元の筋肉を久々に使いました。
だんだん疲れてきて、1曲通して演奏するのは難しかったです。
中高校時代は、毎日これだけ腹筋使って、楽器吹いて
がんばってたんだなあと改めて感じた妻でした。
by ごらく堂主人(妻) | [日常の事あれこれ]日常の事あれこれ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

文京区の子供向けクリスマスイベント

こんにちは。
久々に書きます。妻です。

もうすぐクリスマスですね。
今週はクリスマス関連行事がいくつか入っています。
今日は[文京区]の医師会主催のクリスマスコンサートに行ってきました。
区役所のあるシビックセンターで行われ、
乳幼児同伴でのびのび聴けるコンサートでした。
午後6時半からだったので仕事帰りのパパと会場で待ち合わせ、
共に楽しむことができました。

童謡やクリスマスソングが歌われ、
絵本の読み聞かせならぬ歌い聞かせもあり
ダンスも織り交ぜての楽しいコンサートでした。
乳幼児同伴なので、休憩を多めに入れてあったり、
おむつ換え用に机の上に座布団が敷かれていたり、
会場が広めで動き回る余裕があったりと工夫が随所にあり、
さすがは小児科の先生主催の会だわと感心しました。
しかも、無料!
これもまた育児休業中のわが家にはうれしい限りです。

息子は最初こそわたしのひざの上で聴いていましたが、
音楽に合わせて身体を動かすのが好きだからと
下におろしたが最後。
友だちにちょっかいを出すわ、
後ろを歩き回って椅子で遊び始めるわ、
ステージ付近まで行くわ・・・。
最近、歩きたくてたまらない感じでしたが、
ここまでとはと、感心するほど動きまくってました。
主に追いかけていたごらく堂夫婦でした。

クリスマスイベント

ちなみにおととい19日は音羽生涯学習館で開かれた
赤ちゃん倶楽部のクリスマスコンサートに行ってきました。
こちらも100円で楽しい生演奏が聴け、嬉しかったです。
小さな子どもがいると、コンサートも気軽に行けないので
こういう取り組みがあると、ほんとありがたいです。
子どもを通じて地域とのつながりも増す感じがします。

24日はなかよしのお友だち10組総勢25人くらいが集まって
クリスマス会をします。
お友だちのパパ(アメリカ人)がサンタさんになってくれるとのこと。
こちらもいい思い出になりそう。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]その他 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

帰省物語1

帰省中につき、モブログ妻です。

今回の帰省は今までで一番大変。
何がって息子から目が離せません。
おっぱいも朝起き抜けにちょこっとあげるくらいにしたので、
困った時のおっぱい頼みができないのです。
また、パパがいないのでさみしがったり、
いつもと違うところで寝るので落ち着かなくて泣きまくったり。
わたしはすっかり寝不足です。(>_<)

このところ自己主張も出て来て、
外に行きたい、スイッチ押したい、あれしたいこれしたいと
大忙しです。
ゆうべはやっと落ち着いて寝てくれました。
これも成長のうちと喜べるのは
わたしの睡眠が足りてこそかな。
続きを読む >>
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

絵本ライフ 2

妻です。
夫におすすめの本紹介の先手を取られてしまいました。
わたしも書いてから旅立ちたいと思います。

夫の書いているように、親が気に入った本と子どもが気に入る本は
同じだったり、予想外だったりします。
いつもお気に入りの本を持ってくることの多い息子ですが、
時には新規の本を引っ張り出してくることもあります。
それが自分(わたし)の気に入って買った本だったときには
とても嬉しいです。
読み方も心なしかいつもより丁寧だったりして。


そんな息子の最近のお気に入りの本

 『きんぎょがにげた』(五味太郎 作 福音館書店)
  名作ですね。知っている方も多いでしょう。
  息子の友だちもたくさん持っている本です。きんぎょを探す本です。
  息子は場所を覚えて指差して喜んでます。
  途中、大好きなバナナの絵があるのも嬉しいらしいです。
  うちはまだ買ってませんが、図書館から2週間×3回くらい借りてます。
  そろそろ買ってあげようかな。
 
