楽楽楽楽楽(ごらく)堂

「子育て」「本」「自然」「文京区」「?」5つの楽しさを夫婦で紹介
<< March 2017 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
表示されている記事

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

by スポンサードリンク | - | - | -| |
page top

保育園3週間目

保育園生活3週間目に突入しました。
週明けの月曜日、保育園での朝のお別れで久しぶりに坊主が泣きました。

「ぱぁぱ〜、ぱぁぱ〜、ぱっぷ〜!」

といってしがみつき、なかなか離れませんでした。

こうなったのにはいくつか理由がありそうです。
 〃醉貌は布団にシーツを掛けなければいけないので、
  いつもより一緒にいる時間が長かった。
 土日と二日間家で過ごしたので、保育園に慣れなかった。
という分析をボクはしてみたのですが、保育士さんは
 だんだんお別れがわかってきたのではないか。
ということも言っていました。

どれか一つということではなく複合的なものなんだろうと思います。
4月に同時に入園した子で、いまも毎日のように泣いている子も
いるので、うちの坊主はがんばっているほうだとは感じてます。

連絡帳を見ると、毎日たのしくあそびまわっているようなので、
そのうち行きたくて行きたくてしょうがなくなるのかな。
それもさびしいけど。

追記
そういえばここ何回か、迎えに行くとうちの坊主は保育士さんに
おんぶされています。遊びすぎのせいなのか、5時半をすぎたぐらいに
エネルギーが切れて、ぐずのだそうです。好き嫌い多いから、昼飯あんまり
食べないからおなか減るのかな?逆に家に帰ってからは、ごはんを何回も
お代わりしていて、こちらが必死に止めるような有様です。
by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(2) | trackbacks(0)| |
page top

スポンサーサイト

by スポンサードリンク | - | - | -| |
page top
コメント
こんばんは。
子育て日記、楽しく拝読させていただいてます。
うちの倅は今小学二年生になのですが、夫婦共働きでずっと保育園通いでした。こちらの日記を読んでると「あ〜そういえばそんなことあったなあ」と懐かしい感じがします。子どもが第一とはいえ、夫さまも妻さまもあまり無理せず適度に手抜きながらがんばってください。
別れ際に泣かれるのはつらいですね。でもそういう時に感情がはっきりと表に出る子ほうが保育園になじむのが早いように思います。
じつはうちの倅は一年生の時から寮のある学校に行ってまして週末だけ帰ってくるんです。入学したての頃は毎日のように「さみしい〜」って電話があったんですが、今は学校が楽しくて楽しくて「電話かけるヒマなんかない」らしいです。「泣き」が入ってた頃に寮の寮母さんが言われていたのが、やっぱり「感情がはっきりと表に出る子ほうがなじむのが早い」ってことなのです。まあ、そんな小さい子を寮なんかに入れて何を考えてるんだか、という意見もよくいただくんですが、子ども自身がこの学校に行きたいっていう意思があったんでやらしてるんですけどね。でも、学校だけでなく子育てって手探りですね、子どもといっしょに成長させてもらってます。長々と書いてすいません。ではでは。
   
倅の行ってる学校です。↓
http://www.kinokuni.ac.jp/
   
一箱古本市が縁でつながったmusessouさんに、育児関係の記事まで読んでもらって、感謝感激のごらく堂夫妻です。

実は、既にmusessouさんブログの過去記事たくさん読ませてもらっていて、息子さんの小学校の事も話題になっていました。物事を広く見て、深く考えることが環境、さらに伸び伸びと育ちそうでとても素晴らしい学校だなと感じました。できればボクが今からでも入りたいぐらいです。

でも、実際にそういう特別な環境に自分の子どもを行かせるっていうのは、すごく勇気があることなのかなと思います。おっしゃるとおり周りの雑音も聞こえてくるでしょうし、何より身近で成長を見られないというのもさびしいことだと思います。

もし、自分の子どもがmusessouさんの息子さんのように自分で意思を持って何かを選ぶようなことがあれば、musessouさんを見習って、意思を尊重するようにしたいものです。

今後ともよろしくです。




↑page top
トラックバックURL
http://twinklelife.jugem.jp/trackback/148
サイト内を検索する
最近のコメント
Mailはこちら
SEO / RSS
その他
by takeu