楽楽楽楽楽(ごらく)堂

「子育て」「本」「自然」「文京区」「?」5つの楽しさを夫婦で紹介
<< June 2017 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
表示されている記事

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

by スポンサードリンク | - | - | -| |
page top

ぴんくんの保育園

さて、鳥取から帰りますと、文京区より通知が来ていました。
ドキドキしながらあけてみると…保育園入園の通知でした!!
しかも、にいちゃんと同じ保育園と言うことになりました。
最高の結果です。これで4月からは兄弟そろって保育園です。
(しかし、自分のことばかり喜んではいられません。ママ友からのうち2人も入れなかったと聞きました。上の子が入園しているのに、下の子が入れないっていうのはどういうことなんでしょう。ほんっとに何とかしてほしい)

入園前の練習でもないのですが、今日ぴんくんは試練の日でした。妻がどうしても外せない職場関係の用事があり、4時間半という長時間ファミリーサポートの家に預かってもらいました。最初と最後は大泣きだったそうですが、途中は食べ物で何とかつないでもらったとのこと。保育園に連れて行くときもそうなるんだなぁと、にいちゃんのときのことを思い出しました(にいちゃん保育園の最初の頃)。どうも、にいちゃんはそんなには泣いてなかったようですが、ぴんくんは1歳になってすぐだからなぁ。




by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(0) | -| |
page top

友だちと遊ぶ

なんと、ぴんくんは1日で熱が下がりましたぁ。こっちがびっくりです。もちろん、鼻水と不機嫌はそうかんたんにはなくならないようですが。

お昼、お気に入りの中華の店に行ってきました。すると、保育園の友だちの女の子にばったりと出会いました(その子の親がやっている店なので、会う可能性はまああるわけですが)。ご飯を食べながら、二人は楽しそうに遊び始め、「ごらく堂くんち、あそびいきたーい」というような話になりました。「お母さんに聞いてみたら〜」というように話がトントン拍子に進み、そのままわが家に来ることになりました。

2人とも店までは自転車で来ていました。競争のようにしてびゅーんと自転車をこぐ2人でした。自転車外の公園で遊び、家のなかでも遊び、おやつも一緒にたべと気があっているようでした。ともだち2

さて、うちの坊主は一人で、よその家に行けるでしょうか?
なんとなく無理そうな気がします。
「ママといっしょにいきたーい」
というような声がでてきそうです。
今度聞いてみようかなぁ。





by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(0) | -| |
page top

節分(保育園にて)

保育園の連絡帳より
自分で作ったお面をかぶり、豆まきのリハーサル(!?)
けっこう強気で力いっぱい新聞紙の豆を投げていました。


ホールで集会があり、年の数の豆を食べて、その後赤鬼と青鬼が登場。
びっくりして最初はにげていたごらく堂君でしたが、友だちが鬼に捕まってしまい、「だれかー助けてあげてー」の声に、ごらく堂くんは勇気!!で友だちを引っ張ってあげましたよ!!かっこいい!!とほめられ少々引きつった顔にも笑みがハート
鬼との約束では「ケンカはしない」と言ったそうです。






by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(0) | -| |
page top

すごい倍率!!

文京区の保育園入園申し込み状況を見ると、すごいことになっています。

前回更新された12月19日現在のものは、倍率に対して同じくらいの申し込み人数だったのに、申し込み締切日ぎりぎりで一気に増えたそうです。

激戦、激戦とは聞いていましたが、これほどとは!
第1希望のみで2倍3倍は当たり前、中には4倍近いところも!
都立高校入試よりも難関!?
見た瞬間、顔が半笑いになっちゃいました。

この激戦を制して、ぴんちゃんはおにいちゃんと同じ保育園に入れるのでしょうか!?
入れてもらわないと、家庭がまわりません!
たのむよー。




by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(3) | -| |
page top

しつこい

おにいちゃんが電車で遊んでいると、ぴんくんが寄って行く。
おにいちゃんはぴんくんの邪魔をする。
それを見ていたボクと妻は
 「こらー!」
と声をかける。ここまでは日常よくあること。

今日「こらー」と声をかけると、
 「しつこい?」
との返事。
 「しつこいって誰かにいわれた?」
と聞くと。
 「ほいくえんでいわれた。」
とのこと。誰に?と聞くと
 「○○せんせい。しつこいよっていわれる」

うーん。うちの子がしつこいというのはよくわかる。なっとく、なっとく。



by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(0) | -| |
page top

保育園の話

約2年間、保育園の送り迎えをほぼ担当していました。仕事が遅くなるときは妻に代わってもらってましたが、主担当はボクでした。

しかし、ぴんくんが生まれてからというもの主担当は妻に代わってしまいました。まぁ、育休中なのであたりまえといえばあたりまえなのですが。。。それゆえ、妻は基本的に「送り迎えができない」という情報がありません。ということはボクが保育園に行く機会は特別なイベントのとき以外は皆無となってしまいました。

保育園での坊主の様子を見るのを楽しみにしていたボクとしては悲しい事態です。妻から「○○ちゃんがね〜」と話を聞かされても、新しく仲間になった子のことがわからなかったり、「○○先生とあそんだよ」といわれても、わからなかったりします。