 『おばけのコンサート』(たむらしげる 作 福音館書店)
  こどものとも年少版です。ハードカバーにもなっています。
  何が好きってだんだんつながっていく歌。
  夫が適当に節をつけて歌っているのを聞いて、
  「何なの、その変な曲。」と思っていたのですが、
  わたしもそのフレーズが耳から離れず、同じように読むようになってしまいました。
  我が家流の読み方(歌い方)が息子の耳にも残っているのでしょう。
  他のおうちではどんなふうに歌っているのか知りたいです。
  それから、「ブラボー」とみんなが手をたたくところでは息子も拍手します。
  ちなみに、たむらしげるさんの本はわたしが好きなので、
  この本はわたし用と息子用と2冊あります。

 『ごぶごぶ ごぼごぼ』(駒形克己 作 福音館書店)
  こどものとも012です。ハードカバーになってます。
  息子が0歳児の頃から知ってはいたのですが、
  最近も図書館で見て目の色が変わりました。
  「ご、ご・・・」と、本人も読んでいるつもりらしいです。
  この本ももっぱら図書館で借りています。

 『すりすりももんちゃん』(とよたかずひこ 作 童心社 ) 
  ももんちゃんシリーズの中の1つです。
  おともだちのりっひーママに紹介してもらいました。
  ももんちゃんのけなげさ、母の喜びを感じられる1冊です。
  読み聞かせてるうちにパパも好きになったらしいです。
  この本は神保町のブックフェアで半額にて購入しました。  

思いのほか長くなってしまったので、今回はこの辺で。
パパ、おるすばんよろしくね。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

初めてのモブログ

こんにちは。今回は試しで携帯から記事を送ってみます。
というのも、明日から息子と実家に帰省するのです。帰省先からでもちゃんと送れるかなと実験です。
こんな時期に帰省といっても、夫と何かあったわけではありません。わたしの実家は雪がよく降るところなので年末年始以降は帰るのが大変なのです。風邪やインフルエンザの時期に人込みの中に行くのも気がひけますし。で、当初は3月にと考えていたのですが、わたしが4月職場復帰するので、3月は復帰準備と息子の保育園入園準備でばたばたするかなということに気付き、急遽母子帰省になりました。
行き帰りの電車&飛行機は二人だけなので、無事帰れるようにがんばりまーす。
ではでは〜。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]成長の様子 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

絵本ライフ 1

今日の当番は妻です。
今回は絵本について書きたいと思います。

息子は現在1歳3か月です。
よちよち歩きもだいぶしっかりしたものとなり、
走るような感じで歩いたり、先日のNHK杯を見てからは片足を上げたりしてます。
1歳を過ぎると、個性らしきものが出てきました。
よく集っているお友だちどうしでもそれぞれキャラクターが出てきておもしろいです。

そんな息子の個性らしきものの一つに絵本好きというのがあります。
1歳のお誕生日前くらいから1人でページをめくってじっと眺めるようになり、
1歳になってからは、お気に入りの本を持ってきて何度でも読ませます。
きちんと最後までじっくり聞いているのは感心するのですが、
さすがに同じ本を小1時間読まされたのには閉口しました。
なんなの、その粘っこさは…。

わが家の場合、両親共に気に入った本は手元に置いておく主義です。
なので、息子の絵本も基本的に買って並べています。
もちろん、図書館で定期的に借りてもいますが、
借りたものや、読み聞かせの集いで紹介された本から
気に入ったものは後日購入することもしばしばです。
しかも、たいてい定価では買いません。

一番多いのはブックオフから買ってきたものです。
夫が古本好きというのもありますが、
わが家は福音館のこどものともシリーズ(月刊誌)のファンなので
そのバックナンバーが格安(だいたい1冊105円)で手に入るのが魅力です。
こどものともシリーズは月刊誌なので、人気の高いものはハードカバーになりますが、
その号限りの幻のものも多いので、探していたものに出会えたり
自分が幼いころに読んでもらったものに出会えたりするので宝探し気分で買いに行きます。

そのほかには、先日神保町でブックフェスティバルというのが開かれ、
児童書も各社が露店のような形で新刊本を半額以下で売っていたので
ほいほいほーいと喜んで買いまくりました。
最終日の夕方でどんどん値下げしてくれたのも嬉しかったです。


というようなところで、息子の泣き声がしましたのでまた今度。
次回はおすすめの本をご紹介したいと思います。
by ごらく堂主人(妻) | [子ども]子どもの本 | comments(1) | trackbacks(0)| |
page top

自然の恵みで遊んじゃおう

こんにちは。ごらく堂主人(妻)です。
今回のテーマは、「自然」と「ローコストでの楽しみ」です。

先日、近所の某公園へ散歩に行きました。
昔からある大きな公園なので木々も草もたくさん生えています。
そこでたくさんの木の枝を拾いました。

というのも…
6月からお花の教室に通い始めたのですが、
その教室が一風変わっていて、いわゆる普通のアレンジメントや生花ではなく、
広い意味でのものづくりの基本を教えてもらえるような感じのところなのです。
(うーん、一言では言い表せない奥深い教室なのですが…。)
11月に行われた先生の作品展で木の実や木の枝の作品がたくさんあり、
「ううう、私も作りたーい!」
と、創作意欲がむくむくとわいてきたのです。
そんなわけで家族そろっての落ち穂拾いならぬ枯れ枝拾い(?)とあいなりました。

さてさて。
その拾ってきた枝の使い道。
まず、ころあいの枝を麻紐で固定し、ツリーの形を作りました。
初日、ここまでして出来上がりのつもりだったのですが、
なんだか寂しいなあと思い、次の日、急遽アクリル絵の具を買ってきました。
赤と緑でてんてんてん…と模様をつけてみると、にぎやかになってきました。
ツリーの飾り用に買っておいたベルをつけるとさらにかわいくなりました。
同じくツリーの飾り用に買っておいたリボンを真ん中に取り付けると
オリジナルツリー飾りができました。

きれいですてきな飾りはたくさん売っていますが、
自分で材料から集めた作品はまた格別の愛着がわきます。
リビングの壁にぶらさげて、にやにやしながら眺めるしまつです。

制作費は、麻紐105円、ベル6つで105円、リボン6つで105円、
アクリル絵の具(12色セット)1100円ぐらい。
というわけですが、麻紐はちょろっと使ったくらいだし、
ベルとリボンはツリーのおすそ分けだし、
アクリル絵の具はこれからどんぐりや他の木の枝の作品に使えるかなあと思うと、
そんなにコストはかかってないと思います。

作品第1号
写真をアップしてみます。
いかがなものでしょう。
簡単な作りなので、工夫次第でかなりオリジナリティーあふれるものになるんじゃないかなと思います。


ちなみに、2日間は子どものお昼寝の間に作りました。
さーて、これからお正月飾りに取りかかる予定です。
ではでは。
by ごらく堂主人(妻) | [自然]自然で遊ぶ | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top

☆ごらく堂 開店☆

みなさま、はじめまして。楽楽楽楽楽(ごらく)堂、開店です。
本が大好きな夫、絵本が大好きな妻、絵本を読んでもらうのが大好きな息子(1歳)の3人の生活の中からお届けする日常の中のささやかな楽しみ。わたしたちの日常の記録であると同時に、このブログを読んでくれた人が、共感したり、更なる情報を教えてくれたらいいなあと思って立ち上げてみました。まだまだよちよち歩きのブログですが、がんばりまーす。(^o^)v
by ごらく堂主人(妻) | [ブログ関係]ブログ関係 | comments(0) | trackbacks(0)| |
page top
トラックバックURL
サイト内を検索する
最近のコメント
Mailはこちら
SEO / RSS
その他
by takeu