そんなことを言っていても、来春になれば2人の子を保育園に送り迎えすることになり、だいぶ大変そうです。まず保育園に入れるかどうかも大変そうなんですけどね。



by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(0) | -| |
page top

保育園入園への道

来年度の保育園入園の要綱が出た。
お兄ちゃんの頃から「激戦だ」と聞いていたが、
ぴんちゃんの入る来年度はもっと激戦になりそうな気がする。

だいたい、児童館とかに行って知り合う人たちからして違う。
上の子の時は幼稚園入園派・・・つまり働いていないママが多かった。
当時仲良くなった親子(20組近く)のうち、保育園入園派は4組くらい。
今回は、出る先々で「保育園に入れたいのだけど」という話を聞く。
先日も児童館で話していた4組中3組が来春保育園入園希望だった。
3年違っただけで、えらい違いだなあと実感。
働くママが増えている。

いいこともある。
お兄ちゃんのときは、1歳半で保育園に預けることをとても寂しく感じ、
多少は罪悪感も感じていたけど、今回は表立って保育園の話ができる。
同士として話ができる機会が増えた。嬉しいことだ。

けど、入園が危ぶまれるのは心配。
しかも、お兄ちゃんの通っている保育園が人気が出ている様子。
きれいで、明るい。
先生たちの対応が良かった。
・・・らしい。
うれしいことだ。
が、ますます激戦になりそう。

保育園の送り迎えでも赤ちゃん連れの人たちを多く目にする。
兄姉が保育園に行っていると、優先順位が高くなるとは聞いている。

・両親共にフルタイムで働いている。
・祖父母が近くにいない。
・お兄ちゃんが希望の保育園に通っている。
いろいろな状況から、入園の優先順位はかなりクリアしていると思う。
けど、大丈夫かしら。。
兄弟同じ保育園でお世話になりたいと切実に願うばかり。

もっと不安な思いをしている人たちもたくさんいる。
こーんな不安を抱えなくても安心して子育てと仕事と両立できるように
なんとかできないものなのでしょうか。
このブログでも何度も訴えているこの言葉。
子育て支援の充実を!!!




by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(2) | -| |
page top

遠足

保育園の行事 遠足の日です。1級上のクラスと共に六義園までいったそうです。新しいリュックサックに新しい水筒、そして一番のお楽しみのお弁当。とても楽しみにしていたようです。

昨晩、「デザートは何がいい?」と妻が聞くと
 「りんごとバナナとみかんとかきと・・・」

「やさいもいれるからね。」と妻が言うと
 「先生は、『好きなもの入れてもらってね』といっていたよ」
とのこと。本当にそんなこといったのかなぁ。自分なりに解釈しているような気がするなぁ。

お弁当は残さずに全部食べてきたようです。作ったママは大喜びでした。とても楽しかったようでいろいろと話をしてくれました。
ところが、ばーたんからの電話では、
 「六義園って保育園から遠くてさ〜」
 「もうリュックがおもくっておもくって、たいへんだったよ」
などと話していました。大変だったけど、楽しかったって事かな。


by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(0) | -| |
page top

撃沈

明日は保育園の遠足です。
お弁当を持って出かけます。

保育園は給食なので、ちゃんとした子どものお弁当作りは初めてです。
(第1回は3月で、ちょうどぴんちゃんを出産し、入院中でした。
 助っ人に来ていただいていたばあばに作ってもらいました。)

どれくらいの量がいいのか?
彩りは?
などなど気になったので、3連休中に家にあるもので作ってみました。
キャラ弁
のりを切り取ってお顔にするパンチだけは準備していたので、活用し、
かわいく楽しいお弁当にしたわよ〜♪
と、思っていたら。

ふたを開けて、息子はブルーな顔。
「ママぁ、顔、いやだあああ。。」
なんとなんと涙目です。
「笑ってるよ。楽しいお弁当でしょ。」
と言うと、
「こわいぃぃぃ。遠足にはお顔ないふつうのおにぎりにしてぇぇぇ。」
との訴え。
がーんがーんがーん。
初のキャラ弁、撃沈!!
(それでも、気を取り直して完食してくれたのは幸いでした。)

明日はいつもより早起きして、地味弁作り。
がんばりまーす。


by ごらく堂主人(妻) | [子ども]保育園 | comments(4) | -| |
page top

連絡帳より  

連絡帳より
教育の森公園の中を探検と称し、グルグル回ってきました。
「ここで、フリーマーケットやったんだよー」
と教えてくれたり、あちこち知っているところを教えてくれました。

また、どんぐりをたくさん見つけ拾ってきました。
「どんぐりがあったー」
と拾い始めてから、手の中いっぱいに拾うのが早いこと!早いこと!
帽子のついたどんぐりも拾ってきました。


つい最近いったばかりの教育の森公園。しかもふだんからよく遊びに行く場所なので、坊主にとってはホームグラウンド。さぞ楽しかったことと思います。




by ごらく堂主人(夫) | [子ども]保育園 | comments(0) | -| |
page top
トラックバックURL
 1/9PAGES >>
サイト内を検索する
最近のコメント
Mailはこちら
SEO / RSS
その他
by takeu